09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

AF27スーパーディオのオーバーホール

2017年 06月20日 02:45 (火)

当店販売の大口径チューニングプーリーについての問い合わせが増えています。
このプーリーは上級者向けの商品ですから、チューニング初心者・中級者は
購入しないでください。

今まで着いていたプーリーと交換しても、このプーリーは最大変速しません。
チューニング=調整ですから、取り付け時にベルトが外側まで回るように調整が必要です。
ですので、「着けたけど最大変速しない」ていう質問のレベルの人は
このプーリーを使いこなせるレベルに無いんです。

過去にも書きましたが、ボルトやナットを外して装着するだけなら高校生でも出来ます。
これはチューニングでは無く、ただの交換です。

当店のプーリーは取り付け時にしっかりチューニングしてあげなければクランクシャフトに
負担が掛かって曲がったり、折れたりします。
初心者・中級者の方はKOSOプーリーをお勧めします。
KOSOプーリーはポン付けでは純正+αしか速度が出ませんが、
上手くチューニング出来れば、駆動系以外はノーマルで
ジャイロXなら70km/hオーバー、ディオなら80km/hをオーバーします。

どうしたらここまで速度が出るのか?何が必要なのか考えながら調整を行って
チューニング技術を上げなければ大口径プーリーは使いこなせないです。
ここまでチューニング技術が上がってから大口径プーリーを使うようにしてくださいね。

駆動系のチューニングをしっかり出来る人は、そんなに多くないと思います。
ですので製作も1回に3~5個しか作らず、作っても年に3~4回。
1年に10~15個しか販売していません。
どんなに性能の良いパーツでも使いこなせなければ、かえって遅くなりますからね。

ちなみにシンコーメタルさんのステージⅤは、もっと難しいです。
駆動系だけ考えても変速は出来ても、加速や再加速が伴いません。
エンジンのパワーや特性、アクセルを戻した時の駆動系の動きまで考えて
チューニングしないと普通に走ることが出来ないんですよ。

少し時間があったので前に購入してあったサスペンションを取り付けることにしました。

P_20170619_112838.jpg

このサスですが、本体の長さが無段階、バネの固さ無段階、ショックの減衰力21段階の
調整が出来ます。
ジャイロXの場合、車両によっては一部加工が必要とのことでしたが、私のジャイロは
無加工で取り付けられました。
本体の長さは3mmほど長くして、バネは弱めに設定してから取り付けました。
ショックの減衰力は、取り付け後でも簡単に調整が可能です。
ですので、減衰力だけは試走しながら調整していきたいと思います。

それでは本題です。
最近は街中でもメッキリ少なく成った縦ディオですが、久しぶりに太軸のAF27が
オーバーホールのため入庫しました。

P_20170619_154005.jpg

後ろには私のサブエンジンとパーツが散乱していますが、気にしないでくださいね。
そうそう!蚊が多くなってきたので蚊取り線香を買いに行ったのですが、
1.7倍長持ちという表記に釣られて「アースの蚊取り線香」を買ったんです。
でも、この蚊取り線香は、何せ煙い!目は痛くなるし、臭いも良くない。
今まで蚊取り線香のメーカーなど気にしなかったんですが、次回からアースは買いません。
でも、金鳥は高いんですよね~

話しは戻ります。
AF27のオーバーホールの場合、クランクシャフトが問題に成ります。
縦ディオの純正クランクは、すでに廃盤。
補修用のみですが、AF27用の台湾クランクは無く、販売はAF28ZXのクランクのみです。
違いは駆動系側のサイズです。

AF27は15mmベルト、AF28ZXは18mmベルトです。
各パーツのサイズが微妙に違います。
たとえばAF27のプーリーボスは長さ33mm、ZXは36mmです。

プライマリー側に18mmベルト用のパーツを組んだ時に、AF27と同じ飛び出し長に成らないと
キックギアに当たってエンジン始動さえ出来なくなります。
逆に15mmベルト用のパーツをそのまま組むとキックギアが届かないなんてことにも成ります。

つまり、どちらの仕様にするにしてもZXのクランクを使うと0.1mm単位の調整が必要に成ります。
簡単な解決策もありますよ。
カバーやキックギア、プライマリー一式をAF28の物に、そっくり交換することです。
これは中古を使うにしても、結構お金が掛りますよね。

