09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

マッハ 400SSのドライコーティング(2)

2017年 08月29日 23:30 (火)

コメントで頂いたスクーターの駆動ベルトについて少し書きますね。
まずファンベルトの形状ですが、下記の写真のように薄くて断面は長方形のベルトです。

fanbelt.jpg

これはベルトの内側の面がプーリーに接触するベルトです。
自動車のファンベルトは溝の有るプーリーでベルト側にも、
その形状に合わせて溝があります。

draibubelt.jpg

対して、スクーターのドライブベルトは厚みが有り、断面は台形をしています。
プーリーと接触するのは面では無く、ベルトのサイドウォール両面に接触します。
ですので、スクーターのベルトはサイドウォールの材質や角度が重要に成ります。

そして、内側の波を打っている形状ですが、スクーターの駆動系は
発進時にはプーリー側が、最大変速時にはセカンダリー側が小径回転します。
小径回転時にはベルトの接触面が減ってグリップを失いやすく成るので
より追従性の良いベルトが求められます。

P_20170829_214427.jpg

これは純正ベルトですが、波が細かいほど最小径が小さく成るので追従性は良いですね。
社外ベルトは純正よりも波が大きい。
ですので、プーリーの落とし込みを行ったり、セカンダリーの最大変速を増やしたりして
ノーマルよりも小径の稼働を考えると波の細かい純正ベルトが良いわけです。

私のジャイロですが、75マロについて質問がありました。
「同じ75マロを使っていますが速く成りません。何か違いがありますか?」
私の75マロは中古のマロッシシリンダーを加工して作って頂きました。
実は素マロではありません。
ベースはモトリペアさんのポート加工済みのマロッシシリンダーです。
このシリンダーの残留応力を抜いてボーリングして各ポートや
ピストンクリアランスをリチューンしたシリンダーです。

現在、点火系のセッティングを行っている途中ですが、春にスリミ参加した時より
加速性能が良く成ったのでSS1/32マイルなら5秒を切ると思いますし、
最高速も大台の100km/hに乗りました。
後は微調整で90km/hの巡航が可能に成れば完成ですね。

点火系のチューニングでフライホイールやCDIを変更して各部のセッティングも
かなり変わりましたので、近いうちに記事で書きますね。
それでは本題です。
え~、かなり傷のあるシリンダーとピストンですが、今回はあえて補修しないで仕上げました。
シリンダーはコーティングで殆ど埋まりそうですし、ピストンは圧縮に影響しない部分。
補修で純正ピストンの精密度を狂わせるより、これ以上首を振って傷を増やさない加工を
中心に行いました。
そうそう、リング溝の修復はやりましたよ。

今回の腰上はシリンダーに錆が有り、不動期間が長かったと思われます。
錆を全て落とすと、ピストンクリアランスが大きく成り過ぎてしまうため、
最小限のホーニングを行ってポート修正をしました。

P_20170819_100925.jpg

このシリンダーは、ポートの高さは良好ですね。
ポートの周りにも黒く錆が残っているのが分かります。

P_20170819_123257.jpg

修正後です。

次は吸気ポートです。
ハート形の大きなポートにピストンのスカート部が入り込んでしまうんです。
ピストンがポートから出る時に打音がするので、スムーズに出るようハート形の
下部を面取りします。

P_20170823_085937.jpg

60度ぐらいの角度でかなり大きく面取りしています。
ピストンの方にも工夫がしてあります。

P_20170823_103743.jpg

ピストンの吸気側です。
コーティングを重ね塗りして、この部分を膨らませます。
ここはシリンダー内をピストンが下がる時にハート形の上部が当たる部分です。
膨らませることで吸気ポートにピストンが入るのを防ぎます。

そして、次は大きな排気ポートです。
ペーパでバリ取りした後、実際にリングを上下させて少しでも引っかかる場所があれば
ペーパーで修正します。

P_20170823_090117.jpg

こうしてリングをピストンで押してリングを上下に動かせば、何処に引っかかるのか確認できます。
本当なら吸気ポートのように面取りしたいところですが、マッハの排気ポートは67%ありますから
ギリギリの大きさなんです。
面取りすると、これを超えてしまうので、あえてペーパーで最小限の修正を行います。

この作業は排気ポートの大きいシリンダーは最重要ですので、サイズの合っていないリングより
このピストンに合ったリングで行いたかったですね。

後は全体にコーティングすれば完成です。
この67%の大きな排気ポートを持つシリンダーはマッハとKHの400cc以上の車種です。
350cc以下の排気ポートは控え目な大きさに成っているので、ここまでする必要はありません。
それでも吸気ポートにはピストンが入りますので工夫が必要です。

長年の使用で吸気ポートに入る癖が着いているシリンダーも多いので、
同じように補修しても打音が出るシリンダーもあります。
その場合は無料で再調整していますので、すぐに連絡を入れて送って頂ければと思います。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2017年08月31日 08:29

早速記事に取り上げて頂き、ありがとうございました。
よく考えたら、ファンベルトではなく、Vベルトでした(^-^;

でも、Vベルトでも、溝が無い分、落ち込んだ最小の状態は作れませんね