FC2ブログ

06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

68ccエアサルアルミシリンダー(シンコーメタルバージョン)

2020年 06月12日 19:09 (金)

鹿児島は梅雨に入っています。
それにしてもよく降ります。
全国的にも雨が少ない松山から来たので、余計に感じるんでしょうね~

さて前回のエアクリ&ファンカバー塗装について少し補足します。
今後、エンジン回りを中心に塗装をやっていく予定の当店ですが
結構、お金が掛かります。

例えば市販のスプレーを使って同じ塗装をするとどうなるか?
計算してみますね。

シリコンオフ:721円
ミッチャクロン:1,322円
プラサフ:673円
シルバー:666円
キャンディーゴールド:1,045円
水圧転写フィルム:2,200円
フィルム定着剤スプレータイプ:2,990円
ウレタンクリアー:1,955円
合計 11,572円

転写フィルムと定着剤はyahooショップで、この他に送料が掛かります。
他はAmazonで揃えて全部で12,000円ってところですかね?
キャンディーイエローがスプレータイプでは見つからなかったので
キャンディーゴールドで代用の金額です。
もちろん私はスプレーガンでの塗装なので全て2液ウレタンを使っています。
キャンディーカラーはスプレーですと1年で色褪せしてしまうとの話ですから。

「杏さん」からコメントでシルバーカーボン調との話が出ましたので
シルバーカーボン調にするとどの位掛かるのか?
実はかなり安く出来ます。

800番ぐらいのペーパーで足付けした後にシリコンオフで脱脂
ミッチャクロンを噴きます。
ここまでは一緒ですが、この上に塗るのはブラックです。
下地も黒なので傷が無ければプラサフが不要ですからね。
2000番で表面を整えたらシルバーのカーボン柄の転写フィルムを貼ります。
後はウレタンクリアーを塗れば完成です。

これならキャンディーを塗らないので色褪せも最小限ですし、
行程も少なく済みますので缶スプレーでチャレンジしても良いと思います。
私の所で施工する場合でも倍くらい料金が変わってきます。
例えばプラサフを噴く場合、塗って乾燥を待って研ぎ出ししてから
塗料を塗らなきゃいけませんので、これだけで2日短縮できますからね。

ゴールドカーボン調で仕上げる場合は1日目に清掃・足付け、ミッチャクロン、
プラサフ、2日目に研ぎ出しして、シルバー、キャンディーカラー、3日目乾燥
4日目に水圧転写、トップコートクリアで仕上げて5・6日乾燥って行程です。
6日掛かりますね。
シルバーカーボン調は1日目に清掃・足付け、ミッチャクロン、ブラック、
2日目に水圧転写、トップコートクリアー、3・4日乾燥で4日で行けると思います。
乾燥時間は塗料の厚みに比例するので2日短縮できると全然違いますね。

困っているのがショッピングサイトにどうやって出そうか?
上記の2つでは施工日程や塗料の費用も違うので同じ金額に出来ませんからね。
要相談で良いのかな?
ちなみに水圧転写フィルムもいろいろ種類がありますからね。
次回はサブタンクをファイヤー柄(依頼品)で塗ろうと思っています。

後半に続く
え~私のジャイロのフロントホイールでしたね。
マスキングが終わってサンドブラストで古い塗装を落としました。
次にミッチャクロン(不要だったかも)。
2液ウレタンプラサフを塗りました。

P_20200528_141259_vHDR_On.jpg

ザラザラの表面をツルツルにしたいと思い多めに噴いたら垂れました。
まあ研ぎ出しするので良いんですが、複雑な形ほど研ぎ出しに時間が掛かります。
一応、50mmの小型のダブルアクションサンダーを買ったのですが
バイクのパーツは細かいので殆ど工具が入りません。
結局、手作業に成ってしまうんです。

