FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

高知キャノピー、フライプレート装着

2018年 06月09日 22:28 (土)

松山も梅雨に入ってハッキリしない天気が続いています。
今日は高知キャノピーのオーナーさんが車両を引き取りに来てくれました。
天気も何とか持ちそうなので、見送りがてらプチツーリングに行ってきました。

三坂ツーリング

距離的には往復60km程度ですが、この三坂峠は標高720mあります。
腰上のドライコーティングして慣らし中のエンジンには、かなり過酷です。
少し心配だったので、この峠を登りきるのを確認しに一緒に走りました。

この三坂峠はバイパスが通っているのですが、自動車専用道路で原付二種では
走行不可なんです。
今回の高知キャノピーですが、シリンダーこそマロッシが入っていますが
キャブは小さい純正だし、マフラーは排圧ですから流石に上りはスピードが落ちます。
一番きついヵ所は30km/h程度まで落ち込みましたね。
次回は楽に峠を走れるようにチューニングしたいですね。

峠を登りきったところで私はUターンしてバイパスで帰りました。
このバイパスは結構なダウンヒル!
今の仕様にしてから初めて全開に近い走行をしたのですが、
気持ち良かったです。

そうそう!ブログでフェンダーインハイパーリバイブとエンジンカウルステーの
ことを書いたのですが、丁度良いタイミング???でkpさんがブログで書いてくれました。

ホンダ ジャイロのエンジンカバーステー強化

いや~本当に助かりますねw
私が催促した訳じゃないですよ。
これでディオキャブを着けてインマニとエアクリを少し工夫すれば
かなり速い車両が出来そうですね。

それでは本題です。
今回の高知キャノピーですが、平地を60km/hで巡航出来るように仕上げました。
60km/h時のエンジン回転数は6500rpm程度に成るよう若干重めのWRを入れました。
ところが今度はエンジンの振動が大きく成ったんです。

純正のクランクは純正ピストンの重さで振動が出ないようにバランスが取られています。
マロッシのピストンはそれより重いのでバランスが崩れて振動が出るわけです。
そして高圧縮にすると爆発力が強く成り、より振動も大きく成ります。
この振動がエンジンカバーのステーを壊すわけです。

昔はボアアップしてエンジンのパワーを上げれば振動が増えるのは仕方なかったのですが、
今はフライプレートで振動を抑えることが出来ます。
しかも、トルクもアップするので一石二鳥です。
そこで今回はフライプレートの装着と調整方法です。

フライプレートの重量は68~70ccなら350gぐらいが丁度良いと思います。
プレートの厚みは5mmです。
ジャイロならポン付け可能ですが、ライブディオの場合はファンカバーを外側に逃がすか
薄いファンに交換する必要があります。

P_20180525_100752.jpg

今回の高知キャノピーはファンも薄いUPSのファンに交換してあるので
350gのプレートを2枚入れることも可能です。

P_20180607_123000.jpg

さて、このフライプレートですが固定用の4つのネジ穴の他に1か所穴が空いています。
この穴の位置を変えることで振動を抑えます。
どうするのか?というと、まずフライホイールに印をつけます。

P_20180607_122946.jpg

今回は分かり易いように上死点に赤鉛筆でラインを引きました。
この上下に有る穴はセンターナットを緩める時にユニバーサルホルダーの
爪を入れる穴で、丁度上死点と下死点にあたります。
赤いラインを目安に12時、3時、6時、9時の4方向にフライプレートを取り付けて走行します。
この4方向で一番振動の小さく成る位置を探すわけです。

一番振動が小さい方向が決まれば、今度は穴を少しづつ大きくして肉抜きを行い
振動が無くなるように調整する訳です。
フライプレートには最初から4.5mm程度の穴が空いていますが、
振動低減が分かりづらい時には6mm程度まで穴を広げてから装着すると良いでしょう。
大きなドリルの刃が無い場合は、何か所も穴を空ければOK。

20180125_2520100.jpg
(すみません!kpさんのブログから画像お借りしました)

ちなみに、これはセンターリブシリンダーの高圧縮仕様ですのでかなり穴が多いですね。
フライプレートの新型は8穴で45度づつ8カ所で試せるように成っていますが、
穴が多いとプレートが軽くなるので私は4穴で十分かな。

ちなみに高知キャノピーは3時方向、6.5mm穴1つで振動が殆ど無くなりました。
これならカウルステーも当分は大丈夫ではないかと思います。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント