FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

梅雨明けジャイロのメンテナンス

2018年 07月13日 01:32 (金)

週末の豪雨酷かったですね。
私の所も避難準備まで行きましたが、幸い無事でした。
私はこんな異常気象は今後も続くと思っています。
というより酷く成っていくのでは?

私の子供の頃は夏と言えば30℃超える程度でしたが、今は35℃超える猛暑日が
当たり前のように有ります。
昔は猛暑日なんて無かったんですよ。
今後は40度を超える日も出てくるのでは?って思ってますし、
今回以上の豪雨も有ると思います、

今は衛星からの気象データーで何分後に、どのくらいの雨量があるか?分かる時代です。
地震と違って予想が出来るのですから、事前に対策も立てられるはず。
今回の豪雨をきっかけに、国や市町村は対策を施し、個人は自分の住まいが
豪雨の時にどんな状況に成り、どう対処すべきか考えておくべきだと思います。

豪雨が去ると同時に梅雨も明けたのでジャイロで少し走ってきました。
あれ?セッティングしたばかりの駆動系の変速が変です。
タコメーターを見ていると変速回転が500~700rpmほど落ちています。
変速回転数が下がるってことは、変速が早く進んでしまっているということです。
きっと新しいトルクカムのフェイス角度にベルトが馴染んで変速し易く成ったのでしょう。

トルクカムが変わればフェイス面とベルトの当たりも変わるので、想定できたことですが
通常は200rpm程度なのに対して、今回のRRカムは500rpm以上。
トルクカムは立ち溝に成るほどセッティングがシビアに成ります。

そうそう!私は以前から使用しているシンコーメタル製の柔バネを使っています。
これは2stクレア用よりも柔らかく、縮めても硬く成らない特性の柔バネです。
多摩ピットのショッピングサイトには出ていませんが、これもすでに多摩ピットに
届いています。
欲しい方は直接問い合わせてみてくださいね。

今回のRRカムのインプレですが、私のマシーンの仕様ではこのバネを使うなら
KNトルクカムの直線やNYCトルクカムの直線の方が合っているようです。
トルクカムの溝形状は、パワーやエンジン特性、プーリー、センタースプリングによって
相性が異なりますから、自分のマシーンに合った物を探して使ってくださいね。
このRRカムは、今まで直線溝のトルクカムを使っていたが、変速後半でパワーが足りず
回転上がりを起こしていた、なんて車両にベストマッチしそうです。

そして、ここまでの立ち溝だとセッティングがシビアですから上級者向けの商品です。
中級者までの方は、新発売の柔バネに直線溝のトルクカムを合わせてみてください。
それで変速後半に回転上がりが出るならこのRRカムを試すようなステップが良いと思います。

それでは本題です。
今回のRRカムのWRセッティングですが、皆さんの車両よりWRが軽いと思われます。
これはセンタースプリングが違うことと、DLCコーティングのプーリーボスを使用しているため
駆動系のフリクションロスが少ないからです。
それを踏まえて読んでくださいね。

前回のWRセッティングでは4.5g×3と4.2g×3の26.1gでしたが、今回は4.5g×3と4g×3の
25.5g又は、4.2g×3と4g×3の24.6gにしないといけません。
私の車両の変速回転数は7250~7500rpmと低めにセッティングしたいですから
もっと上の回転数でセッティングしたい方は、さらに軽いWRが必要です。
これは寝溝でのセッティングですから立ち溝で柔バネは使えませんね。

そのRRカムからのグリス漏れが無いかどうか?そして冬場に組んだ75マロの状態を
確認するためにメンテナンスをすることにしました。

P_20180711_133509.jpg

ファンカバーを外すといきなり錆が目につきました。
このファンは、つい1か月ほど前に取付けたばかりですが、その時は錆びていませんでした。
今回の豪雨はかなり塩分が含まれていたと思われます。

P_20180711_160248.jpg

ファンとフライプレートを外すと・・・・・
これ、最初は塩かと思ったのですが良く観るとフライプレートのアルミの白錆でした。
どちらにしても酷く成らないうちに外してワイヤブラシで錆を落とします。

次は腰上の状態確認。

P_20180711_133931.jpg
P_20180711_133910.jpg
う~ん。
これを組んでから半年ぐらい、走行距離は2000kmチョットってところです。
私の仕様だとオイルポンプではほんの少し潤滑が足りないので
オイルポンプ+100 : 1 程度の割合で燃料タンクにオイルを入れていたのですが、
100 : 1 では多すぎたようです。
次回は半分の200 : 1 で様子を見てみましょう。

P_20180711_141027.jpg

外したエキパイフランジも分厚いカーボンが着いています。
これも掃除しないとですね。

エンジン自体は快調そのものでしたから燃調は丁度良いと思います。
このシリンダーも5000km走ったので歪みが完全に抜けて本当に良い状態。
これならよほどのことが無い限り焼付かないでしょう。
シリンダーはこのくらい走ると完成です。
皆さんは新品を入れたがりますが、新品は気を付けないとすぐに焼付きます。
購入するなら間違いなく距離を走った中古を補修して取り付けた方が
トラブルが無く、パワーも出ます。
だから当店の中古シリンダーは安く販売していないんです。

もしも焼付いたら新品を買わずに補修に出してください。
原付で5000km走るのは結構大変ですから、また新品を買うとそれだけ長期間掛かります。

外したシリンダーはポート加工して来年の春に取付けようと思います。
今回はヘッドとピストンは掃除して再利用。
シリンダーは予備の75マロを入れました。

ピストンとヘッドのカーボン落としで時間が無く成ったので、駆動系はトルクカムからの
グリス漏れが無いかだけ確認して閉じました。
実はまだWRを購入してないんですよ~

そうそう!トルクカムのグリスですが、今回からシンコーメタルで頂いた
特殊なグリスを使っているんです。
普通の2番グリスのように硬くないので動きが良い。
耐摩擦性能や耐久性は未知数なのでお勧めできませんが、
トルクカムのフリクションロスがかなり低減しているようです。

今後の予定ですが、マロッシシリンダーを使ってのオイルの性能テストを始めています。
ところが予想以上に難しく、試行錯誤しています。
次回のブログでは途中経過に成りますが、試行錯誤の様子を書く予定です。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント