FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

ジャイロXのフロント足回りをリード90に変更する

2018年 05月12日 17:58 (土)

まずはお知らせです。
シンコーメタル製の2stオイルですが、お試し価格で販売しております。
お客様からのレポートも頂き、「レスポンスが上がった」「高回転まで回るように成った」など
思った以上に高評価です。
今まで使っていたオイルもワコーズの2CTやヤマハの赤缶など性能が悪い物ではありません。
上記オイルからの変更で入れ替えで体感出来る評価を頂きました。

お試し期間は5月一杯を予定しております。
この機会に試してみてはいかがでしょうか?
6月からは多摩ピットと同じ価格での販売に成りますのでご了承宜しくお願いします。

ここからは本題です。
ヤフオクで購入したステムが曲がっていたのでリード90のステムに交換することにした訳ですが
ジャイロXの場合はリード90やライブディオZXのステムを利用して
ディスク化する人が多いと思います。

私個人的な意見ですが、ミニカー登録までならディオ足の方が良いと思います。
車重も軽いし、ステム本体の重さも全然違いますからね。
ただし、要加工です。
XにZXの金フォークを取り付ける

私のジャイロXの場合は釣りに行くのに荷物も積むし、ツーリングや高速走行も
するので安定性重視でリード足にすることにしました。
まずは購入したフロント部を組み立てて不具合が無いか確認します。

P_20180512_090139.jpg
P_20180512_090130.jpg
P_20180512_090105.jpg

ガタも無いし、今度はセンターもバッチリです。
今度はハンドル側の確認です。

P_20180512_090950.jpg

あらら!目一杯内側に寄せてもブレーキレバーが5cmほどはみ出してしまいます。

P_20180512_091002.jpg

バーハンに変えれば問題無いのですが、カウルのステーと干渉してしまい
ステーを削っても入りそうも無い。
そして、ミラーのステーも付いていないので、ハンドルには
ブレーキマスター、ミラーステー、ハンドルスイッチ、スロットルコーンの4つが必要です。
どう考えてもリード90のブレーキマスターは使えません。

そこでいろいろ調べた結果アドレスV125のマスターと武川のスイッチ付スロットルコーンを
使うことにしました。
V125のマスターシリンダーは縦置きなのでカウルステーに目一杯寄せられますし
ミラーステーも付いている。
そして、武川のスロットルコーンは薄型ですから何とか成るでしょう。

後半に続く
ハンドル周りは何とか成りそうなので、今度はバラしながら各部の
傷み具合を診ていきます。

P_20180512_125614.jpg

ホイールは塗装が剥げてきていますね。
そしてディスクローターは完全に凹んでいます。
摩耗と言うより、旋盤で削ったぐらいの勢いです。
これは表面を削っても薄く成ってしまうので交換です。
どうせならフローティングディスクを入れましょう!

知らない方も多いと思いますのでフローティングディスクについて説明します。
普通のディスクローターは1枚の円盤状の金属で出来ています。
フローティングディスクは内側と外側の2枚の円盤をフローティングピンで繋げた物です。
内側の円盤と外側の円盤では力の加わる方向や熱の発生などが異なります。
それを2枚の異なる円盤を使うことで、丈夫で放熱も良く、歪みを出にくくした物が
フローティングディスクです。

このフローティングディスクですが、乗用車で入れるとフロント左右で20万ぐらい掛かります。
1枚10万円もするので手が出ないのですが、原付用は安い!
中には歪みが出る粗悪品も有るようなので出来るだけ高い物を
購入すれば間違いないでしょう。

P_20180512_125826.jpg

あはは~、ディスクローターが削れる訳です。
ブレーキパットは全く無く、土台で制動していたみたいですね。
パットは純正を予定していましたが、ローターをフローティングにしたので
ブレーキタッチに定評が有るデイトナの赤パットを入れることにします。

写真を観るとパットを落ちないようにするピンも真っ赤に錆びていますね。
キャリパーもフルオーバーホールが必要かも知れません。

P_20180512_130436.jpg

ブレーキがこんな状態じゃ~ホイールベアリングも交換した方が良いですね。
6201の片シールドベアリングが左右で2つ必要です。
純正よりも性能が良い、非接触のタイプを使う予定です。

タイヤですが、リード90は100/90-10、ジャイロは3.50-10です。
この2つは外径はほぼ一緒なので今使っているタイヤに入れ替えます。

ここまでで必要なパーツを購入することにします。
フローティングディスクローター  10,584円
武川 スロットルホルダー   812円
アドレスV125用ブレーキシリンダー  2000円(ヤフオク) 
デイトナ 赤パッド  3,121円
ホイールベアリング  1050円(2個) 
この他にブレーキフィールド約1,000円、クラッシュワッシャー約200円、
ブレーキパットグリス約450円を加えると19,000円オーバー。
上記には送料や振込手数料が入っていないので約2万円掛かりますね。

ステム購入金額はもちろん、ステムとブレーキのオーバーホールは別に
ホンダ純正部品を購入するので25,000~30,000円は掛かる計算ですね。
次回はリンクサスとブレーキキャリパーのオーバーホールです。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ディオ足なら!

2018年05月13日 18:58

ステムはディオ50系や60系で使用されてる
凸型のステムがいいです!ポンですし
(ヤプオクとかで見てねw)

それでもフロアのとこを
穴が少し開くくらい切らないと?
削らないとステムが当たってきて
ハンドルがストッパーまで切れませんが
フロントキャリア側の
カウルには当たらなくなりますよ

Re: ディオ足なら!

2018年05月14日 19:47

ぇっちんさん

情報ありがとうございます。

やはりリンク式サス以外はカウルの小加工が要るんですね。
まあ、ハンドルを目一杯切ることは稀なので、切れ角が減っても良い人は
ハンドルストッパーをカウルに当たらない位置に延長加工して着けるのも手かも知れませんね。
ディスクブレーキにアルミホイールのスマートDIO-Z4あたりのステムがジャイロXには良いかも。