09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ジャイロチューニングエンジンの製作

2017年 03月09日 23:11 (木)

少し暖かく成ったと思ったのに、ここ数日は急に冷え込みました。
鼻水は止まらないし、身体の節々が痛い。
どうやら風邪を引いたようです。
まあ週に3日ぐらいは病院に行っているので風邪をうつされても仕方ないですね。

私のジャイロは冬にテストしたロンクラが入った状態です。
ツーリングに向けてエンジンも元に戻さなければ成らないのですが、
病院から呼び出されたら行かなければいけませんのでエンジンを長時間降ろしたくない。

そこで新たにエンジンを作ることにしました。
載せ替えだけなら数時間あれば出来ますからね。
普通のエンジンじゃ~つまらないので押し入れにあった2丁UPハイギアを使って
チューニングエンジンを制作することにしました。

まずはケースですが、去年レストアするのに仕入れたジャイロX後期エンジンを使います。
憶えていますか?
ラーメン屋で使われたのでは???ってブログで書いたあのエンジンです。
ケースの歪みが多少大きく、カウンターシャフトの受けも減っていたので
販売せずに置いておいたんです。
使えないほど酷い訳ではないので今回はこれを使うことにしました。

クランクは未加工の台湾2mmロンクラが1つだけ残っていますので
それを使います。

[広告] VPS

済みません!無理な体制で動画を撮ったらゲージがズレまくりです。
精度は右が0/100、左が1/100ぐらい針が振れただけです。
こんな精度のクランクは滅多に入ってこないので大当たりのクランクですね。

後半に続く
クランクを入れる前にケースの加工をします。

P_20170305_141403.jpg

今回、吸気系はPE24とビッグマニを入れるのでケース側の吸気口を拡大して
純正リードバルブが入る部分をパテ埋めしました。
これでビッグマニ導入時の一次圧縮低下を最小限にして
高圧縮に必要な吸気量を確保できます。
この他、大口径プーリーを入れるためにセルギア部分の壁を削りました。

さて、いよいよクランクとハイギアの組み込みですが。これは何度もブログで書いてますので
省略しても良いですよね。
あっ、そうそうクランク組み付け後のクランクの精度ですが、右が1/100、左が2/100ほど
針が振れたのでケースの歪み分、僅かに振れが大きく成りましたが良い状態で組めましたよ。

次はビッグマニの装着です。
今回もキャブが後ろに真っ直ぐ着くKN企画のKOSOマニを使います。
ジャイロにビッグマニを着ける場合、インテークスペーサーが必要です。
KNさんのはスペーサーが付属していますが精度にバラつきがあります。
スペーサーのみを着けて必ず確認してくださいね。

P_20170307_163041.jpgP_20170307_163428.jpg

今回はスペーサーの穴の位置がズレていてボルトが真っ直ぐ入りませんでした。
右は穴を修正して仮組みしたものです。

P_20170307_164010.jpg

付属のガスケットも開口部と合っていないので作ります。
そして、今度はマニ部も合わせて仮組み。

P_20170307_165619.jpg

解かり易いように大きな写真で載せました。
スペーサーの上下、左右が凸ってますね。
高回転で流速が早くなるとここに反転流が起きて高回転の伸びを邪魔するんです。
もちろん、削って調整します。

P_20170307_203405_HDR.jpg

ケース側とマニ側両方が合うようにスペーサーを削って吸気がスムーズに成るようにしました。
この調整だけで数時間掛けましたよ。
それだけ重要で性能に影響しますからね。

そして、リード板はカーボンに変えました。
PE24はデイトナのタイプ4を取りあえずポン付けです。

腰上ですが、取りあえず2度エキスカを起こした75マロを入れました。
パワーはだいぶ落ちているので、販売する時には新品の68マロを入れますね。
そして、バランス取りと振動対策に350gのフライプレートを装着。
駆動系はセッティングしながら何を使うか決めたいと思います。

次回は車体に載せてキャブセッティングと駆動系のセッティングです。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2017年03月09日 23:41

やっとこ注文させて頂けた、親父さんプーリー・・・楽しみです。
ケースもさらに削って準備万端です(o^^o)
ケース側の吸気口って、リバイブですと削った方が良いでしょうか?
シリンダーも、若干削ってしまってるので更に一時圧縮が下がるだけ?でしょうか。スポマフが吸気を引っ張って、吸気量をアップさせるのなら削ろうと思うのですが、、、

No title

2017年03月10日 01:17

やんちゃ親父さま、こんばんは~

デイトナのタイプ4にしましたか!
カッタウェイは♯5。
流速の違いもあると思いますが、
私はSJ60も喰らいました。
うまくセッティングができると
MAXでSJの濃さが効いて良いかもしれません!
非常に楽しみにしています!
因みに、焼き付きギリギリの吹けが好きな私は
カッタウェイ♯3でセッティング中です!

こんばんは~

2017年03月10日 21:27

きゃのあさん

プーリー頑張って作りますね。
ケース加工ですが、ディオキャブ純正インマニ改までなら必要ありませんね。
そんなに多く混合気を入れられませんから。


GUCCIさん

75マロ+ロンクラではSJは60番じゃ濃いですね。
詳しくはブログで書きますが、PJを着けないとセッティングが出ないかも。
ちなみにMJは148番でも薄い~

ロンクラ75マロ+イソリバ

2017年03月10日 22:10

PE24メイン132、カッタウェイ5番、ニードル1番濃い
スロー52.5で、このスローはエアーブリード付き!

新しいPEだとエアーブリード無しもあるので
単にスローXX番と言えなくなってきてるかも?
(^^;;

あ、PJつけてませんでしたw

Re: ロンクラ75マロ+イソリバ

2017年03月11日 21:51

ぇっちんさん、こんばんは。

私の購入したPEはエアーブリード無しですね。
エアーブリード無しのタイプを使うのは初めてなのですが、
有りと無しでは番手がどう変わるんでしょうね?

スローもメインも私の車両より小さい番手なのでIOSリバイブの方が
吸気を多く引っ張ってくれるので流速が速いためでしょう。

ぇっちんさんのロンクラは2mm?それとも5mm?

5ミリロンクラです!

2017年03月11日 23:55

エアーブリード有り、無しですが
各所のデータを計算してみると
無しが1だとしたら、有りは0.85くらい?
実数値だと無し60番≒有り50番?
無しの方が吸われにくく、有りは吸われやすい
みたいですねー(^^;;

追記

2017年03月13日 10:25

ちょうどスローセッティング!
50が濃く下げたいが
手持ち48ブリード付きがなく
ブリード無し55があったので
≒ブリード付き48.125にしたら
合ったので0.875位の差かな!と

スロージェット

2017年03月13日 21:53

ぇっちんさん、こんばんは~

5mmロンクラ+イソリバだと、かなり吸いますね。

エアブリード無しと有りでの違いありがとうございます。
もしかして互換性あります?
ブリード有りなら買わなくても持っているので節約できそう。

互換性

2017年03月13日 22:58

あると思います!

先に書いた通りに
今日はブリード付きの手持ちがなくて
ブリード無しを使いました

ケピさんとも話してたんですが
ケピさん過去ブログにあるエマ管と同じで
ブリードに穴を開け過ぎたら
ブリードが無くなった!
ってだけのことぢゃないかとw