FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

焼き付きテスト

2018年 10月17日 18:19 (水)

いや~久しぶりのブログ更新です。
というのも、今年の夏は暑すぎて原チャリを弄るどころか
乗るのもつらい状態でしたから、私の方も丸々1か月ぐらい暇していたのですが、
ここにきてオイルポンプOHやらシリンダーポート加工の依頼でバタバタしているんです。

ブログの閲覧ですが、私のPCだけかもしれませんが、一部のプラウザ(InternetExplorer)で
不具合が出ていて画面が固まってしまいます。
同じ不具合が出ている方がいましたら、他のプラウザでの閲覧してみてください。
原因が判り次第、対処する予定です。

ジャイロの方は乗っていますよ。
夏の間はテストの仕様で素マロを装着して走っていたのですが、
今はそのままの仕様でフルポートのチューニングシリンダーに変えてあります。
キャブセッティングも全く変えずにシリンダーのみの変更ですが
パワー感や乗り味は全く別物なんです。
これも動画で比較してブログで書きましょうかね?

今はジャイロもパーツの選択肢が多いので購入する時に迷いますよね。
全部買って試す訳にはいきませんが、手持ちのパーツを着け変えて読者さんに
見せることは出来ますので今後はパーツの比較記事を中心に書こうかと思っています。
たとえば、市販のプーリーを着け変えて、エンジン回転数と速度の比較するなんてことも
面白いと思います。

さて、本題に入ります。
テストを行う前に少し仕様を変更しました。
焼き付きテスト走行前の試走 part2」の動画を観ていただければ解かると思いますが
かなりの速度が出てしまいます。
そこで、ギア比を落とす為にプーリーをやんちゃプーリーからキタコのZX用プーリーに
変更しました。
これで、ある程度低速域で焼付かせることが出来ると思います。

夏の間走って、この仕様のベストのキャブセッティングがSJ45、MJ82だと判りましたので
焼き付きテストではSJ42、MJ78に変更して行うことにしました。
このキャブセッティングは極端に薄い状態では無く、長時間全開走行を行わなければ
街乗り程度では問題無いぐらいの薄さです。

そして、テスト時には新品のマロッシシリンダー&ピストンを装着して
テストするオイルは100:1の混合ガソリンで行いました。
混合方法は以前のブログでも書いたので省略しますね。

テスト前にタンクに入っているガソリンを抜くのですが、どうしても少量タンク内に
ガソリンが残ってしまいます。
残ったガソリンはスポイトで吸い出して出来る限り取り除きましたが、
数ccは残ってしまいます。
タンクを取り外せば完全に空に出来ますが、時間と手間が掛かってしまうので
ご理解頂ければと思います。

後半に続く
テストコースまでは家から約6km、仕様変更してから向かいました。
6kmでは慣らしとしては全然足りませんが、クランクケース内に残った
前のオイルを全て入れ替えるには十分な距離だと思います。

それでは早速、テストに入ります。
最初は「カストロールPower1 Racing」です。



どうしても画質が劣化して観にくいですね。
焼き付き前に前走車に追い付いてアクセルを戻したところで焼付きました。
焼付いた瞬間にメーターのライトが消えます。
焼き付き時の注意点は、必ず温度が下がってから再始動させること!
これを守れば焼付いても殆どの場合、自走できます。
テストでは150℃を切ったところで再始動させました。

このトンネルは約1500m、往復3kmですが、焼付いたのは出口から300mほど手前でした。
トンネル内は横から車が出てくることはありませんが、止まっていたら危ないので
出口まで押しましたよ。

次は上記のカストロール+スーパーゾイルです。
説明書を見ると初回は1:1で使用してくれとのこと。
1.5ℓのガソリンにカストロールとスーパーゾイルを7.5ccづつ入れて100:1の
混合ガソリンを作って同じようにテストしました。



評判の良いスーパーゾイルですから往復完走出来るかと思っていたのですが、
期待を裏切ってUターンから約200m走ったところで焼付きました。
同じ日のテストでは無いので全く同じ条件とは言えませんが、
出来る限り同じようにテストしました。

カストロール単体の時よりも焼き付き温度が低かったのは意外でした。
スタート時のヘッド温度はカストロール単品使用の時より低かったのですが、
Uターン時はスーパーゾイル使用の方がヘッド温度が高く成っています。
スーパーゾイルは摩擦係数が高いのでは?って考えてしまいますよね。

続いてシンコーメタル製ブレンドオイルですが、往復完走しました。
でも、この日は道路状況が少し違っていて、トンネル内の入り口から100m位の所に
作業員が居てアクセルを控え目にせざるをえない状況でした。
日を改めてテストすることも考えましたが、シリンダーが馴染んでしまっては
焼き付きづらく成り、同じ環境とは言えません。
そこで、MJを78番から75番に落としてリトライすることにしました。

今回の焼き付きテストは混合ガソリンですから、MJを下げるとオイルの供給量も減ります。
オイルの量は100:1の混合でMJ82番の時にベストな状態です。
ですので、MJ78番ではオイルも少し薄い状態。
さらに75番ですから潤滑が足りなくなるはずです。



走り出してすぐに燃調が薄過ぎることに気が付きました。
音も前のどうがに比べておかしいのですが、判るかな?
Uターンして1台車を待ってから発進したのもマイナス要因に成りますね。
そして僅か178℃でエンジンが停止しました。

これは明らかにオイル不足での焼き付きですね。
前の2つの動画はピストンの温度が上がり過ぎて、ピストンとシリンダーのクリアランスが
無くなっての焼き付きでしたが、今回はオイルの潤滑が間に合わなくての焼き付きです。
200℃以下ではピストンとシリンダーのクリアランスは有るので、すぐに再始動が可能です。

オイルが不足しながらも低速なら何とか走ってしまう。
自走は無理と判断してMJを78番に戻したら問題無く帰宅できましたよ。

カストロールは210℃で焼き付きました。
これはマロッシとしては普通だと思います。
私がセッティングをする時はヘッド温度が200℃を超えないようにしていますし、
クーリングファンのテストをした時にも200℃を目安にしましたよね。
まあ、性能も普通のオイルって感じです。

スーパーゾイルですが金属に皮膜を作る物らしいので、もしかしたら6kmの慣らし走行では
皮膜を作るには走行距離が短かった可能性もあります。
また皮膜の厚さ分、焼き付き温度が下がった?なんて考え方も出来ます。
今回のテストが合わなかった可能性もありますが、私的には高い値段を考えると
魅力を感じないと言わざるを得ません。

そしてシンコーメタルオイルは同条件では200℃を超えても焼付きませんでした。
上記の2つより温度上昇も緩やかです。
更にガソリンとオイルを薄くして焼付かせる必要も無かったかな?
無理やり焼付かせてしまったので、印象が悪く成ったかも知れませんが
安心して使えるオイルだと感じました。

また、新品のシリンダー&ピストンは高価なので1度づつしかテストが出来ませんでした。
同じテストを3回行って平均を出せば更に正確な結果が出たと思いますし、
他の銘柄のオイルや違う方法でのテストで違う結果が出た可能性もあります。
ですので、この結果が全てがイコール、オイルの性能では無いことも
ご理解頂ければと思います。

無理やり焼付かせたのも理由があって、焼付いたシリンダーとピストンを比べてみたかった。
オイルの違いで焼き付き後のシリンダーとピストンはダメージの違いがあるのか?
これは次回のブログでお見せしますね。

3度の無理やり焼き付きをテストを行った私のサブエンジンですが、凄いダメージがありました。
これも次回のブログでお見せしたいと思います。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2018年10月19日 17:25

パスワードもらうにはどうすればよいのですか?

速い!?

2018年10月19日 23:20

動画とGPSドラッカーで、加速、最高速、耐久性を見せて下さい。相模湖で見たときは遅かったですよ?柔バネ使ってる時点でwww

Re:

2018年10月21日 02:10

はじめさん

ブログの一番初めに書いてある通り「お知らせ」から読めばご理解頂けると思います。


あつしさん

この動画はわざと焼付かせている動画ですから速くないですよ。

相模湖ってことはスリミですかね?
スリミに行く時はフェリーに乗るため松山から徳島まで高速で約3時間走ります。
高速はサービスエリアでしか給油出来ません。
サービスエリアの間隔を考えるとジャイロXの5Lタンクだと1ℓで20km走らないといけません。
つまり80km/hの巡航で20km/L走る。
そして80km/hで3時間走って熱ダレしない駆動系セッティングが必要なわけです。
このレギュレーションでチューニングしたのがスリミ仕様です。
ちなみに、この仕様だと一般道ツーリングで約40km/L走ります。
スリミのSS1/32は5秒ぐらいです。
耐久性はスリミまでの往復をノートラブルで走れるようにしてあります。

「動画とGPSドラッカー」なんて書き込まないで、実際に乗ってみれば良いのでは?
現地で声も掛けられないのに、こんなコメントを書くのは情けないと思います。
スリミの時には現地に1週間前後は滞在しますので、男ならどうどうと会いに来てください。

カスタムについて

2018年10月21日 08:11

あつしさん、あなたはやんちゃ親父さんの理論、パーツ等を使用した事が無いですね。
やんちゃ親父さん、また周りにいる方々は日本でもトップクラスのチューナーですよ。
あなたみたいな失礼な人間はここを見て欲しく無いと思います。