とりあえず、エンジンをチェックしてみました。
まず、腰上ですがこのエンジンには60ccのボアアップキットが入っていました。

P_20170620_014322.jpg

シリンダー上部には大きな傷も無く良い状態です。

P_20170620_014413.jpg

下部には前後方向に細かい傷があります。
ピストンも同様でした。
これはシリンダー下部のピストンクリアランス少し狭いためですね。
台湾シリンダーはこんな状態が多いですね。
当店では簡単に修正可能ですが、このシリンダーは排気ポートが小さいし
吸気ポートの位置も少し低い。
つまり、純正コピーシリンダーをボーリングしてボアを広げただけの駄目シリンダー。
オーナーさん、このシリンダーはパワー出ないですよ。

次はクランク精度の確認です。

[広告] VPS

駆動系側は20/100強、フライホイール側は2/100ぐらい、良い状態です。
いつも私が組んだクランクをアップしているので、凄く針が振れている感じがするかも
知れませんが、これはそんなに悪い状態じゃ無いですよ。
でも、クランクが終わっていました。

コンロッドの縦方向のガタが大きい。
スモールエンドも擦り減っています。

P_20170620_021049.jpg

ここが減っているとベアリングやピストンピンを新品に変えてもピストンは首を振ります。
つまり、焼き付きの原因に成ります。
ベアリングや装着部の寿命は使っている2stオイルで変わります。
安いオイルを使えば走りは変わらなくても寿命に影響します。

それではケースを割ってみましょう。
ケースは6本のボルトで止められていますが、このエンジンは
メチャメチャ強く締めてありました。
通常の3倍以上のトルクです。

強く締めると、ケースの合わせ面は潰れ、歪みも出ます。
また、エンジンの振動吸収も通常より少なく成りますね。

P_20170619_162053.jpg
P_20170619_162039.jpg

ベアリングもケースも真っ黒ですね。
これは、2stオイルが悪いことと、ボアアップシリンダーのポート位置が悪く
バックファイヤーを起こしているためです。

各ベアリングの状態はこんな感じ。

[広告] VPS

左右のベアリングはもちろん、大腿部も終わっていますね。

この他、オイルポンプのOHとケース内の第三ポート側の拡大加工を頼まれていますが、
オイルポンプは良いとしても、このバックファイヤーの多いシリンダーで拡大加工は効果が
無いと思いますので、お客さんの予算を加味した上で、どう仕上げるか相談しましょう。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2017年06月21日 16:58

やんちゃ親父さんにライブディオzxのマロッシボアアップを取り付けてもらい半年かかり慣らしとセッティングも終わったので更にパワーアップする為、D社のビックキャブと取り付けキットを購入しようとした所、取り付けキットは5月で廃盤となったそうです。純正、社外ともに廃盤が増えて仕方がないですが残念です。

Re: タイトルなし

2017年06月22日 01:24

Shoさん、こんばんは。

D社のビックキャブと取り付けキットですが、ネットショップは在庫を持たずに商売していますので
購入不可ですが、店舗販売しているショップは在庫を持って売っていますので残っているところもありますよ。
少し工夫が要りますが、KN企画さんのビッグマニ&リードバルブなら、まだ在庫はあります。

ライブディオのチューニングも本格的に出来るのは、あと数年に成りそうですね。

No title

2017年06月22日 02:05

やんちゃ親父さま、こんばんは。

いや~難しいです。
メンバー内でステージⅤを
なんとか使えているのは私だけでは無いでしょうか?
あるメンバーは『クソプーリー』なんて
罵っている者もいますwwwwwwww
old_kp氏ごめんなさい<m(__)m>
正直、私も導入時はダルいプーリーでした。
でも大枚はたいて買ったプーリーなんで、
私のセッティングミスだと信じて
あれこれやりました。
結果、やんちゃ親父さんも乗られた
私の車体ですが、色々やりすぎて
何で辻褄が合ったのか解りません。
メンバーからは、
出し惜しみせず教えろ!と非難を浴びますが、
ルービックキューブが勝手に揃ったようなもんなんで
『解らん!!!』と回答しています。
現在、圧縮7.3。
ツーリングを数回こなせば、
圧縮上げますね。

Re: No title

2017年06月23日 03:25

GUCCIさん、こんばんは

私の印象ではステージⅤはトルク型のエンジンに仕上げないと合わないプーリーだと感じています。
特にジャイロは他の車両より車重があり、3輪で路面との摩擦抵抗が大きいですから
他車種よりトルク重視のチューニングを行わないと、なかなか速く成らないですからね。