FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

走行動画比較

2017年 10月30日 17:00 (月)

なぜか今年の台風は必ず週末に来る気がします。
おかげで釣りにも行けないです。
釣りもバイクも考え方が似ている点が多いんです。
どちらも楽しむためには安全が最優先です。

ところが、勘違いしている部分も多い気がします。
たとえば、原付のチューニングをするとスピードレンジが上がります。
ブレーキやサスペンションなど足回りを強化するのは良いのですが、
ブレーキー練習はする人が少ないんです。
皆さんは高速域でパニックブレーキを掛けた時に車両がどんな挙動をするのか、
体感していますか?

私のジャイロは60km/h以上ではフロントがロックすると転ぶ危険が増すので
タイヤも変えましたし、サスも交換しました。
今は80km/hからのブレーキロックでも車体は横に流れますが、転倒はしません。
ジャイロはエンジンのバランスの関係で必ずリアが右に出るんです。

釣りも同じでライフジャケットを身に着ける人が増えました。
ところが、万一海に落ちた時にどうするか?考えていない人が多いんです。
ライフジャケットが有るから大丈夫は、ブレーキを強化したから大丈夫と一緒で
ライフジャケットの3倍以上の浮力があるボードを持ったサーファーでも時には命を落とします。
釣り場に入ったら落ちた時の対処を頭に入れてから釣りを始めることが大事なんですね。

よくニュースで観るのが、子供が海に落ちて父親が助けに飛び込んだが、
親子共に亡くなるケースです。
泳げない方は、まず飛び込んだりしません。
泳げる父親が何故、亡くなってしまったのか?
亡くなった方の殆どが、積んであるテトラポットから上がろうとした結果なんです。

サーファーの方はご存じだと思いますが、テトラは高波を止めるものであって
潮はテトラの中を流れるんです。
その流れは強力でライフジャケット程度の浮力では簡単に吸い込まれてしまいます。
でも、釣り人は意外に知らない人が多いんですね。

バイクでも釣りでも、原理を知ることは大事だと思います。
それでは本題です。
前回書いたようにテストコースで動画を撮ってきました。
と言っても、比較するものが無くてはどんな感じか判らないと思いますから
過去にブログに載せた動画を先に紹介します。

ロケーションはどれも松山市内の同じ場所でトンネル前半は、ほんの少し上り
後半は、ほんの少し下りの1.2kmほどのトンネルです。
まずは、過去に当店で販売したライブディオZXのテスト走行の動画です。
仕様はレストア済みエンジンに大口径プーリーを入れた駆動系チューニングのみの車両です。

[広告] VPS

60km/hまで13秒ぐらい、80km/hまで30秒ってところですね。
そこから上りが終わると85km/hぐらいまで伸びていきました。
これはCDIが純正のなのでリミッターに当たっているのでこれ以上伸びない。

でも、社外CDIでリミッターを解除してもノーマルマフラーですから殆ど変りません。
ライブディオZXはエンジンチューニングやマフラー変更しなければ
リミッターを解除しない方が良い気がします。
ボアアップしたらハイギアを入れる方が乗り易く快適な車両に成りますよ。

次にジャイロにマロッシボアアップキットを入れた車両です。
これは私の車両でノーマルタイヤ、大口径プーリー、台湾マフラー、
吸気はディオキャブに純正エアクリ改です。
ですから、ジャイロの一般的なチューニング車両に近いと思います。

[広告] VPS

60km/hまでは18秒ってところです。
そこから下りに入って、やっと70km/h出るかどうか?って感じですね。
もっとしっかりした下り坂ならオーバーレブでもう少し伸びるでしょうが、
排圧マフラーは8000rpmまでって考えた方が良いです。

この仕様にリバイブを合わせれば500~1000rpmは余計に回ると思います。
でも、ジャイロはビジネスバイクでローギアですから大きいタイヤを履かせたり
ハイギアを入れた方が良いと思いますよ。

さて、次は今の仕様です。
上の動画の仕様に165のタイヤと2丁アップハイギアを入れてあるので、
ノーマルタイヤに2.5丁ハイギアを入れたぐらいのギア比だと思ってください。
そしてマフラーはハイパーリバイブ、吸気はPE20にパワフィル自作カバーです。

[広告] VPS

前の2つの動画はガラケーの手持ちで撮ったのですが、今回の動画は
ホルダーを着けてスマホで撮っています。
判り易いように撮影開始から5秒後に発進させました。

スタートから7秒ぐらいで60km/h、15秒ぐらいでメーター振り切りの80km/hに到達します。
上りでの伸びはそこから5km/h位じゃないかな?
まだ慣らし中なので、ヘッド温度計が170℃に成ったところでアクセルを戻しました。
アクセルを戻す前は、すでに下りに入っていたので速度は90km/h前後じゃないかな?
そのうちフルスケールのメーターが欲しいですね。

このシリンダーはピストンクリアランスを箱出しより2/100mmほど広く取っているので
慣らしが完全に終われば190℃を超えても大丈夫だと思います。
シリンダーが完全に出来上がるのは1000kmぐらい掛かるので、今は全開時間を
徐々に長くして、ヘッド温度を見ながら走っています。

今回は68ccの低圧縮なので2丁アップのハイギアにしたのですが、10kg/㎠なら
2.5丁ハイギアでも良さそうですね。

このマロッシSPチューニングシリンダーの問い合わせが増えてきています。
販売ですが排圧マフラー用とチャンバー用の2種類を考えています。
価格は排圧マフラー用が30,000円、チャンバー用が35,000円ぐらいに成りそうです。
予約は受け付けていますが、販売価格と販売開始時期が決まるまで待ってくださいね。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント