FC2ブログ

02月 « 2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

ジャイロUPのレストア part3

2021年 01月28日 23:19 (木)

2stバイクが販売中止に成ったと思ったら
今度は2030年?ガソリン車の販売を中止すると言い出しましたね。
私が小学生の頃、石油は20年ほどで無くなると教わりました。
それから45年以上経ちましたが、無くなるどころか
砂漠に高層ビルが建っています。
排ガス規制の始まりは1976年。
私が10歳の時でした。

世界中の自動車メーカーが競ってこの基準をクリアしようと・・・・
私が説明するより観た方が早いですね。



どうでしたか?
一番最初の排ガス規制でも大変苦労したことが判ると思います。
じゃ~今の排ガス規制はどのくらい厳しいのか?
この動画のマスキー法の1/100ぐらいの基準値です。
もう殆ど人体に影響しないレベルです。

なぜガソリン車を廃止するのか?私には解らない。
例えば湾岸地域の工場には沢山の煙突が建っています。
もちろん規制がありますが、煙突を低く出来ないレベルです。
上空で大気と混ぜて薄めないと人体に影響が出るんですね。
どこの工場もクリーンと言い張りますが、高額な工事費を
使って高い煙突を建てています。

火力発電所も同様でかなりの有害ガスが出ます。
だから原発に切り替えたいようですが・・・・・

30年ほど前はディーゼル車の排ガス規制が厳しかったですね。
でも、クリーンディーゼルの技術はほんの数年前。
輸送の柱として全国を走っているトラックは未だにハイブリッドもありません。
最新技術は真っ先に宇宙開発や軍事に使われます。
軍用車両には電気自動車はおろか、ハイブリッドも導入されてませんよね。

もちろん環境問題は未来に向けての人類のテーマです。
ガソリン車を無くすよりも他にやることが有るのでは?って私は思います。

それでは本題です。
P_20201112_110619.jpg

さて前回の続きです。
このジャイロUPですが、最小限の予算でレストアからチューニングまで行って
ミニカー登録まで行う。
どのくらいの金額が掛かるのか?
とりあえず掛かったパーツ代だけ出してみましょう。

*外装系
バッテリー(台湾ユアサ)                  2,291円
イグニッションケーブル (NGK)         2,629円
スパークプラグ               318円
フロントブレーキシュー          2,013円
フロントホイールベアリング       2,860円
40mmホイールスペーサー       3,500円
2stオイル 2CT×2             5,280円
エアクリーナースポンジ           203円

*エンジンOH
スモールエンドベアリング          550円
ピストンリングセット            2,959円
シリンダーベースガスケット          352円
排気ポート加工純正シリンダー(中古)  16,500円
クランクベアリング RL            2,442円
クランクオイルシールR            440円
クランクオイルシールL            550円
ファイナルシャフトBG          2,244円
デフサイドベアリングR            660円
デフサイドベアリングL            550円
ドライブシャフトBR R            363円
ドライブシャフトBR L            814円
ドライブシャフトオイルシール         374円
ファイナルシャフトオイルシールR       418円
ファイナルシャフトオイルシールL       550円 
パーキングロックオイルシール        407円
デフカバーGK                  649円
マフラーガスケット               740円
ギアオイル                  1,650円
ジャイロXファイナルギア        デモカー移植

*駆動系
大口径プーリー              11,000円
ドライブベルト               3,432円
RRカム(トルクカム)           10,780円
センタースプリング(柔タイプ)     5,478円
ウエイトローラー(デイトナ)       1,500円

*塗装
ミッチャクロン               1,477円
プラスチック用硬化剤            4,283円
希釈用シンナー               1,320円
カラーホワイト               1,417円
カラーブルー                2,493円
プラサフ                  4,306円
洗浄用シンナー               1,201円

こんな感じですね。大体10万円弱ぐらい。
もちろん、パーツ代だけなので車両価格や工賃は入っていません。
エンジンチューニングはポート加工のみで、キャブセッティングも無しです。
上記の他に写真に写っているシート張替えや荷台の
ステン板も金額に入ってません。
売り出すとしたら25万円ぐらいに成るでしょうか???

これでメーター読み70km/hぐらいは楽に出るし、リバイブマフラーを入れれば
80km/hは出てしまいます。
今はチューニングと言えば、まずボアアップですが、
昔はボアアップキットが高価でチューニングの最終段階って感じでした。
10代に乗っていたRG50γはボアアップ無しで130km/hぐらい出ましたからね。
だいぶ前のブログに、若いころ最高速のテストに高速道路を走っていたことを
書きましたが、一般道で最高速テストが出来ないから走っていたんです。
2輪50ccDIOやJOGでもボアアップ無しで100km/hまでは出ますし、
3輪のジャイロでも80km/hは出ます。

時代は変わってボアアップキットが安く成り、ナンバー変更も容易に成りました。
ところが、ボアアップ全盛期の現在はDIOのボアアップで80km/h、
ジャイロボアアップで70km/hしか出ないなんて話もよく耳にします。
そこで今回はフリクションロスを減らすことを重点的にレストアしてみました。

撮り貯めた動画が観れないので詳しく書けませんが、腰下OH時は
クランクが抵抗無くクルクル回るように、ギアBOXのOHはドライブシャフトが
親指と人差し指だけで楽に回るように組付けたぐらいです。

後は駆動系ですが、当店のプーリーは50ccでも
最大変速するように作ってあります。
フリクションロス低減プーリーですね。
説明が難しいのですが、よく聞く話でWRを軽くすると加速が良くなるけど
最高速が落ちる。
また、WRを重くすると最高速は伸びるけど加速が悪い。
これはパワーが喰われてしまっているためです。
より少ないパワーで回せるプーリーであれば、加速が良いWRで
最高速も出るはずです。
加速が良いってことは、パワーバンドで変速出来ていることですから
そのままのWRで加速を続けてオーバーレブの最高速まで
プーリーを使い切って速度が伸びていくはずですよね。
このあたりのニュアンスは当店のプーリーを使っている人には
解ると思います。

と、ここまでがジャイロUPのレストアなのですが、困ったことが・・・・
速度が出過ぎて危ないので、ブレーキを強化しなきゃならなくなりました。
ちょっとややっこしい話ですが、今デモカーのジャイロXの着いている
4st用ブレーキをこのジャイロUPに。
デモカーのブレーキはヤフオクで入手したリード90の足回りを
着けることに成りました。
次回はヤフオクで入手したリード90の足回りをOHしてデモカー取り付け。
そして4stのブレーキをジャイロUPに着けます。

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント