FC2ブログ

06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

次世代ガソリンエンジン

2020年 02月07日 23:38 (金)

まずお詫びです。
前記事ですが、電熱グローブについて「マイナスイメージに成るので控えて欲しい」との
要望が全国展開の販売店からメールで来たため、限定記事に差し替えさせて頂きました。

全国に走っているバイクの半分以上は原付スクーターですからね。
この話が広まると販売店はかなりの痛手に成りますから仕方ないのかな?
でも嫌らしいのがこの冬、電熱グローブと一緒に高性能バッテリーまで
仕入れを増やしていることです。
つまり、売る側は電熱グローブを使ってもらって、
バッテリーが弱ることを見越しているんです。
(またこんなことを書くと数日中に限定記事に成るかも?)

今、世界中は新型コロナウイルスの件でパニック状態ですね。
日本政府の対応に嫌気がさしている人も多いと思います。
私もその一人です。
政府を動かしているのは政治家で、どの国も同じだと思います。
政治家は選挙で国民が選んでいるのに不満が大きい。
選挙演説では「皆様の~、国民の~」って決まり文句を言うくせに
何かあった時には国民の声では無く、国の体面を重んじるからこんなことに成る。

中国では公式発表の感染者数や死亡数は病院が把握している人数で、
実数は把握出来ていないとのことです。
YouTubeでも感染源の人達の動画が上がっていましたが、全て削除されています。
私の見た動画では中国の武漢では一部の金持ちとコネが無ければ病院には行けない。
恐らく病院に行けるのは100人に1人ぐらいだろうと言っていた動画でした。
このことが本当なら中国の発表の100倍ぐらい感染者が居るってことですよね。

日本人はメディアの報道を鵜呑みにする傾向があります。
例えば、2stが無くなったのは日本のバイクメーカーが
排ガス規制に適合出来なくなった。
それは4stより2stの方がCO2の排出量が多く、大気中に放出される有害物質が多いと
思っている人が殆どだと思います。
でもね~カーレースのF1やバイクのモトGPでは次期エンジンに
2stエンジンを検討しています。
理由はパワー効率が良く、クリーンだからです。
あれ?日本人の思っていたイメージと違いませんか?

メディアに騙されていたんですね。
4stの750ccと2stの50ccではどちらがCO2の排出量が多いと思いますか?
これは大人と幼稚園児のどっちが二酸化炭素を出してますか?って
聞いているようなものです。

後半に続く
そして有害物質ですが、確かにオイルを燃やすので2stには不利です。
以前、私はブログで「現代F1はオイルを燃やしてパワーを出している」と書きました。
環境に五月蠅いF1が使っているオイルって排気ガスの成分まで厳しく検査されます。
つまり、燃やしても有害物質が出ないオイルをオイルメーカーは提供できるんです。

じゃ~何故、日本のバイクメーカーは排ガス基準に対応出来なかったのか?
答えは簡単。
バイクは一生懸命研究して販売してきたけど、オイルは二の次だった。
日本のバイクメーカーのオイルって80年代のままの技術の物を使っているんです。
バイクは年々ハイパワーに成っていくのにオイルは混合量を多くして対応していただけ。
だから原付は殆ど煙は出ないのに、ハイパワーの250や400は煙モクモクでしょw
下手をすると後ろを走っていてオイルが飛んできますからね。

それに対して車はパワーアップと共にオイルが進化してきました。
今、80年当時の車メーカーオイルは量販店に行っても手に入りませんからね。
バイクの2stオイルは今も昔も変わらない。
だから排ガス規制をパス出来ないんです。
2stが環境に悪いわけじゃないんですよ。
使ってるガソリンは一緒ですから、オイルの性能UPをしなかった。

じゃ~NSRは環境にやさしいオイルがあれば復活するのか?
答えはノーですね。
私が乗っているジャイロのオイルポンプはガソリンとオイルの比率が75:1ぐらいです。
(オイル量はアクセル開度によって変わるので大体の数値です)
NSRのオイルポンプは40:1ぐらいかな?もっと濃いかも知れません。
環境にやさしいオイルでも混合比率が高いとダメなのは判りますよね。

ちなみに私のジャイロは高性能オイルを80:1で混合しています。
チューニングで倍ぐらいパワーを上げてもノーマルよりも比率を落とせるんです。
それだけバイクメーカーの指定オイルと高性能オイルでは違ってきます。
昔はパワーアップするとオイルポンプを増量して対応していましたが
今はそんな必要が全く無いんです。
上記は長距離ツーリングや高速を含む自動車専用道路での比率です。
街乗りなら85~90:1で全く問題ないですね。

オイルメーカーが環境にやさしく、高性能なオイルを作れば2stはクリーンなバイクに
変わることは分かって頂けたと思いますが、次はパワーについてです。

知っている人も多いと思いますが、注目されているのが2stによる
水平対向ピストンのエンジンです。
理論上、エンジンの振動を無くすことが出来ると言われています。

375px-Opposite_piston_engine_anim.gif

こんな感じのエンジンですが、なぜパワーが出るのか?
両方から圧縮するので高圧縮に成るからパワーが出ると思いませんか?
同じ考えがディーゼルエンジンです。
重量物を運ぶトラックやダンプカーはディーゼルエンジンですよね。
高圧縮だから燃料効率が良く、パワーが出るんです。
ガソリンエンジンよりも前から環境問題が取り上げられていましたが
未だにダンプは軽油のディーゼルエンジンでしょ。

私の所では二次圧縮14kg/㎠まで上げて四国と関東を往復していますし、
ジャイロベース越後屋のぇっちんさんは19kg/㎠オーバーで街乗りテストしていました。
いろんなところから「高圧縮は壊れる、実用的じゃ無い」なんて言われてきましたが、
最先端では2stの高圧縮が次期ガソリンエンジンの形なんです。
私たちが空冷エンジンでやっているのだから、水冷なら難しくないでしょう。

この記事ですが、冒頭で話した通り限定記事に成る可能性が高いので
少し宣伝しちゃいましょう。
各シンコーメタル代理店ではジャイロを高圧縮で組むためのパーツが販売されています。
シンコーメタルからは高圧縮ヘッド、越後屋からは銅製ヘッドガスケットなどです。
私の所では放熱対策のガンコートを施工販売予定です。
空冷エンジンは、いかに冷やすか?が一番の問題点ですからね。
簡単ではありませんが、チャレンジしてみても良いと思います。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2020年02月12日 14:26

今は世界的にコロナウイルスで大変な状況になってますね
早く終息する事を願うばかりです。

今、改めてオヤジ様のブログを過去の記事から読ませていただいてます。
再度、色々学ばさせてもらってます。
初歩的な質問なのですが、オヤジ様はピストンリングを外す時は、細いマイナスドライバーなどで外されますか?
僕はずっと細いドライバーで外してるのですが、面方向に力が入り、何度か折った事があります。
何か特別な方法などありますか?

Re: タイトルなし

2020年02月16日 11:57

ウルトラマンボーイさん

政府の発表では4月がピークなんて言ってますね。
状況次第ではオリンピック中止なんてこともありますから早く収束してほしいです。

ピストンリングの脱着についてはブログで説明しましょう。

2020年02月20日 22:19

よろしくお願いします。