FC2ブログ

05月 « 2020年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

2stと4stのキャブセッティングの違い

2020年 04月14日 13:14 (火)

前回ブログを書いた後に新型コロナウィルスが流行して
今は大変なことに成っています。
いろいろなイベントが中止に成り、現在も患者数が増えて明日がどうなるのか?
も判らない状態です。
私の方は前から決まっていた引っ越しを中止するわけにもいかず、
鹿児島引っ越しを強行して1週間経ちました。
まだ荷物の整理もついていない状態ですが、こんな時だからこそ
外に出ないでネット上で読んで楽しめるブログを書くことにしました。
ちなみに営業再開はゴールデンウイーク前ぐらいを考えていますが・・・・・

2stのチューニングで一番難しいのが、キャブレターのセッティングです。
燃調が薄ければ焼き付きを起こしますし、濃ければパワーが出ない。
2stと4stではキャブセッティングの考え方が違います。

一番の違いは発生する熱量です。
2stと4stで燃焼爆発が同じ熱量のエンジンがそれぞれあったとします。
2stは1往復で1回の燃焼爆発、4stは2往復で1回の燃焼爆発をします。
つまり、同じエンジン回転数では2stは4stの2倍の熱量を発生してしまうんです。
4stでエンジンを9000rpm回して走行している時の熱量は、2stでは4500rpm程度。
つまり渋滞をトロトロ走っているときぐらいの熱量しか発生していないんです。
逆に2stで8000rpmで走行している時、ノーマルジャイロだと55km/hぐらいでしょうか?
4stだと16000rpmも回して走っている時と同じ熱量ですから
いかに冷却を考えながらチューニングしていかないといけないのか?判ると思います。

発生する熱量は、ほぼ馬力と比例するので馬力で考えてみましょう。
2st自然空冷の各メーカーの最終モデルは何馬力でしょうか?
250ccで調べてみるとヤマハのRD250が30馬力、スズキのRG250が30馬力です。
これ以降は水冷エンジンに成っていますので、当時は250ccあたり30馬力が
空冷で冷やせる限界だったのでしょう。
つまり、100ccあたり12馬力です。

もちろん、この数値を超える自然空冷原付もありましたよ。
7.2馬力のカワサキのAR50などです。
ところが中古で100ccあたり12馬力を超える自然空冷の2stを探してみてください。
殆ど出て来ないはずです。
一時的には冷やせても長期的にみれば無理があるってことですね。

それだけ2stエンジンは熱を持つのでパワーアップには常に冷却の強化が必要です。
もう一つの違いはピストンの冷却方法です。
4stはエンジンオイルで冷却を行います。
モンキーやゴリラのボアアップにはオイルクーラーが必需品ですよね。
2stより発生する熱量が少なくてもオイルクーラーが必要なので、当然2stも
ピストンを冷やさなければいけません。
2stは混合気の気化熱でピストンの冷却を行います。

そこでキャブレターのセッティングですが、4stはパワーが一番出る、燃調もベストに
近いセッティングでOKです。
対して2stは発生する熱量に対してピストンをしっかり冷やせる燃調にしなくてはいけません。
でも、当時はこれが不可能だったんです。
ピストンの冷却を重視して濃い混合気をエンジンに送るとカブって走らなくなってしまう。
カブらないところまで燃調を薄くするとピストンの温度が上がって焼き付きを起こしてしまう。

後半へ続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロXエンジン載せ替え

2020年 02月12日 00:07 (水)

まずは報告です。
店舗移転の為、2月一杯で業務の受付を一時停止しております。
愛媛県松山から鹿児島県霧島に移転です。
5月ぐらいには再開したいと思っております。
今まで「2stガレージ松山」でしたが、屋号をどうしようか?
何か良い案があればアドバイス頂ければ助かります。

今日コンビニに行ったらマスクが売り切れで一つも残ってない。
新型コロナウィルスの影響ってことは分かるのですが・・・・・

私的には、まだ全国に拡散していない状態なので現時点では個人が、
感染しないように対処するのでは無くて日本政府が拡散防止に
どんな手を打つか?が重要だと思うのですが・・・・・
このままでは数年前のSARS流行の二の舞に成ってしまう。
前の教訓が全然生きて無いですよね。

今回の新型コロナウィルスも基本的な特徴や感染ルートはSARSと同じなので
対策を立てるのは難しくないと思います。
バイクも同じで特徴や仕組みを理解していれば難しくない物もあります。
丁度、前記事のコメントでピストンリングの脱着方法について
質問がありましたのでやってみましょう。