この後、シルバーを塗装。
これだけじゃ味気無いのでクリアに0.2mmのレインボーパウダーを混ぜて上塗り。
トップコートクリアで完成です。

P_20200601_163109.jpg

装着してみると太陽の光が反射してキラキラですw
ついでにデモカーのエンジンも同時に塗装しました。

P_20200525_154137_vHDR_On.jpg

これはラメ入りクリアを噴く前の状態。
ラメの量は1/4程度(控えめ)にして噴きました。

そうそう!ホイールを外したついでに交換しようと購入したのがグリップです。

P_20200612_111926.jpg

今までキタコのハイスロに付いていたグリップを一時的に着けていたのですが
1年ぐらいで割れてきてしまいました。
グリップって意外と難しいんですよね。
素手で握って具合が良いのと、グローブを着けて良いのと違ったりする。
ジェルの物は夏場に溶けやすいイメージがあるのですが、
技術も進歩していますから先入観を捨てて購入してみました。

長くなったので急いで本題に移りますね。
待ちに待ったアルミシリンダーが発売されました。
去年の夏にブログで書いたヤバイ代物です。
先行でKN企画さんからは発売されています。
私の方はシンコーメタルから6個だけ譲っていただきました。
それを加工して開店記念で販売します。
1個はすでに予約が入ってしまってますので残り5個のみですね。

シリンダーは他のエアサル同様アルミのニカジリメッキシリンダーですが
外側は素アルミでしたのでガンコートで錆が出ないように加工しました。

P_20200604_141225.jpg

ピストンですが、外観が白っぽいピストンです。
たぶんシリコンが入った物だと思います。
サイズは46.95mmってピストントップに記載があるので47mmボアのシリンダーなら
ピストンクリアランスは0.05mmです。
この数値は殆ど首を振らないレベルです。
ちなみにマロッシのボアアップシリンダーのピストンクリアランスは0.08mmぐらいです。

シリコン入りのピストンの特徴は膨張率が低いんです。
だからピストンクリアランスを狭く設定出来ます。
でも素材は柔らかく成るので首を振るとすぐに削れてしまいます。

ピストンは馴染むまでの初期当たり用に軽くドライコーティングを施しました。
そして少しでもピストンの温度が上がらないようにヘッドのトップを磨いてあります。

P_20200606_142702.jpg

付属のガスケットセットはKNのとは違ってこいつです。

P_20200612_182430.jpg

KN付属のガスケットは圧縮調整用に複数のベースガスケットが付属していますが
ベースガスケットで調整するとポートの高さが変わってしまいます。
それでは出力特性も変化してしまうので、このガスケットの方が良いでしょう。
私の方で圧縮調整用に0.3mmの銅ガスケットを2枚づつ用意したので
それで調整します。
その他にスタッドボルト2本、スモールエンドベアリングは純正を用意しました。

P_20200612_183700.jpg

今回の目玉は、初心者~中級者向けの取り付けマニュアルと付属工具です。
その通りにするだけでパワーアップと焼き付きリスクが軽減します。
まあ、虎の巻みたいな物ですね。
購入者にしか教えないので内容は秘密にしてくださいね。
価格は税抜き21,000円。
KNさんより3,000円強高く成りますが、ガンコート施工分ですね。
数日中にショッピングサイトにUPします。
5個限定で追加販売しませんのでご注意ください。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2020年06月13日 00:10

なんと!シルバーカーボン調の工程にはシルバー塗装は無しだったんですね(爆)
解説ありがとうございました♪

ラメ塗装も良いですねぇ(〃∀〃)

Re: タイトルなし

2020年06月18日 22:12

杏さん

そうなんですよ!
メタリックは塗るのが難しいので、黒ベースにシルバーの水圧転写の方が
見た目が綺麗に仕上がるんです。

ラメ塗装はフレークの大きさもいろいろ有るし、目立ちますよね。

承認待ちコメント

2020年07月13日 15:03

このコメントは管理者の承認待ちです