09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ベスパ V50Sのレストア&チューニング(part3)

2017年 03月25日 02:02 (土)

今回は私も10年ぶり?(ぐらい)にベスパをバラしました。
2stスクータのチューニングは、ここ10年でかなりの進歩がありましたので、
ベスパのチューニングは今どうなっているだろう?という楽しみで
ネットサーフィンしてきました。

ところがベスパチューニングに関することは10年前と変わっていないんですよ。
もちろん、ネットの情報自体は詳しく、濃く成っているのですが・・・・・
そこで、知り合いを通してベスパ専門店に聞いてもらいました。

すると、ストリートチューニングは殆ど10年前から変わらない。
でも、レース車両のチューニングは内容がかなり変わっているとのことでした。
ネットにではストリートチューニングに関することしか公開していません。
なるほど~と思いました。

日本はネット社会への対応が遅れた国ですからね。
情報は辞書のように扱われ、著者を大事にしない傾向がありますからね。
私の所属する釣りクラブの友人も愛媛の釣り場を紹介するブログを運営していましたが
読者からの「釣り人が殺到する」「秘密にしたいから場所を教えるな」などの
苦情が相次ぎ閉鎖に追い込まれてしまいました。

私が思うに、そんな人は一部で、その情報を元に釣りに出かけて良い思いを
した人の方が多かったと思うんです。
でも、コメントやメールで届く言葉は一部の嫌味なものばかり。
釣果や友人との楽しい思い出が出来たなんてメールは届かない。
ブログは辞書では無く、ブロガーが好意で書いているものですから、
それを念頭に利用していればこんな結果には成らなかったのでは?って
私は思います。

2ちゃんねるを観ても解かる通り、匿名性がある掲示板やコメント欄は
荒らされやすいです。
日本にある韓国学校では「日本のインターネットのモラルは世界でも最低だから見ないように」
って教えているそうです。
同じ日本人として私は恥ずかしかったですね。

私のブログは読者に恵まれていて、暖かいメッセージを多く頂いています。
もちろん、一部からは心無い言葉を貰う時もあります。
ブログが出来るだけ辞書に成らないよう、
読者にも考えていただけるブログにするよう努力しますね。

今回のベスパのレストアとチューニングも日本の2stスクーターのチューニングの
ヒントに成る部分しか書いていません。
エンジンのバラし方や組み方を書いても参考に成らないからです。
ブログで取り上げている記事はディオにもジャイロにもチューニングの
ヒントに成る部分だけ書いていますからね。

それでは本題です。
今回は前回の続きでボアアップシリンダーを組むためのケース加工です。
純正のシリンダーと今回のポリーニシリンダーではポートの数も大きさも異なりますので
ケースを加工するために、まずベースガスケットを取り付けるシリンダーに合わせます。

P_20170323_120444.jpg

今回のガスケットは薄いアルミでしたので、上から指で強く擦ってポートの形が
浮き出たところをハサミで切りました。

これをケースに合わせて切除する部分をマジックで塗りつぶします。

P_20170323_120412.jpg

ここをリューターで掘っていくわけですが、問題はどのくらい掘るか?
これは合わせる吸気系とマフラーによって違います。
今回はロータリーバルブのままですから吸気が弱い。
そして使うマフラーはポリーニのチャンバーとのことですが、送って頂いた写真を
観る限りでは、積極的に吸気を引っ張ってくれるマフラでは無いので
一次圧縮を出来るだけ落さない最小限の切除にしました。

P_20170323_135053.jpg

この仕様でガッツリ掘ってしまうと、一次圧縮が下がってトルクの無いエンジンに
成ってしまいます。
個人のブログではケースに穴が空く寸前まで掘っている人が多いんです。

次にクランクを加工して吸気量を増やす訳ですが、
2stの吸気ってどういう仕組みか知ってますか?
まあ、簡単に言えばピストンが上昇する時のクランク室の負圧でバルブを開けて
吸気を引っ張るわけです。

じゃ~クランク室の負圧が発生する瞬間にバルブが開くようにすれば良い。
二次圧縮はピストンが上昇してきて、排気ポートが閉じた瞬間から圧縮が始まりますよね。
それと同じようにクランク室の負圧はピストンが上昇してきて掃気ポートが
閉じた瞬間から始まる訳です。
これはリードバルブ方式でも同様ですから頭の中で良く考えてくださいね。

ロータリーバルブでも考え方は同じですから、掃気ポートが閉じる位置で
バルブが開くようにクランクウエイトを削ります。

ちなみに写真右側のスタッドボルトが2本出ているところの長丸の穴が吸気口です。

P_20170323_135124.jpg

写真はベスパの加工前のクランクですが、赤い線でバルブが開いて吸気が始まり
青い線でバルブが閉じます。
これをケースにクランクと腰上を仮組みしてピストンが掃気ポートを閉じる位置で
吸気口からクランクに印を入れます。

