FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

マロッシ焼き付きでの2stオイルテストpart2

2018年 07月21日 10:01 (土)

私達は日本の道路交通法に準ずる形で2stスクーターを楽しんでいます。
でも中には、それを良く思っていない人もいます。
たとえばミニカーのヘルメット問題。
もちろん、自分で安全を確保するためにヘルメットを被っている人も多いですよ。
法律って穴や矛盾があるのは仕方ないんです。

先日、20年ぶりぐらい?に路線バスに乗ったんです。
空いていたので座席に座るとシートベルトが見つからない。
運転手さんに「シートベルトは何処ですか?」って聞いたら付いていないって言われました。
何とシートベルトが無いんですね。
観光バスはシートベルトが有り、座席数の人数しか乗車出来ない。
つまり立ち乗り禁止なんです。
でも路線バスはシートベルトどころか立ち乗りもOK。
こんな矛盾もあるんです。

ミニカーのヘルメットは自主的に被って安全を確保できますが、路線バスでは
シートベルトをしたくても着いてないんですね。
皆さんはどちらを先に対処するべきだと思いますか?
でもね、一番大事なのは普段から余裕を持って安全運転を心がけることですよ。

私も普段の運転で80km/hで巡航するのは高速道路ぐらいです。
次のジャイロの仕様でも高速道路でのテストもする予定です。
50ccで高速に乗るのは30年以上前ですから楽しみです。

そうそう!私のジャイロは軽二輪登録で普段、街乗りでは車に煽られることは殆どありません。
でも、お客様の車両でセッティング出しで走行をしていると、ミニカー登録車や黄色ナンバーだと
煽られることが多いですね。
ボアアップするなら軽二輪登録をお勧めします。

駆動系のセッティングでWRの装着方法について質問があったので少し書きますね。
違う重さのWRを装着する時に、どう入れれば良いのか?

P_20180711_125851.jpg

プーリーのWRガイドは2つづつの部屋に分かれています。
そこで、プーリーの回転方向で先行する赤い印の所に重い方を入れ
青い方に軽い方のWRを入れます。
そしてWRには表裏がある物もあります。

P_20180715_124702.jpg

どちらが表で、どちらが裏かは知りませんが、右側が緑の面に当たるように
装着しないと遠心力で中のウエイトが飛び出してしまいます。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

マロッシ焼き付きでの2stオイルテスト

2018年 07月15日 11:40 (日)

スクーターチューニングには大きく分けて2種類、駆動系チューニングと
エンジンチューニングがあります。
駆動系チューニングはギア比を変えたり、エンジンパワーを効率良くリアタイヤに伝えることが
目的ですが、エンジンチューニングはパワー自体を増やすことが目的です。

パワーを出す方法は?
これ、単純で簡単なのですが、分かっていない人が多いんです。

たとえば、皆さんは学校で掛け算の基本の九九を習ったと思います。
3×3=9 です。
この九九が全て覚えられても意味が分かっていなければ、その先に待っている割り算や
数学を勉強しても意味が無いんです。
3×3=9は(1+1+1)+(1+1+1)+(1+1+1)ですよね。
馬鹿みたいですが、これが九九の基本です。

話しを戻してパワーを出す方法ですが、「爆発の力を上げる」これだけです。
2stスクーターは単気筒エンジンですから、シリンダーの燃焼室内の爆発力を
上げればパワーアップします。

この爆発力を上げるために様々なパーツを購入して取り付ける訳ですが、
取付けるだけでは爆発力は上がりません。
一番簡単な方法は一度に出来るだけ多くの混合気を爆発させることです。
ターボやスーパーチャージャーは強制的に多くの混合気を燃焼室に入れる装置ですね。
これにより660ccの軽自動車が1000ccのファミリーカーよりパワーを出すことが出来ます。

つまり、ボアアップして燃焼室の質量を増やしても、混合気の量が増えていなければ
殆どパワーアップしません。
逆に50ccのままでも90ccと同じ量の混合気を燃焼室で爆発させれば、
90ccと同じパワーが出せます。

ポート加工も考え方は同じです。
出来るだけ吸排気の効率を良くするために加工しても混合気が多く入っていなければ
パワーアップしないんです。
ポートタイミングの変更はエンジン特性を変更するもので直接パワーアップするものでは
ありません。

エンジンチューニングでパワーを上げるには燃焼室の爆発力を上げる。
これを常に考えながらパーツ選びやセッティングを行えばパワーは上がり、
快適な走行が出来るように成ります。

秋に向けての私のジャイロの仕様変更ですが、上記で書いた
「50ccで90ccのパワーを出す!」です。
シリンダーは50ccの純正のままで加速から最高速まで原付二種スクーターに負けない
走りが出来るように仕上げます。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

原付2stスクーター最強モンスターエンジン

2018年 01月05日 19:15 (金)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

シリンダーの質と取り付けについて

2017年 12月10日 00:03 (日)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ジャイロ50cc試走

2017年 12月02日 19:16 (土)

まずはお知らせです。
今まで定期的に販売してきたジャイロのオーバーホール済みのレストアエンジンですが、
販売を終了することに成りました。

ジャイロの2stエンジンは3種類、前期・中期・後期に分かれています。
前期と中期のエンジンはギア比が低かったり、純正部品が無かったりするので
今後乗り続けるのも、チューニングベースとしても不向きです。
その為、前期・中期の車両のお客様向けに載せ替え用にエンジンを販売してきました。
ところが状況が変わり、今後は良いエンジンの入る見込みが無くなったので
販売を終了することに成りました。

ジャイロは車両販売価格が高いため、ヤフオクで売られているエンジンも高価です。
ライブディオZXのエンジンが12,000円程度で売られているのに対して
ジャイロのエンジンは30,000円前後です。
解体業者もエンジン始動動画を用意したり工夫していましたが、なかなか売れないんです。
しかも、業務で使用されたエンジンは、まともなパワーが出る訳も無く
売れてもクレームが多いそうです。
そこで、解体業者はエンジン単体の販売は止めて、バラして部品販売に切り替えています。

現在、ヤフオクでエンジン単体で売られているのは前期・中期エンジンだけで、
後期はほぼ個人出品に成っています。
個人出品のエンジンは、まず2オーナー以上でボロボロの状態が殆どです。
付き合いのあるバイク屋や解体屋からエンジンを仕入れることも考えましたが
最近は需要も少ないので販売を終了した次第です。

ジャイロを永く乗りたい方はXやUPの前期・中期の車両は早めに後期型への
乗り換えがお勧めです。
そして適切な時期に腰下とギアボックスのオーバーホールを行うことで
永く楽しめると思います。

腰下のオーバーホール時期について質問があったので少し書きますね。
2st原付スクーターの腰下は2stオイルによって潤滑が行われています。
クランクケース内の4つのベアリングの摩耗で腰下は傷みます。
クランクシャフト左右のベアリング、クランク大腿部のベアリング、スモールエンドベアリングです。
これが摩耗して減ってくるとオーバーホールが必要に成るわけですが、
摩耗の初期・中期では走行に殆ど影響が出ないんです。

走行に影響が出るのは、ベアリング破損などが起こる末期で、ここまで来ると
クランクシャフトまで摩耗が進んでしまいます。
この状態まで来るとクランク交換を含むフルオーバーホールを行っても
新車時の8割程度までしか状態を戻すことが出来ません。
ケース本体にも歪みなどのダメージが有るためです。
新車時の状態に戻すにはケースまで新品に交換するか、摩耗中期までに
オーバーホールするかのどちらかに成ります。

オーバーホール時期の見極めですが、素人ではまず不可能です。
使用している2stオイルの質と走行距離で判断するのがベストです。
ホンダ車の場合、フルノーマルで純正オイル使用だと15000km、
ワコーズの2CTなどの高性能オイルを使えば50000km程度がオーバーホール時期です。
駆動系やエンジンチューニングを行っていればオーバーホール時期は短く成ります。
私の車両は良いオイルは使っていますが、ボアアップなどのチューニングしてあるので
半分の25000kmがオーバーホール時期ですね。

実はバイク屋さんで売られている中古車は中期や末期に差し掛かった状態ですので、
購入時がすでにオーバーホール時期に成ります。
ヤフオクで売っているエンジンは末期が殆どです。

フルオーバーホールした後でチューニングを行っても末期のエンジンだと速くするのは
難しいんですよ。
同じ仕様に仕上げても何故か差が出てしまいます。
最高速で10~15km/hぐらい違って来ますね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク