FC2ブログ

03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ドラレコの必要性について考える

2021年 03月17日 01:40 (水)

少し前に2stオイルについて書きましたが、こんな質問が来ました。
現在、ホンダ純正のオイルを使っていますが、焼き付かないから
問題無いのでは?
え~とですね、腰上の焼き付きが無いのは最低レベルの条件であって
焼き付かないから問題が無いわけでは無いんです。

人間なら一番大事なのは腰、身体の中心ですからね。
それにあたるのはエンジンならクランク周りです。
クランク左右のベアリング、コンロッド大腿部のベアリング、スモールエンドです。

この中で一番見られる機会があるのはスモールエンドかな?
例えば、ボアアップキットを組むのに純正ピストンを外そうとしたら
ピストンピンが抜けない。
これは解りやすいオイルの性能不足です。

スモールエンドがこんな感じなら、大腿部も左右のベアリングも確実に
消耗しています。
4stはオイルの性能をまともに受けません。
大半はオイルに浸かった状態だからです。
唯一過酷なのが、カムやバルブが有るシリンダーヘッド内
そしてクランクシャフトです。
オイルをポンプで吸い上げて振りかけている状態ですね。
たまには4stの動画を観てみましょう。



この動画はオイルクーラーについての話しですが、
油圧が0に成り、オイルをポンプで送れなくなると一瞬で
エンジンが壊れてしまうって言ってますね。

2stはオイルを振りかけるどころか、良いところ数秒に1滴づつしか
クランクケースに入っていかないんですよ。
それで各部を潤滑させるわけですから、オイルの性能は4stの
10倍ぐらいは欲しいんです。
もちろん、10倍は無理がありますから僅かなオイルで油膜が保持出来る
オイルが必要ってことです。

腰下の寿命はジャイロやDIO純正エンジン、純正オイルで1万kmって
言われています。
バイク屋でOHして組み方が悪いと1万km持たないでしょう。
しかもボアアップしたら寿命は約1/3
何故だと思います?原因は振動です。
ピストンが重くなるとクランクとのウエイトバランスが崩れて振動が出ます。
振動はベアリングを直接攻撃して摩耗させるんです。
腰下OHしてボアアップしたら、純正オイルなら3千kmで寿命が来るってことです。
逆にボアアップしても、純正と同じぐらいに振動を抑えられれば1万km持ちます。

近いうちに、今バラしているエンジンのベアリングの状態を
見せますね。

そして、よくある問い合わせのパーツ、DLCコーティングのプーリーボスが
シンコーメタルより再販されます。
中級者以上の方にお勧めなパーツです。
プーリーボスを入れ替えるだけで、フリクションロスが減って
パワーを後輪に伝えやすく成るパーツです。

なぜ、中級者以上かと言うとこのプーリーボスを使うと
今までより楽にプーリーが変速してしまいます。
つまり、ポン付けすると変速回転数が低く成り、加速がマッタリしてしまう。
ですので、WRを軽い物に交換してパワーバンドで変速出来るように
セッティング出来る人向けの商品です。
体感でセッティングできない人は、タコメーターを購入して
交換前の変速回転数をチェックしてからボスを交換、
WRのセッティングが必要に成るでしょう。

そして、仕様によってはクラッチミートのタイミングも早くなる。
僅かなので、中級者はそのままでもOKですが、上級者の人は
ウインナーSPを柔らかい物に変えても良いと思います。

なんと!今回はベルトが永く使えるように0.3mmロングです。
私もこのパーツは発売から使っていて駆動系チューニングには
欠かせないパーツの一つです。
今は0.5mmロングにシムを組み合わせて使っていますが、
細かい調整が出来る0.3mmを使って今のエンジンを組む予定です。
販売はシンコーメタル代理店の越後屋さんと多摩ピットで
購入できると思います。(まだショッピングサイトには無し)

ついでに当店の売れ筋商品も。
カーボンリードバルブです。
あんまり商品について書いてないのですが、ある地域で爆発的な
売れ行きなんです。
ノーマルからフルチューンまで、初心者から上級者まで、ポン付けで
効果が体感できる商品です。

リードバルブはアイドリングでも1秒間に約30回開閉しています。
この開閉の追従性が良いほどレスポンスが良く成り、トルクが出ます。
そして大きく開くほど混合気をエンジンに多く送れます。
同じ材質のリードバルブの場合、硬いほど反発力が良くなるので
レスポンスが上がります。
でも硬いほど大きく開くのが困難に成ります。
ですので、硬いリードバルブは発信加速向け、柔らかいリードバルブは
最高速向けなんて感じでしたが、両方を兼ね備えたのがカーボンです。
柔らかいのに追従性が良く、大きく開くんです。

もちろん、デメリットもあります。寿命が短い。
ですので、レース向けの商品だったんです。
そこで寿命を数千km~にしたのが当店のカーボンリードバルブです。
この寿命もハッキリ言えないのが難しいところなんです。
3千kmで割れた人もいれば、1万km以上走って未だに大丈夫って人もいます。

ただ、割れる時は何の前触れも無く起きますので、純正を予備にして
交換できる工具を車載しておけばベストだと思います。
リードバルブは割れると何をしてもエンジンが掛かりませんので
それだけが注意点です。

それでは本題です。
本当なら、前回の続きですが、ここのところ事故の報告が多いので
急遽、記事を差し替えました。
ご了承ください。

ここ1年、コロナ自粛でストレスが溜まっている人も多いと思います。
その関係か?事故に会う人が本当に多く成っています。
このブログの読者さんは殆どが40代~60代。
常識をわきまえている年代ですが、過失が無いもらい事故が多い。
一昔前は、双方が動いている場合の事故は10:0には成らない
と言われていましたが、ドライブレコーダーが普及した現在は
車両が停した状態でなくても過失が無いと認められれば
10:0で過失0として認められるように成りました。

今回もいつものYouTubeで探してきました。



この事故のポイントは相手は救急車で運ばれたこと。
ドライブレコーダーが無ければ、この事故は相手が怪我をしているから
このライダーは7割、相手は3割で7:3の事故で保険屋の話しが進むケースです。
良くて5:5

なぜ、そうなるか?というと、警察で行われる現場検証・実況見分は
事故を記録し、提出するための物であって、保険会社とは全く関係ない。
相手の保険会社は怪我で運ばれているから金額的な損失は大きいので
7:3程度で進めたがるんです。
保険会社同士の話し合いなら間違いなく7:3~5:5ぐらいで
手を打ってしまうケースです。
そして、ドライブレコーダーの記録を出し渋ったことが
話し合いが長引いた原因ですね。

現場検証時に事故の記録映像が有ることを伝えていなかったことも
上手くないですね。
証拠が有るなら、早く映像が有ること、そして10:0で過失が無いことを
主張するべきです。
それで相手がまだ中央寄りでの接触を主張するなら弁護士を立てるべき。
電話交渉で済めば幾らも掛かりませんし、裁判に成り勝訴すれば
弁護士費用は相手持ちです。(大体のケース)

ドライブレコーダーが有ったから永く掛かっても10:0に成りましたが
無ければ大変です。
お互いの修理費用は当然で、相手の治療費や
通院するなら往復の交通費×通院日数、バイクの代車代、
仕事を休めばその保証まで金額に直すと双方合わせて
200~300万円は簡単に成ってしまいます。
もちろん、その他にもいろいろ有り、ヘルメットや
破れた衣服など細かい所を入れればきりが無いですからね。
保険で支払われるので直接財布が痛むわけではありませんが
保険料は上がりますね。

ところがですよ。
私たちの乗っている原付スクーターは殆どがファミリー特約です。
この場合、保険屋同士での話し合いでは・・・・
なんて聞いたことがあります。
・・・・は想像にお任せします。
ヒントはファミリー特約は等級に影響しない。保険屋の立場に成ったら貴方ならどうする?

どうすれば良いのか?というと、過失が無ければこちらの保険屋さんを
話し合いに参加させないことです。
そしてドライブレコーダーは必至!(これが無けりゃ諦めること)
弁護士に相談する。
今はネットで幾らでも交通事故に強い弁護士を探せます。
殆どが相談無料ですから、状況から費用まで聞いて
一番良さそうな弁護士に入ってもらえばOKです。
保険屋さんには連絡しますが、過失が無いので弁護士が間に入ることを
言えば良いだけです。

未だにドラレコを着けていない人がいます。
バイク用のドラレコも前より増えていますから
不幸な老後を送らない為にも装着することをお勧めします。

当店のお客様でもバイクを降りる人が多く成ってきました。
原因は事故です。
本人は乗りたくても、家族の反対にあって乗れなくなってしまうんです。
過失が0なら説得は出来るでしょうが、何割かでもあればダメ。
仕事や生活に支障が出れば家族が反対するのは当然の主張ですからね。
ドラレコを着けるのは、原付を引退しないための保険だと思ってください。

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

リードバルブ

2021年03月17日 16:46

こんにちは
添付された事故動画は私も見てました。完全な貰い事故だったから0:10で良かったですね。主の訴えも緻密でびっくりです。でも決め手はドラレコのようで自車もちょっと検討したいところですが、おすすめのリードバルブに興味津々。
お聞きしたいのですが、もし走行中に壊れたとき車両はどういう挙動をするのでしょうか。単なるスローダウンで進まなくなるだけで済みますか?
※一部だけカケて起きるのか、全体が根元からもぎ取れるのか等も知りたいです。




Re: リードバルブ

2021年03月21日 14:26

7UPさん

カーボンリードバルブの破損は殆ど走行中に起こります。
私の場合は巡航走行中が多いかな。
突然、ガス欠のようにスローダウンしてエンジンが止まります。
一次圧縮が無くなって混合気が供給されなくなるので当然ですね。
その後は何度エンジンを掛けようとしても掛からない。
必至に掛けようとしてもプラグが濡れないのが特徴です。

破損の状態は根元からでは無く、途中から割れ落ちます。
きっと割れ落ちる前にひびが入ると思うのですが、ひびが入っても気が付かないだけだと思います。
今日はエンジンがボコつき気味だな?と思ったら、すぐに破損したので前兆はあるのですが
僅かなのでその時は気が付かない。
破損した後で、そう言えば・・・・・って感じです。