P_20170323_140557.jpg

使うシリンダーによってポートの高さは異なりますから、何cm削るなんて考え方は
駄目ですね。

P_20170325_010642.jpg

済みません、加工後の写真を撮り忘れていたので組んでいる途中で撮りました。
青い線が加工前で、赤い線がベスパチューニングでよくやる切除です。
負圧はピストン上昇と共に強くなりますから、掃気バルブが閉ったばかりでは
このぐらいで十分、大きく削れば一次圧縮が下がるデメリットの方が大きいので
最小限の加工に留めています。

P_20170325_011924.jpg

この穴をクランクウエイトで塞いだり開けたりする訳です。
この部分とクランクのクリアランスはバルブの役割りをするので0.2mm以下ですが、
このエンジンはベアリングが傷んでガタが大きく成り、クランクとの摩擦でかなり削れています。
補修は難しいので、次はケース交換もしくはリードバルブ化ですね。

そして今回は一次減速が3.7というギア比に交換する訳ですが、
ベスパ50Sはノーマルだと2.2馬力、6000rpm弱で55km/h程度です。
今回のポリーニのシリンダーはメーカー値は7.2馬力7000rpmということです。
でも、ロータリーバルブとマフラーから考えても5馬力強ってところでしょう。
ギア比から考えると7000rpmで90km/hは出る計算ですが
馬力を考えるとまずそこまで回らない。
上り坂では4速に入れられないと思います。

このエンジンはリードバルブ化とWJチャンバーで大化けするので
次回入庫の時はそこまで行きたいですね。
その際にはクランク交換とクラッチ強化が必要です。

次回はボアアップキットの装着をやる予定ですが、純正部品がまだ届かない・・・・

P.S 観やすいように数回前のブログから写真のサイズを大きくしたのですがどうでしょうか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年03月25日 02:31

やんちゃ親父さま、こんばんは!

まず、画像は大きくて見やすいです。
正直言って、今までは小さかったので助かります。

ベスパを弄ったことがあるのですね!
そうでなきゃ、今回のOHも引き受けませんよね。
私は過去に50cc4stをやってました。
シャリー、モンキーです。
ボアアップして、ビッグキャブ入れて、
スプロケ替えて、インマニ掘って。
いろいろやりました。良き思い出です。
なんかベスパ欲しくなってきましたwww

No title

2017年03月25日 17:13

やんちゃ親父様
こんにちは

ベスパカスタムとは関係ない人種ですが(笑)
大きい写真は一層見やすいですよ。以前から色づけ(矢印とか)もどこについて説明しているかわかりやすいです。
毎回高度過ぎて同じ作業は出来ませんがメカニズムがわかるのですごくありがたいです^^。

2017年03月26日 09:11

やんちゃ親父さま
ギア部分からオイル漏れしてたので、オイルを入れ替えようと、抜いてみたらほとんど入ってませんでした(T_T) カバーを外して確認しましたが、ギアは大丈夫そうでした(o^^o) オイルを入れ直しましたが、やっぱり少々漏れている様です(*´-`) 液ガス塗った方が良いですか?

こんばんは~

2017年03月27日 23:17

GUCCIさん

前は容量を気にして小さいサイズにしていたのですが、
今は更新のペースが落ちているので写真を倍のサイズにしました。

ベスパだけでは無く、海外スクーターから中華バギーまで何でもやりますw
クラッシックエンジンは丈夫なので弄ると面白いですよ。
4stはスーパーカブぐらいかな?


7UPさん

大きい写真は好評で良かったです。

構造や仕組みを知っていればどんなエンジンでも弄れるように成ります。


きゃのあさん

オイルが何処から漏れているのか?
何が原因で漏れているのか判れば、どうしたら良いか判断できますよ。
液ガスを塗れば漏れは止まるかも知れませんが一時しのぎです。

質問させて下さい

2017年03月27日 23:32

ブログの内容とは、関係ないのですがライブディオzxの中期のギヤケースをバラして前期型のベアリング付きケースを取り付ける場合は、ガスケットは前期型か中期型のどちらを注文したらよろしいでしょうか?m(_ _)m

Re: 質問させて下さい

2017年03月28日 00:27

初期型おやぢさん、こんばんは

???
ケースは前期でギアは中期ですか?
それとも、左の本体側は前期で、右のカバーは中期ってことですか?

え~ガスケットの形状が前期と中期で少し異なるので、左右が違う型なら
閉らない、もしくはオイル漏れする可能性があります。

そして、ギアを変えた場合はカウンターギアの厚みが違いますので
動きが悪く成ったり、ガタがでて振動が出る場合があります。

結論から言うと前期と中期は混ぜないで使った方が良いですね。