ピストンリングは普通とは違う製法の鉄で作られています。
鉄の特徴としては焼きを入れると硬く成り、焼き戻しをすると柔らかくなります。

P_20200216_105455.jpg

ピストンはシリンダー内を高速で上下しますし、耐摩擦性能も高くないと
いけませんから赤方向の力には硬く出来ています。
青方向には張力があることが必要です。
つまり、柔らかく作られています。
硬いものは割れる、柔らかい物は曲がる、常識ですよね。

ピストンにリングを脱着するときは青方向に力を入れれば良い。
赤方向に力が加われば割れてしまいます。
丁度、私のエンジンの腰上を組むところでしたので実際にやってみましょう。



動画のピストンにはコーティングしてありますのでリングをピストンに当てると
傷がついてしまいます。
ピストンの径よりも大きく成るように広げて装着する。簡単でしょ。
動画では2cm以上広げています。
外す時も同じように広げて外します。
最初は大きく広げると割れるのではないか?と怖いと思います。
私の所ではリングを割ったら手に入らないような希少なピストンが
入庫しますが、よっぽど摩耗していなければまず割れません。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

次世代ガソリンエンジン

2020年 02月07日 23:38 (金)

まずお詫びです。
前記事ですが、電熱グローブについて「マイナスイメージに成るので控えて欲しい」との
要望が全国展開の販売店からメールで来たため、限定記事に差し替えさせて頂きました。

全国に走っているバイクの半分以上は原付スクーターですからね。
この話が広まると販売店はかなりの痛手に成りますから仕方ないのかな?
でも嫌らしいのがこの冬、電熱グローブと一緒に高性能バッテリーまで
仕入れを増やしていることです。
つまり、売る側は電熱グローブを使ってもらって、
バッテリーが弱ることを見越しているんです。
(またこんなことを書くと数日中に限定記事に成るかも?)

今、世界中は新型コロナウイルスの件でパニック状態ですね。
日本政府の対応に嫌気がさしている人も多いと思います。
私もその一人です。
政府を動かしているのは政治家で、どの国も同じだと思います。
政治家は選挙で国民が選んでいるのに不満が大きい。
選挙演説では「皆様の~、国民の~」って決まり文句を言うくせに
何かあった時には国民の声では無く、国の体面を重んじるからこんなことに成る。

中国では公式発表の感染者数や死亡数は病院が把握している人数で、
実数は把握出来ていないとのことです。
YouTubeでも感染源の人達の動画が上がっていましたが、全て削除されています。
私の見た動画では中国の武漢では一部の金持ちとコネが無ければ病院には行けない。
恐らく病院に行けるのは100人に1人ぐらいだろうと言っていた動画でした。
このことが本当なら中国の発表の100倍ぐらい感染者が居るってことですよね。

日本人はメディアの報道を鵜呑みにする傾向があります。
例えば、2stが無くなったのは日本のバイクメーカーが
排ガス規制に適合出来なくなった。
それは4stより2stの方がCO2の排出量が多く、大気中に放出される有害物質が多いと
思っている人が殆どだと思います。
でもね~カーレースのF1やバイクのモトGPでは次期エンジンに
2stエンジンを検討しています。
理由はパワー効率が良く、クリーンだからです。
あれ?日本人の思っていたイメージと違いませんか?

メディアに騙されていたんですね。
4stの750ccと2stの50ccではどちらがCO2の排出量が多いと思いますか?
これは大人と幼稚園児のどっちが二酸化炭素を出してますか?って
聞いているようなものです。

後半に続く

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

冬の寒さ対策

2020年 01月20日 00:45 (月)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

GUN-KOTEの施工例

2020年 01月04日 23:13 (土)

前回は神の手を持つ男「ポップ吉村」を取り上げました。
今回は日本一速い2stライダーです。(自己評価)

私の学生時代に公開された映画で「汚れた英雄」があります。
映画館の前には観に来た人のバイクがズラッと並び、帰っていく時には
アクセルを煽りながら爆音で去っていく光景がありました。
その映画のバイクレーサーを代役したのは「平忠彦」です。
確かに知名度はナンバーワンかも知れません。
でも、私的には世界GPで活躍しチャンピオンにも成った「片山敬済」です。

同年代に活躍した2人ですが、「片山敬済」は雑誌で取り上げられることも少なかった。
私が思うに片山は韓国国籍だったからでは?
今考えてもメーカーからのサポートは悪いし、待遇はプライベーター並み。
もし片山が日本国籍であったなら、間違いなく世界一のライダーだったと私は思います。



そんな片山敬済さん、今はYouTubeで活躍しているんです。
Ride?バイクチャンネル」です。
2stバイクに限らず、スクーターから大型バイクまで、乗り方やセッティングなど
公道を安全に走行するのに必要な知識を分かりやすく動画で説明しています。
私のイチオシですので、観て頂ければと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク