09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

今後の原付を楽しむために

2017年 09月11日 01:46 (月)

皆さんは年間でどれぐらいの距離を走行していますか?
通勤に使っている人は、かなりの距離を乗りますし、趣味で乗っている人は
数千kmですかね?

私の場合は年間で1万km以上は走ります。
それも重い荷物を積んでw
チューニング車両ですので各部の消耗もそれなりにあります。
ベルトは半年ぐらいで交換ですね。
そして、とうとうフロントフォークが寿命のようです。
伸び側も縮み側もストロークが減ってしまいました。

もともとジャイロは商用車ですので、フロントに荷物を積むXとUPは
荷物を積んだ時に縮み側に負荷が掛かり、ブレーキング時には伸び側に
負担が掛かるように成っています。
こうすることで、サスペンションの負担を減らしているわけですね。

yakuruto.jpg

これは街で見かけたヤクルトのジャイロUPですが、荷物満載ですね。
ジャイロXの場合は前はカゴで無く、キャリアが着いていますから
前にも荷物を満載します。

ということで、フロントフォークを交換しようと思ったのですがジャイロX・UPの
フロントフォークって社外でも出ていないんです。
無いなら汎用のサスペンションを改良して作るしかない。
どうせ作るなら、好みに合わせて減衰力を変えられる方が良いですよね。
ってことで、今は準備中です。
完成したらブログでUPしますね。

私は他の人よりも遠くまでジャイロを走らせます。
道中のトラブルも心配なので、バイクのロードサービスについて調べてみました。

まず、一番有名なJAFですが、1年間で6000円掛かります。
結構な出費ですね。
任意保険に付加されるタイプもありますが、レッカー代が掛かったりするみたいです。
そこで、クレジットカードに付加されるロードサービスが有ることを知りました。

調べた結果、これなら良いんじゃない!と思ったのがオリコカード。
ライダーズアシストUPtyというカードです。
年会費は安いし、無料保障の内容も一番良いのでは?
これなら、カードは使わなくても作っておいて損は無いと思います。

それでは本題です。
ホンダのモンキーという50ccのバイクを知っていますか?
このモンキーは発売から50年間愛されてきた4stバイクですが
先月で生産が打ち切られました。
一番の理由は来年からの排ガス規制への対応が難しく成ったからです。
新しい排ガス規制の基準は現在の約半分の規制値まで落とさなければいけない。

ガソリンの量を押さえればパワーは減ります。
それでなくても、今のスクーターはF1仕様で燃料が絞られていてパワーが無いのに
これ以上、ガソリンを減らせば何馬力出るのでしょうか?

技術的には問題はありませんが、コストがカギに成ります。
たとえば原付一種をハイブリッド化すれば良いのですが、
4stディオが40万、50万円だったら買いますか?って話しです。

この話しはモンキーだけじゃないんです。
今も原付一種は減り、二種が増えていますよね。
今後、原付一種は、ごく一部を除いて無くなると私は思います。
国も普通免許で原付二種が運転できるように用意を始めています。

するとどうなるのか?
皆さんの乗っている2stスクーターが一番遅い車両に成る。
遅い車両って、他のドライバーには邪魔扱いされますよね。
そう成らないようにするには、今の原付二種以上の動力性能を
持つ必要があると思うんです。

ですので、時間があればテストを繰り返して、いろんなパーツを試している訳です。
お客様から要望があったジャイロ用のボアアップシリンダーも発売予定です。

当店の商品は今まで上級者向けの商品ばかりでした。
たとえば、変速拡大加工済みのセカンダリーですが、
変速拡大してあるだけではありません。
フリクションロスを低減するための工夫が盛り込んであります。
ですので、分解メンテナンスをしたり、トルクカムを変更するだけで
再加速が出来なく成ったり、回転下がりを起こしたりします。

でも、今度のシリンダーは初心者から上級者まで使えるように作ります。
低圧縮から高圧縮まで、トルク重視から高回転までカバー出来る。
排圧マフラーからチャンバーまで、レベルや仕様に応じて使えるシリンダーです。

詳しくは、来週私のエンジンに載せてからブログにアップしますが、
ちょっとだけ試作品の写真を載せますね。

P_20170908_174512.jpg
P_20170908_174524.jpg
P_20170909_181334.jpg

どんな走りに成るか?
楽しみにしておいてください。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2017年09月13日 10:23

土曜日の仕事帰りにスクーターのエンジンが急に止まってしまい、電気系のトラブルだろうと思いました。
再始動もすぐ出来、やはりすぐエンジン停止
3度目におかしいと思い、オイルを確認すると、2ストオイル切れでした。
メーターにランプが付かず分かりませんでした。
昨日オイル補充し、エア抜きを行い、また、時間を見つけてオイルランプの確認をしてみます。
今回は原因が早く見つかって良かったです。
時間を見つけてエンジンも一度はぐってみなくてはと思ってます。

ライブディオクランク

2017年09月14日 00:45

ブログを拝見しました。
目からウロコなことが多く大変勉強になりました。
zxでない97'中期ライブディオを改善しようと考えています。
駆動系のクランクシャフトをさわるとガタがあります。終了しているようです。
相談させて頂きたいのですが
台湾クランクへ交換するとzx用のため2mmほど長くなり、キックやLケースとの干渉が問題になるのでしょうか?
以前の記事からすると似た状況のお客様がおられたようですが、そのあたりの調整箇所が読み取れませんでした。
zxのベースエンジンを購入した方がいいのでしょうか

もう一点疑問なのですが、ホンダ純正オイルの質です。3種類 gr2 superfine 2superありますが、すべてよろしくないのでしょうか?

こんばんは~

2017年09月14日 01:48

ウルトラマンボーイさん

2stエンジンはオイルが要ですから、切らしたのは非常にまずいです。
オイルが切れると腰上は元より、クランクベアリングやクランク大腿部、
小端部のベアリングもダメージを受けます。

腰上を開けてシリンダーやピストンの傷の有無を調べてください。
爪に掛かる傷が無くてもピストンリングは交換した方が無難です。
傷が酷い場合、ピストンを外して診てください。
ピストンピンが抜けづらい時にはピンとスモールエンドベアリングも交換です。

ここまでは最低限必要と思われますが、出来れば腰下の各ベアリングや
クランクもチェックしたいところです。


ちゃるめろさん

ライブディオにZXのクランクを入れる場合ですが、プーリーボスの長さの違い分の約3mmの
スペーサーを駆動系を入れる前に挿入して対処します。
ZXクランクの駆動系装着部はディオ用より約3mm奥まっているんです。
ですので、そのまま取り付けるとキックギアが干渉するのでは無く、届かなくなります。

そして、純正のクランクと台湾クランクを比べると駆動系装着部が約0.5mmぐらい違いがあるんです。
どちらにしても寸法をしっかり計って、スペーサーを0.1mm単位で特注で作って対応出来ます。

駆動系をZX仕様にしたい場合、セカンダリーも違いますし、そのシャフトも
クランクシャフト同様に違います。
そしてギアボックス内のギア比も違います。
今のエンジンをZX仕様にするのも、ZXエンジンを新たに購入するのも
同じぐらいの金額が掛かると思います。

ホンダの2stオイルですが、他社に比べて良くないですね。
私の感覚では、ホンダの一番グレードの高いオイルでも、ヤマハの青缶以下の性能です。
ホンダの2stバイクはレーサーを除くとスクーターとNSRだけなんですよ。
スクーターは1万kmで乗り換えの消耗マシーンの位置付けですから、その性能で十分との判断でしょう。
私は消耗品の位置付けマシーンを乗り続けるにはより高いグレードのオイルが必要と考えています。

感謝

2017年09月14日 05:53

わかりやすく教えて下さりありがとうございました。納得しました。
オイルの違いは販売方針の違いとも言えそうですね。カストロールは問題外ですが、性能はある程度値段に比例するということですね。何ごとも安いのには理由があるということかもしれません。
一般レベルではオイルの評判、噂、宣伝をとにかく信じるしかないのが悩みどころです。