FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

春のロングツーリング仕様 part3

2018年 02月16日 01:25 (金)

やっと寒さが緩んできました。
この冬の寒さは全国的だと思っていたのですが、四国・九州は寒いし
北海道は暖冬らしいです。

セッティングを兼ねて釣りに行ってきました。
水温も下がって水も澄んでいそうなのでコマセの配合エサは白系ベースにしました。
クロダイ用の配合エサには大きく分けて赤系と白系があるんです。
使い分けですが、昔は赤系は赤土を混ぜた物、白系は砂を混ぜた物ですから
赤系は重く沈下速度が早いので深場や潮の流れが速い時に使い、
白系は浅場や潮の流れが緩い場所で使うのがセオリーでした。
今は白系でも沈下速度が早い物もあります。

私的には澄んだ潮の時や冬場は白を使いますね。
この配合エサは出来れば数日前に作っておくのが効果的なんです。
というのも、クロダイは発酵した撒き餌の方が好みます。
昔は納豆などを入れて早く発酵するようにしていましたが、今は配合エサに
酵母菌が入っていますね。
昔、ヌカを使っていたのも早く発酵するからなんです。

そして、今回はチャーハンを入れませんでした。
代わりに使ったのが、インスタントラーメン!
乾燥した麺をバリバリと手でバラして入れてみました。
水を多めにして混ぜやすくして作り、一晩置くと麺が水分を吸って撒き餌が絞まりました。

使った感想は、餌取りが多い時期だと底まで持たないかも。
そして、沈下速度が遅いので潮の流れが早いと使えないと思いました。
で、釣果はこんな感じ。

P_20180214_170200.jpg

一番大きいのが48cm、小さいのが43cmぐらいです。
冬なので大きいのを期待したのですが、3匹で5kgぐらいですかね。

そうそう!餌ですが、今はある餌メーカーのプロトタイプを使っています。
これはトーナメントや大型魚を対象にした開発中のエサで内容は極秘ですw
秋ごろから使っているのですが、アベレージサイズが5~10cmほど上がりました。
普段からいろんな餌を試しているんです。
たとえばコンビニで売っているこんな物も・・・・

P_20170917_113144.jpg

これは実際に効果があった餌です。
にんにくは餌取りに強く、タコは産卵後の回復期に好んで捕食する餌です。
もちろん、洗ってから使いましたよw

それでは本題です。
とりわけ書くことが無いのですが、書き忘れたことと小変更を少し。
今回は2stオイルをどうしようか?迷ったのですが、今までと同じじゃ芸が無いので
少し変えてみました。

オイルポンプは無加工でワコーズのV2Rをオイルタンクに入れました。
V2Rは硬めのオイルで純正のポンプでは適正量を出すことが出来ません。
そこで、上記に加えシンコーメタルのオリジナルオイルを100~150:1で燃料に混合して
足りない分を補えるようにしました。

そして、キャブレターを小加工

P_20180215_143441.jpg

と言っても、オーバーフローのドレンホースを太い物に変えただけです。
これはジャイロの欠点の一つで、普通のバイクはコーナーを曲がるときに
車体を傾けるとキャブレターも傾いて油面は常に平行に近いのですが、
ジャイロは遠心力の影響で油面も傾いてしまいます。

そうすると、このオーバーフローのホースからガソリンが出るのですが、
パイプが細いと一時的に詰まりが発生してエンジンが止まってしまうんです。
まあ、公道では起こりませんがサーキットで横Gが大きく掛かってしまうと止まる。
前回のスリミでこれが出たので今回は対策をすることにしました。
太いパイプはそのままでは着かないので、取り付け部だけ細いパイプを噛ませて
その上からかぶせてあります。

現在は二次圧縮を10kg/㎠にしてありますが、今後のことを考えて高圧縮対応の
ロングベアリングに変えることにしました。
ってことで、ピストンを外します。

P_20180215_111814.jpg

やっぱり、10kg/㎠までなら純正ベアリングでも問題無いですね。
ピンも手で抜けましたし、焼き付きでの変色はもちろん、変摩耗もありません。

以前、ブログで紹介したように強化タイプのワイドベアリングは無加工では入りません。
ピストンのピンガイドを削って収まるように加工しました。

P_20180215_123343.jpg

これで15kg/㎠までは大丈夫だと思います。
後はキャブセッティングとWRの調整、クランク角の決定ぐらいですかね?
ちなみに現状のキャブセッティングはSJ50、MJ132、PJ40ってところです。
今後、クランク角を変えたり、圧縮を変更すると多少変わるかも知れません。

そして、点火も変更しました。
ゼロの銀箱CDIの3番です。
ジャイロはこのCDIでかなりパワーアップしますが
販売終了なので中古しか手に入りません。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2018年02月16日 09:26

連続の書き込みで失礼します。
ゼロのCDIについて教えて下さい。
私のキャノピーは中期エンジンなので前波整流(直流化)しないとつけられないのですが、ゼロのCDIは入手済みです。前回のブログからゼロ銀箱の2番とか3番とかと書かれていますが、CDIを見ても切り替えのスイッチ等見つかりません。CDIそのものに番手があるのかそれとも何か番手を切り替える方法があるのか、その辺りを教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。
それと、どなたか読書の中にジャイロの全波整流について詳しい方はおられないでしょうか?大体のことはわかっているのですが、整流後、ヘッドライト等に電気を供給するためにアクセサリ電源をどこかに繋がないといけないようなのですが、その辺がよくわかりません。情報頂ければ大変助かるのですが...。

Re: タイトルなし

2018年02月16日 22:22

コジコジさん、こんばんは。

ZEROの銀箱CDIは余分な線が4本有って繋ぎ変えることでマップを変更することが出来ます。
何も繋がない時が1番、赤白+黒を繋ぐと2番、青白+黒を繋ぐと3番、全て繋ぐと4番です。

CDIは全波整流にしなくても使えます。
その代わり中期の場合、ACC電源(キーON電源)を見つけてCDIまで引いてくる作業が必要です。
配線は15年7月3日の記事を参考にすればOKです。

全波整流の方法ですが、知っているので教えることは可能ですが、HIDライトを入れないなら不要です。
今は省電力のLEDが有りますからね。

2018年02月18日 03:18

やんちゃ親父さま
早速の情報ありがとうございます。
ゼロのCDI、確かに4本余分な線がありますね。
直流化も部分的で良いとのこと、大変助かりました!
次の週末に試してみます。
エンジンの振動対策もかなり効果が出てきましたよ。
なにせいじる時間が無いので、通勤に使う度セッティング変えて試して楽しんでます。

Re: タイトルなし

2018年02月19日 23:25

コジコジさん、こんばんは。

社外CDIは高圧縮チューニングには、かなり危険ですので
自己責任でお願いします。
デトネーション起こしたらエンジン終了ですから。