FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

関西・中国ツーリング

2019年 06月17日 20:30 (月)

約600kmのツーリングを予定して前回は駆動系の整備を行ったわけですが
ベルトの慣らしを終えたところで少し変更したい部分が出て来ました。
というのも、何かパワーが無い気がするんです。

そこで、二次圧縮を前回の11kg/㎠から1kg上げて12kg/㎠へ
駆動系も柔ウインナーSPをクラッチ付属のSPに変更しました。
そして今までは長距離ツーリングには必ずセンターSPはシンコーメタルの柔バネを
使っていたのですが、今回は2stクレアの紫バネにしました。
トルクカムもNCYの直線溝からシンコーメタルのRRカムに変更しました。

2stクレアバネは純正では柔らかい方ですが、シンコーメタルの柔バネに比べると
かなり硬いんです。
ですので、WRの重量も変えないと同じエンジン回転数で変速しません。
シンコーメタル柔バネ・・・・・・4g×3+4.5g×3で25.5g
2stクレアバネ・・・・・・・・・5g×3+5.5g×3で31.5g
6g重くしました。

今回のツーリングにはデータ取りの他に当店でも行っているドライコーティングを
今後動画で紹介していくという目的があります。
というのも、ドライコーティングで腰上補修を行っているのはシンコーメタル代理店だけです。
このたび、ぇっちんさんも代理店に加わって施工出来るところが増えたのですが、
世の中に浸透していないのが現状です。

腰上補修で浸透しているのは井上ボーリングさんですが、35~50万円ほど掛かるそうです。
2りんかん等でのイベントを行っていますね。
ドライコーティングによる補修は、その数分の1の価格で出来ますが、
今までホームページぐらいしか宣伝手段がありませんでした。
そこで他の宣伝手段を探していた所に「かっさんチャンネル」でジャイロのレストア記事を
見つけて相談したしだいです。

私の所はエンジンのレストア店ですので、かっさんのジャイロのエンジンをOHすることに。
OHの動画もUPしてもらおうと考えて2stガレージ松山初の出張OHをしました。

お互いのスケジュールを合わせて早めに日程を決めたのですが、
出発3日前の天気予報は雨!
日程が遅れるといけないので出発直前に行きはフェリーを使うことにしました。

P_20190610_192828.jpg

出発時のメーターは35,185kmです。
行きは松山からフェリー乗り場の東予港までの50kmと
フェリーが到着する大阪南港からジャグリングショップMDFまでの30kmですので
大したことはありません。
新品ベルトで50kmほどしか走っていないので良い慣らしに成るはずです。
幸い、雨にも降られずに予定通りに到着することが出来ました。

後半へ続く
オレンジフェリーに乗ったのですが、船が超豪華でビックリしました。

P_20190610_212943.jpg
P_20190610_213313.jpg
P_20190610_221702.jpg

ロビーや廊下は高級ホテル並みに綺麗で部屋は全室個室です。
ジャイロを載せて1万円弱ですから走行がメインで無ければ往復利用したいぐらいです。

かっさんのキャノピーは中期車両で、かなり弄られていましたが新車から
一度もOHされていないエンジンでした。
腰下を割ってクランクの状態を確認すると思った通り経年劣化による
各部の摩耗がありました。
点数を100点満点で付けるとすれば、コンロッド大腿部と小端部が40点
オイルシール装着部の摩耗が50点、クランク精度が30点ってところです。

一度は銅ハンマーでクランクの芯出しを行ったのですが、他の状態が良くない。
長く乗るには新品を入れるべきと判断して、比較するのに持って行った後期の
台湾クランクをインストールすることにしました。

社外クランクをインストールする際の注意点は、駆動系を純正と同じ位置に成るように
調整して組むことです。
これを行わないとキックギアやセルギアが上手く噛まなかったり、干渉したりします。
どういうことかと言うと下の写真を見てください。

P_20190305_103556.jpg

まず、純正クランクのAとBの長さを計ります。
Aを2で割ったものにBを足した数字が中心から駆動系取り付け部までの長さに成ります。
同様に社外クランクを計測して誤差がどのぐらいあるのか調べるんです。
今回の台湾クランクは純正より0.5mm長いことが判りました。
これを純正と同じに組むにはクランクを0.5mm右側にズラして組む必要があったんです。
0.5mmズラすと今度はケースが閉らないので0.5mmのガスケットを自作したんですね。
(かっさんチャンネルの動画を参照してくださいね)

クランクのインストールは「かっさんチャンネル」のリスナーの
「わーくしゅ」さんが見学していました。
この「わーくしゅ」さんですが、プロの整備士です。
専門は乗用車ですが、バイクが趣味で複数台所有しているそうです。
こういったプロに作業を観て動画で解説してもらえると助かりますね。

そうそう!伊丹に住むジャイロキャノピーの田中さんも遊びに来てくれました。
こちらも「かっさんバイクの部屋」で動画公開中です。
よかったら観てください。

ご存じの人もいると思いますが、田中さんはシリンダーヘッドをいろんな車種の物に変えて
検証、テストしています。
それで温度の違いを数値化するためにヘッド温度が計れるようにしてあります。
水温計では無いですよ。

次回はツーリング復路です。

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2019年06月18日 19:02

動画拝見いたしました。

文章と画像はさんざん見て勉強させていただきましたが、
動画で勉強できるとは画期的ですね。

是非とも、ライブディオのクランインストールの動画も
お願いします。

追伸
動画の親父さんのおすがた・声もある意味感動でしたよ(^^)/

2019年06月20日 13:08

色んな車種のヘッドとは、すごいですね。
モノによったら、純正のカバーが使えなかったりするんじゃないですかね❔

このエンジンカバーは無いと空冷ファンでの冷却が出来なくなるんですよね
無いと分解作業はかなり楽なんですが😅

Re: タイトルなし

2019年06月24日 07:54

ウルトラマンボーイさん

カバーも自作するなど工夫しているようです。
私もブログで紹介していないことをいろいろ試していますが
10試して効果があるのは2つぐらいです。
検証は地道な作業ですが、楽しみな部分もありますからね。