FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

かっさんチャンネルのモニターシリンダー

2019年 08月15日 14:26 (木)

お盆はマッタリしていますが、台風が直撃しそうです。
でも、ここ松山は特殊な地形からか風も雨も大したことが無いんです。
私も引っ越してきた当初はビックリしました。
この台風が抜けたらまた暑さが戻ってくると思います。
熱中症にはくれぐれも注意が必要です。

私は真夏でもジャイロで長距離を走ります。
当然、熱中症対策をしていますが、意外と知られていないのが
水分だけでなく、塩分も補給が必要ってことです。
塩分が不足するとどうなるのか?
血圧が低下して貧血でアッと言う間に意識を失います。
一瞬のことですから、バイクに乗っていたら無防備な状態でどこかに激突します。
運が良くなければ助からないんです。

「かっさんチャンネル」でもバイクが突っ込んでいた動画がありましたね。
もしかしたら塩分補給していなかったのかも?

子供の時に遠足や運動会に行く時は母親が塩を着けておにぎりを握って持たせてくれた
記憶がある人も多いと思います。
今のコンビニおにぎりは塩分が殆ど無いので倒れる人も多いんです。
長時間バイクに乗る人は塩分補給を必ずするように心掛けてくださいね。

ジャイロに乗る人は業務用を除いてミニカー登録している人が多いと思います。
でもジャイロってノーマル車両はギア比が低く、60km/hで走ることは出来ません。
じゃ~ノーマルジャイロはどのぐらいで走れるの?って話しに成るのですが、
主要諸元を元に計算すれば簡単に出て来ます。

GYRO主要諸元

赤い線を引いたところが速度に関係する部分です。
ちょっと計算してみましょう。
純正のプーリーの最大変速比は0.85、ギアの変速比は3.076と3.916です。
リアタイヤの直径は約390mmなのでタイヤ1回転で進む距離は0.39×3.14=約1.2mです。
最大パワーは6500rpmなのでオーバーレブを考えると8000rpmぐらい回るでしょう。
クランクシャフトが1分間に8000rpmで回っている時の速度は?(プーリー最大変速時)
8000÷0.85÷3.076÷3.916=約780
リアタイヤは1分間に780rpmで回っています。
1時間では780×60=46800rpm
タイヤの円周から計算するとスピードが出ますね。
46800×1.2=56160m
最高速は56~57km/hってところです。
もちろん、下り坂ならエンジンはこれより回りますし、向かい風なら回らないでしょう。

じゃ~燃費が良い速度はどのくらいかな?
車重の重いジャイロは最大トルク付近が燃費が良いですから4500rpmで計算します。
4500÷0.85÷3.076÷3.916=約440
440×60×1.2=31680m
燃費が良いのは約30km/hですね。
50ccの原付ですから当然の数値です。
(ジャイロは8.5gという重いWRを使っているのでプーリー最大変速での計算です)

これじゃ~ミニカー登録しても理想的な数値に成りませんよね。
計算して最高速度70km/h、最大燃費が45km/hぐらいに成るようにすれば良いかも?
ってことは想像できると思います。
エンジンの出力特性とギア比を変えることで不可能じゃ無い。
今回はギア比の話しですから単純にギア比を1.5倍にすればこの数値に成ります。

もちろん、ギア比を1.5倍にするとエンジンを回しきる力が不足し、この速度は出ませんから
ボアアップ等のパワーを補うチューニングが必要です。
(ボアアップじゃミニカー登録じゃないですねw)

ギア比を上げるには3つの方法があります。
・プーリーの最大変速値を上げる
・ハイギアで変速値を上げる
・タイヤの外径を大きくして変速値を上げる

1.5倍と書きましたが、私の車両で1.2~1.3倍じゃないかな?
後はエンジンの出力特性を変えることで対応しています。
例えばエンジン特性を最大出力が8500rpm、最大トルクが6800rpmとすることで
燃費が良く成る速度も、最高速も上げられるんです。
エンジン特性はどうやって変えるのか?
それは長く成るので次の機会にしましょうね。

それでは本題です。
YouTubeの「かっさんチャンネル」でドライコーティングのモニターを募集しました。
そして腰上が送られてきたので今回はこのシリンダーを紹介しますね。

P_20190807_111311.jpg

ジャイロ用のマロッシボアアップシリンダーです。
詳しく診ていきましょう。

P_20190808_074825.jpg

焼きが殆ど入っていないので低走行のシリンダーです。
まだ慣らしも終わっていないですね。
でも排気ポートにはカーボンがかなり溜まってます。
2stオイルが多過ぎです。

そして掃気ポートにもカーボンの付着が見られました。
つまり排気が逆流しているってことです。
原因はマフラー!
マフラーが詰まり気味、もしくは後期純正が着いているってことです。
出来ればエキパイとマフラーは交換すべきですね。

その掃気ポートですが・・・・

P_20190807_111158.jpg

面取りしてありますね。
80年代までは純正でも行われていた面取りですが、90年代の原付シリンダーには
行われなくなりました。
パワーダウンするためです。
シャーシダイナモで計測すれば面取りしたシリンダーは1~2割はパワーが落ちます。
これについては以前書きましたので省略しますね。

その代わりに90年代以降の純正はピストンのトップリングに面取りが行われるように成りました。
マロッシのピストンリングは面取りが行われていませんが、慣らしが終わった頃
(1000kmぐらい)に新品に交換すれば後は1万kmごとの交換でパワーを維持できます。
そのリング交換時に再度コーティングを行えば更に良いシリンダーに仕上がります。

排気ポートのファインポート処理に加えて
今回はモニターですので通常は行わない掃気ポートの面取り排除も行いました。

P_20190809_095137.jpg
P_20190809_095250.jpg

これで素マロと同じ性能が出るはずです。
ピストンを掃除して、シリンダーをホーニングすればコーティングに入れます。

P_20190810_091533.jpg

左はスズキZZのマロッシシリンダーです。
こちらはしっかり熱が入って慣らしが終わっています。
色が違うのが判るでしょうか?

コーティングが終わったシリンダーとピストンです。

P_20190815_135229.jpg
P_20190815_135212.jpg

これでマフラーさえ変えて、適切なギア比なら80km/hぐらいは軽く出るように成るでしょう。
注意点は馴らしをしっかりすることです。
ピストンとシリンダーをダブルでコーティングすることでピストンクリアランスは2/100mm
ほどに成っています。
エンジンを始動したらすぐに走行しないでアイドリングで1時間、次にエンジン回転を
2500rpm程度まで上げて高めのアイドリングで1時間行ってください。
走行も100kmまでは徐々に腰上の温度を上げるように心掛けると良い当たりのシリンダーに
仕上がります。
慣らし中に温度が上がり過ぎるとエンジンが重くなって止まります。
その時はエンジンを冷ましてから再始動して馴らしを継続してくださいね。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント