FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

ジャイロキャノピー中期エンジンのレストア part2

2018年 01月30日 00:02 (火)

寒い日が続いていますね~
こう寒いと釣りに行く意欲もありません。
私は16才ぐらいからクロダイのウキフカセ釣りをやっています。
元々は東京の東部に住んでいて、千葉に釣りに行くことが多かったですね。

愛媛の松山に来てからは釣り場が近いので頻繁に釣りに行くように成ったのですが、
関東に居た頃とは釣りが全然違うんですよ。

首都圏は釣り人が多いので良いポイントには釣り人が集まるんです。
攻める範囲が狭くて自分の目の前で釣らないといけないわけです。
だから、いかに自分の前に魚を寄せて釣るか?が焦点に成るので
状況に応じての集魚剤のチョイスが上手いんです。

ところが、四国に来たら釣り人が少ないので良いポイントを独り占め出来ます。
集魚剤なんて殆ど気にしない。
左右に人が居ないので流して釣ることが出来るんです。
だから、いろんな釣法で攻めています。
全誘導、沈め、全層など、いろんな釣法が生まれたのも納得です。
そして、魚影も濃いので魚とのやり取りをする機会が多いので、
魚との駆け引きは圧倒的に上手い人が多いですね。

だから、首都圏で釣りをしている人が、こっちで釣りを数年したら地元の人にも
まず負けないですよ。
私も松山で釣りをするように成って3年経ちましたが、最初は糸を切られたり
竿を折られたりしましたが、今では55cmぐらいまでだったら問題無く
釣り上げられるように成りました。

現在のアベレージは45cmぐらい。
去年の下半期は松山だけで50cmオーバーの年無しが8枚という結果でした。
チヌ釣り大会にも参加させて頂いたのですが、3枚の総重量が6.5kgで優勝でした。
まあこれには釣りのスタイルやエサの使い方などが大きく変わったのもありますけどね。
釣り雑誌にも大きく写真が載ったようですが、私は観ていないんですよ~w

今後は釣りの記事も少しづつ書いていこうと思ってます。
それでは本題です。
今回の中期キャノピーのエンジンですが、ケース自体は歪みも無く
凄く良いんです。
ただ、残念なのが1度オーバーホールされていて、ずさんな組まれ方がされていた。
特にベアリングが下手くそな圧入だったのでは?と思われるんです。

P_20180118_142019.jpg

ベアリング装着部には傷があります。
斜めに入れて無理やり叩き入れたのでしょう。
私はペーパーで馴らしてから熱膨張で入れたのですが、奥まで入っていないような
感触だったので、仕上げにプレス機で加圧しました。
ギアボックス内のベアリング装着部も同様でしたので素人が行ったベアリング交換
かも知れないですね。

クランクは台湾製のノーマルタイプでしたが、クランク軸の精度は
左右共に1.5/100でしたので良い精度のクランクです。

そして問題のキックギアとの干渉ですが、これを観てください。

P_20180126_211245.jpg

左がジャイロ後期のフライマリーフェイス、右はライブディオZXのフェイスです。
ジャイロとZXの可変変速比は同じで、ベルトも品番統一で同じ物に成っています。
だからプーリーなどは、よく流用されますよね。
だったらフェイスも流用可能なはずです。

違いはキックギアとの噛み合わせ部の形状と高さです。

P_20180127_151035.jpg
P_20180127_151050.jpg

今度は上がZX、下がジャイロです。
ZXの方がキックギアまでの高さが低いのが判りますか?
写真では判りづらいのですが、約1mmぐらい低いのでこれならキックギアと
干渉しないのでは?って思っていたんです。

そこで組み上がったエンジンにZXのプライマリーフェイスを装着してみました。

[広告] VPS


問題無いですね。
後はエンジンを装着して実走でキックがしっかり噛み合えば良いのですが、
もし、キックギアの噛み合わせが甘くて滑るようなら、プーリーを装着する前に
0.5mmほどのシムを入れれば対応できるはずです。

今までは中期エンジンに後期のクランクを入れた時には、プライマリーフェイスと
キックギア一式を後期の物に入れ替えなければいけなかったのですが、
ZXのフェイスに変えるだけでポン付けが可能に成りました。
フェイスは税抜3090円ですから大した出費じゃないですね。

このエンジンですが、エンジン自体は処分予定だったのでただです。
ですので、余分なパーツは取り付けないで格安で販売したいと思っています。

腰下オーバーホール(ベアリング、オイルシール等部品代込み)  30,000円
ギアBOXオーバーホール(ベアリング、オイルシール等部品代込み) 10,000円
台湾クランク、ZXフェイス(送料込み)                    15,000円
オイルポンプオーバーホール、ギアオイル              サービス
これで55,000円なら格安ですよね。(税抜)
フライホイールとコイルは今着いている物を移植すればキャノピー前期、中期、後期
に装着できます。
腰上と駆動系は、移植しても良いですし、別途オーダーも可能です。

エンジン自体は私のメインエンジンより良いと思いますから100km/hまでのチューニングなら
問題無さそうです。
数日中にショッピングサイトにUPする予定ですが、売れなかったら私のXに取り付けようかな?
私の今着いているサブエンジンより全然良いと思っています。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2018年02月02日 08:42

親父様の所は海が近いんですね
僕の住んでる所は島根県の県境に近い所で、釣りに行くのは、やはり山陰が多いですね

今までほとんどやった事が無かったのですが、今年は本格的にフカセ釣りをやってみようかと思ってます

先日のディオですが、エンジンもですが、まず、オイルチェックランプの配線も確認してみなくてはと思ってます
あれこれチェックしながら部品も調達してみようと思います

こんばんは~

2018年02月05日 22:27

ウルトラマンボーイさん

海は原チャで15分掛からないぐらいですね。

メーターのマメ球も全部新品に変えると安心ですよ。