FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

プーリーのメンテナンスと遅れた焼き付きテスト

2018年 09月27日 23:53 (木)

やっと気温も下がってきて快適に成ってきましたね。
オイルとガソリンの進歩で混合ガソリンが以前よりも簡単に出来るように成ったので
混合仕様の記事を書くことも多くなってきました。

もちろん、デメリットもありますよ。
オイルポンプのワイヤーを戻す力が加わらないのでアクセルの戻りが悪く成ってしまう。
新たにアクセルワイヤーを製作すれば問題ありませんが、他に方法が無いのか?
見つけました。

P_20180920_151457.jpg

左がキャブレターのスプリング、右はジャイロのリアブレーキのスプリングです。
長さは少し短いのですが、径はほぼ一緒なので使えるはずです。
テストしていないので耐久性は未知数ですが、新品を買っても数百円です。
純正部品はバイク屋さんで購入出来ますから試してみてください。

相変わらず質問メールが多いのですが、専用に用意した掲示板は書き込みが少ないので
近々廃止しようと考えています。
皆さんの質問内容ですが、殆どが過去にブログで対処法などを書いています。
ブログに限らず、文字では100のことを100伝えることは出来ません。
せいぜい10~30ぐらいかな?
後は皆さんの読解力です。

小学校の国語の教科書を思い出してみてください。
読むだけなら半日あれば読み終わります。
それを学校では1年掛けて、漢字を覚え、文面から隠れた筆者が伝えたいことを
読み取っていく訳です。

私はブログで出来るだけ細かく書くようにしていますが、それでもしっかり読まないと
理解出来ないのが文章です。
たとえば、oldkpさんの最新のブログで「ディオキャブは燃料通路が狭い」と書いています。
私のブログでは対処法を書きましたね。

8月30日の記事です。
記事の前半では動画を2つも用意し、写真を2枚も使って燃料通路の確保方法を書きました。
長年の使用でキャブレターにはガソリンの不純物が層を作ります。
100分の数ミリ程度ですが、供給される燃料はかなり減ってしまいます。
各ジェット類も同様です。
実はライブディオの焼き付き原因の8割がこのガソリンの不純物と
オイルポンプオイルシールの劣化によるものなんです。

これに気づかず、ジャイロにディオキャブを取り付けて焼き付きを起こす人も物凄く多い。
何度キャブセッティングをしても焼付いてしまう人は大体ディオキャブが着いているんです。
ここまで書けば中学生でも理解出来ると思いますが、いったいこのブログを読んで
何人の人が実行するでしょうか?
まず、やらないです。

以前、プーリーの最大変速比を計る記事を書きました。
しっかり自分でもやってみれば、販売している大口径チューニングプーリーの
変速比と今回のやんちゃプーリーの変速比が異なることも、すぐに気が付くはずです。
でも、気が付いて疑問を持ったのはコメントしてくれた人、1人でした。

メールは一人の方とやり取りですが、ブログは一度で多くの人に伝えられます。
ですが、せっかく何時間も掛けて記事を書いても週刊マガジンのように読まれては
伝わるのは雰囲気だけに成ってしまいます。
そこで最近はブログの更新頻度を1/3程度に減らしています。
ご理解頂ければと思います。

それでは本題です。
大口径プーリーのメンテナンスの続きです。
乾性モリブデンを使った潤滑はグリスのように飛散することなく長い期間
潤滑が可能ですが、ベルトのカスが付着すると動きが悪く成ります。
まあベルトは滑り止め効果の高いゴム製ですから当然ですね。
メンテナンスは主にベルトカスの除去が主体です。

用意するものは絵筆(ダイソーで売ってます)、ラッカーシンナー(プラモデル用でOK)、
そして乾性モリブデンスプレーとウエスです。
Amazonで「乾性モリブデンスプレー」検索すれば住鉱や東レの商品が出てきます。
どれも大差無いので安いので構いません。

プーリー本体ですが、ゴムのカスと余分な乾性モリブデンをラッカーシンナーで
筆を使って洗浄します。
忘れがちなのがボスカラー部、プーリーボスが入る穴です。
ボスと一緒にラッカーシンナーで拭いておけば動きが良く成ります。
ランププレートはWRが当たる部分を洗浄、ウエスで拭けばOKです。
次にWRですが、ラッカーシンナーを使うとモリブデンが落ちてしまうので
ウエスで乾拭きしてください。
転がり面だけで無く、回転で圧力が掛かるサイドも綺麗に拭いてくださいね。
最後にプーリーのローラーガイドにスプレーすれば完成です。
簡単な作業なので、WRを交換する時やメンテ時には必ず行えば良いでしょう。

前回の試走からかなり時間が経ってしまいました。
本当はエンジンのギアボックスの状態が良くないので、もっと早く行いたかったのですが
事情があって伸びてしまいました。

というのも、今年の松山は豪雨災害の後も土砂崩れが頻発しています。

トンネル手前

これはテストコースのトンネルの入り口です。
Googleマップから写真を切り出しました。
前回の動画で確認しても同じです。

P_20180919_150151.jpg

そして、これが先日の様子です。
後でご覧頂く動画でも確認できますが、土砂崩れが起きてしまい
最近まで重機や多くの作業員が入っていたんです。
Uターンするトンネルの反対側の出口も土砂崩れで路面に土がありました。

そんな光景が、この夏は松山市の至る所で見られました。
熱中症で運ばれた方も少なくないと聞いています。
一生懸命働いている人達の側で実験する訳にもいかず、今まで待っていた次第です。

先日観に行ったら作業員は1人だけでしたので、テストを再開することにしました。
まずは今まで使っていた腰上を外して新品のマロッシに交換します。

P_20180918_170608.jpg

エンジンカバーを外すとシリンダーは慣らしが終わって錆も出ていますね。

P_20180918_170906.jpg

ピストン上部はこんな感じです。
少し燃調が濃いようですね。
燃調の確認はプラグの焼けよりもヘッドの状態の方が確実です。
プラグの色は使うオイルによっても変わってくるからです。
これはMJ85です。
以前、MJ80の時の写真もアップしてありますので違いを確認してみてください。
今の仕様ならMJは82番がベストだと思います。

P_20180918_171036.jpgP_20180918_171059.jpg

ピストンはリング下の圧縮漏れと爪に引っかからない程度の細かい傷があります。
まあ慣らしをしないで、わざと焼付かせようと無茶した腰上だから当然ですね。
シリンダーも同様でした。
リング鳴りも酷かったですからね~
この腰上はフルポート加工とドライコーティングでチューニングシリンダーとして生まれ変わります。
これだけのテストに耐えて焼けなかった腰上ですから最高のシリンダーに成りそうですね。
欲しい人はメール頂ければ予約販売可能です。

このテストが伸びたおかげでポン付けマロッシのテストが出来ました。
今までマロッシは、そのままでは二次圧縮が高くて、下げないと焼付くと言われていました。
もはや二次圧縮を下げることはジャイロのマロッシシリンダーを装着する際は
当たり前のように成っていたんです。

でも今はガソリンやオイルの質も上がってポン付け10kg/㎠程度の中圧縮では
焼付かないことが判ってきました。
前半で紹介したold_kpさんのブログではリバイブ&マロッシシリンダーポン付けで
高速道路走行まで行っています。

じゃ~私は、この仕様をジャイロ定番のディオキャブ装着で行ってみようと
考えて、この夏を使ってテストしてきました。
インマニ拡大やカーボンリードバルブ装着などでSJはが5番大きく成り、
エアフィルターを高効率なデイトナのターボフィルターに変更したことで
MJも2番ほど大きく成りましたが、この辺りも純正であればSJ40、MJ80と
純正の番手で行けたのでは?って思います。

もちろんエンジンの状態にもよりますが、問題は何で今まで二次圧縮を下げないと
焼付いてしまっていたのか?です。
その疑問を解くための第一歩がこのオイル焼き付きテストなんです。
すでにテストは最終段階に入っています。
結果は驚きです!
以前、クーリングファンのテストでも驚きましたが、比較に成りません。

詳細は次回のブログで書きますが、一つだけ書きますね。
信者が居るくらい圧倒的な支持があるスーパーゾイルですが、
実際は性能が悪い!

詳細と続きは次回のブログでw

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ゾイルについて

2018年09月29日 03:06

お疲れ様です。
先日はいろいろありがとうございました。
ゾイルについて昔、バイク屋さんに聞いた話しですが、「ゾイルを使用しているバイクのシリンダーとピストン移動面がやたらテカっている。シリンダーの摩耗が多いのではないかな、」という事でした。私はゾイルは使用しないのですが、やんちゃ親父さんのテスト結果が気になりますねぇ〜。

Re: ゾイルについて

2018年10月03日 02:16

Redbom3223さん、こんばんは!

どうでしょうね?
ただ、テストコースまでの道中とテストではヘッド温度が上がり易かったような気がします。
温度が上がり易いということは、燃焼性が良いもしくは、摩擦が強いのどちらかだと
考えられますから、可能性はありますね。