FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

ライブディオZXエンジンのSP仕様part4

2018年 12月07日 05:51 (金)

2stオイルの焼き付きテストで駄目に成ったエンジンをバラして
新しいエンジンの製作をしていたら、突然の土砂降り。
やること無いので急遽、ブログを更新しています。

新エンジンは販売しても良いかな?
このエンジンについては、そのうちブログで紹介しますね。
え~何を書こうかな?

そうだ!事故について少し書きましょう。
前に企業や組織の力が強くなったことを書きましたね。
え~10月27日の記事ですね。
また同じようなことがYouTubeで話題に成っています。




これ、酷いと思います。
投稿者さんは最後に「ドライブレコーダーが着いていて良かった!ドライブレコーダーは
必至アイテムだ!」って言ってますが、私は警察の実況見分を元に保険会社が判断して
ドライブレコーダーは裁判に成った時の証拠にすべきだと思うんです。
ドライブレコーダーで判断するなら、警察は要らないですよね。
保険会社がタクシー会社の話しを聞くからおかしくなるんですよね。

もちろんハイテク機器は便利ですが、それが必至アイテムに成ってはいけないと思います。
ドライブレコーダーで判断するなら、警察へは後から届け出で
済ますべきではないでしょうかね。
だって実況見分って1時間ぐらい掛かるんですよ。
計測したり、写真を撮ったり、当事者全ての話しを聞いて事故の詳細を記録するんです。
実況見分が警察のただの記録書に成ってしまうなら無駄な時間ですね。
今後はもっとひどい事件や事故が出てきそうですね。

それでは本題です。
それでは早速、エンジンを作りましょう。
まずは腰下のOHですが、今回は腰上にマロッシシリンダーを搭載します。
ケースを割ったついでなのでシリンダーに合わせてケース加工を行います。

P_20180929_124737.jpg

ガスケットに合わせて掃気ポート入り口を削ります。
吸気効率を考えればもっとガッツリ行きたいところですが、目標のケース容量を
超えてしまうので最小限しか削りません。

クランクは台湾製を芯出し後にバランスホールを空けて組み込みました。

P_20181003_133338.jpg
P_20181003_124207.jpg

ギアBOX内は清掃後ベアリングとオイルシールを全て交換してOH。
本当はハイギアを入れた方が良いのですが、キャブセッティングが
やりづらく成るので無しです。
ちなみに私のジャイロエンジンはハイギアが入っていますが、MJを決めるには
数回は高速道路に乗ります。
つまり、ハイギアを入れてMJをのセッティングを行うと、かなり速度が出ないと
決められないんです。
黄色ナンバーのDIOじゃ高速に乗れないので先にハイギアを入れると
セッティングするのが大変なんです。

次は腰上。
ライブディオ用のマロッシシリンダーをフルポート加工してドライコーティング。

P_20181009_100242.jpg
P_20181009_130444.jpg

どの位のパワーが出るのか?
DIOのマロッシシリンダーのフルポートは今回が初めてですから未知数です。
スポマフと合わせてパワーバンドは8500~9500rpmってところでしょうか?

P_20181009_150752.jpg

クーリングファンはUPS。
フライプレートも入れた方が良いのですが、キャブセッティングに駆動系のセッティング、
フライプレートセッティングまで行うのは大変ですから後から行っても良いと考え
今回は無しです。

駆動系は大口径プーリー、KNセカンダリー、純正ベルトの組み合わせ。

P_20181010_105245.jpg

センターSPはクレアですね。
この組み合わせはセッティングがしやすいので初・中級者にはお勧めです。
駆動系も突き詰めたらお金が幾らあっても足りません。
大事なのは、しっかり走れるセッティングが出るかどうかです。

続く

コメントの投稿

非公開コメント

2018年12月10日 22:36

しっかりセッティングだしますょ。
ハイギアやフライプレートはセッティングでたあとに考えます。
ところで、ハイギアは高速でのセッティングが必要とのことですが一体何キロでの高速セッティングが必要なのでしょうか?

Re: タイトルなし

2018年12月13日 14:20

ナスティーさん、こんにちは。

ハイギアですが、ギア比によってスピードは異なるので何km/hとは言えません。
ハイギアを選ぶ時には、今のエンジンはどのぐらいパワーに余裕があるのか?
自分で把握してパワーに合わせたギア比のハイギアを選ぶ必要があります。

たとえば11月15日の動画を観てください。
80km/h弱まですぐに加速しますが、それ以上は出ません。
これはエンジンパワーに対してギア比が低すぎて吹け切ってしまっているからです。
このエンジンならあと15km/hぐらいは出そうかな?と思えば、
95km/hを目指せるギア比を選択すればOKです。
ギア比と速度についてのことは記事で書いてあるので計算してみてくださいね。