FC2ブログ

02月 « 2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

ジャイロ補修用50ccのポテンシャル

2017年 11月20日 23:22 (月)

寒く成ってきましたね~
温かい愛媛でも朝の最低気温は5℃くらいです。

マロッシシリンダーが入荷したのでショッピングサイトにアップしました。
写真は後程アップする予定です。
排圧マフラー用とチャンバー用の2種類に成ります。
すでにマロッシシリンダーを装着している方は中古のシリンダーを加工することも可能です。
(素マロに限る)

さて、フルチューン68マロから補修用の50ccシリンダーに載せ替えたエンジンですが、
二次圧縮を計ると6.5kg/㎠しかない。

P_20171114_163141.jpg

純正ヘッドを着けての計測です。
面研ヘッドを持っていたはずなので探してみたら見つからない。
面研するのは面倒なのでデトネリング入りのシンコーメタル高圧縮ヘッドを着けました。
計ると6kg/㎠ですので、ロングリーチ分を考慮すると実質8kg/㎠です。

さて初始動ですが、セルを回すがエンジンは掛からず。
アクセルを吹かしながらやっとエンジンを掛けましたが吹かしていないとエンジンが止まります。
やはり、キャブセッティングは必要ですね。

後半に続く
キャブセッティングは68マロ改の慣らしでの暫定セッテングでした。
PE20、ビッグマニ、カーボンリードバルブ、パワフィルでキャブセッティングは
SJ52、MJ92、PJ50でした。
SJを55番に変えたらチョークを引けばエンジンは掛かります。
それ以上の番手は持っていないので、SJ55、MJとPJはそのままで南海部品に
試乗を兼ねて走ります。

すると、あっという間にヘッド温度計が170℃を超えました。
MJも上げないと駄目ですね。
途中で休んで温度を下げながら南海部品に着いたのですが・・・・・
大きいSJが売ってない。

仕方ないのでアマゾンで注文してキャブセッティングは一時おあずけです。
MJは105番を着けたところで「タクトZXさん」が補修したエンジンを引き取りに来たので
乗ってもらいました。
前回は68マロ改を積んでいた時に試乗してもらったのですが、50ccに載せ替えたことを
知らせずに乗ってもらったんです。

感想を聞くと「前よりトルクフルに成りました?」ですって(笑)
私の感想は、「やっぱり50ccなのでパワーが足りないな」って感じです。
こう書くと遅いように感じると思いますが、皆さんが乗ったらビックリすると思います。

今回の補修用シリンダーはノーマルポン付けでも使えますが、PE20でも簡単ににセッティングが
出せて、ハイパーリバイブを使えます。
つまり、吸排気の能力は素マロ以上あります。
そして、デカタイヤ+2丁UPハイギアでもトルクフルと感じるほどの発進が出来る。
実はノーマル車両からハイエンドのチューニングまで対応できるように
作りこんだシリンダーなんですよ。
ちなみに駆動系は68マロ改から変更無しですからね~

数日でキャブセッティングを終わらせ、駆動系も少し弄るつもりですが
大幅なセッティング変更が必要無いかも知れません。
300kmほど慣らし走行したら前回の68マロ改と同じように動画を撮る予定です。

現在、趣味でジャイロに乗っている人の8割はミニカー登録していると思います。
ところが、重い車両で速度制限の60km/hまで、すんなり出る車両は少ないんです。
この「すんなり60km/h」って50ccでは意外と難しく、ボアアップして乗っている人が多い。

でも、正統派の人は「50ccで頑張って速くしたい!」っていう方も結構います。
5年前は難しかったジャイロチューニングも、今は50ccでハイギアが使える時代です。
ところが、かんじんのシリンダーが無いので、「作ってみようか~」って言うのが
今回の試みです。

寒い時期ですので慣らしも多少時間が掛かりますが、頑張って走りたいと思います。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年11月21日 00:50

やんちゃ親父様
お久しぶりで~す。
カスタムは滞ってますがこちらは欠かさず見てます(^^)。

50ccシリンダー興味沸きますね。「すんなり60km/h」はかなりそそります。自車は圧縮圧が落ちた(?)からか出足のパンチが弱くなった感じがしてますが、最高速はなんとか70超えてますので及第点です(冬場は条件がよくても75は出せないのであきらめてます)。

そこでお聞きしたいことがあります。ピストンリングの寿命ってどれくらいなんでしょうか(何キロ位でとか)。仮に限界を超えて使用してるとどういう症状がでるのでしょうか(走るけどヘロヘロとかw)。

こんばんは~

2017年11月22日 02:50

7UPさん、コメントしばらくです。

「補修用シリンダー」って、名前が悪かったからか、あまり売れないんですよ~
シリンダー単体ではパワーアップしないので補修用にしたのです。
でも、「こんな可能性があるよ~」ってことで、今回はブログで紹介しています。

ピストンリングの寿命ですが、乗り方や使い方によって異なります。
腰上を開けてピストンのリング下に圧縮漏れの黒いススが着いていたら交換した方が良いですね。
リングはシリンダーとの摩擦で減って薄く成ります。
圧縮が漏れ、ピストンが首を振るのでエンジン音も大きく成ります。
当然、限界を超えるとリングが折れます。

No title

2017年11月22日 09:27

お忙しい中ご回答ありがとうございます。

「ピストンのリング下に圧縮漏れの黒いスス」
これが一つの目安なんですね、でも確認にはシリンダーを外さないといけないってことです。ん~そろそろ腰上くらいはトライしてみようか・・・・。エキパイのめんどくささがネックでためらってしまうんですUPの場合(笑)
整備したらご報告しまっす。

※こちらへの返信は不要です。

ポート加工について

2017年11月24日 15:27

お久しぶり、本当に外での作業がツライ時期になりましたね。
最近、ポート加工の記事が多いので、くだらない質問良いですか?
排気ポートを拡大加工した場合、エキパイとの接合部分のガスケットはどうされてるのでしょうか?
私はエキパイに合わせて26ミリくらいに拡大加工したのですが、付属のガスケットは、たしか内径が21ミリぐらいだったと思います。
私は、ガスケットなしで液ガスを塗ってネジ締めです。
何か良い方法か、あうガスケットがあるのでしょうか?

Re: ポート加工について

2017年11月24日 22:18

ジャビットさん、しばらくです。

エキゾーストガスケットですが、無ければフランジ部に段差が残ってしまいます。
私はアルミの内径26mmの物を業者に依頼して作っています。
希望があれば販売しますが、今まで無かったので・・・・
まあ、多摩ピットでも販売していますからね。

2017年11月25日 11:43

早速の回答ありがとうございます。
やはり、段差あると良くないですか…
そのような商品あるとは知りませんでした。さすが、たまピットさん。
また、特注で作られているのもすごいです。