09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ツーリングに向けてのジャイロの車両変更(part2)

2017年 03月04日 01:36 (土)

昨日まで妹と母親が親父のお見舞いに来ていました。
というのも、ブログでたびたび書いているように親父は去年の4月から
入退院を繰り返して、今は6件目の病院に入院中です。

10日ほど前に病院の先生に呼ばれて、ほぼ改善の見込みが無くなったことを
告げられました。
そして、リハビリ目的の治療から延命のための治療に移るため、
再度転院することに成りました。

まだ親父の意識がしっかりしているうちに家族と会わせたいと思い、
二人には無理をして松山まで来ていただきました。

親父は数年前から体内に水が溜まることで何度も入院しましたが
今回、病名も判明しました。
「ネフローゼ症候群」だそうです。
特効薬や改善に効果がある治療法は無く、予後は良くないとのことでした。
他の病気なら親父の状態なら2年ぐらいは大丈夫だそうですが・・・・・
先生の口ぶりだと、数か月から半年では?って感じです。

ということで、母と妹に来ていただいた訳です。
これで、二人については肩の荷が下りました。
後は今まで以上に病院に通うことに成りそうですので、
車両持ち込みをしばらく制限したいことと、
ショッピングサイトで販売している商品を製作作業の時間が減少します。

具体的には、エンジンのオーバーホールでエンジン本体を送っていただくのは
今まで通りOKですが、通常は3日程度の作業ですが1~2日余計にお時間をいただきます。
ショッピングサイトの商品は売り切れた場合、再入荷の希望を
いただいても対応出来ない場合があります。
ただし、「大口径チューニングプーリー」は現時点で多数の再入荷希望がありますので、
今月一杯は受注生産にいたします。

近隣の方々にも、手渡しでの商品販売は家に居る時間や予定が経たないため
ご遠慮頂ければ幸いです。

他にも高圧縮チューニングに向けて商品を用意する予定でしたが、
親孝行は今しか出来ないので優先したいと考えています。

それでは本題です。
記事の前半で書いた通り、ゆっくり楽しんでツーリングと言う訳には
いかなくなりましたが、せっかく去年から企画したので
出来るだけ実現したいと思います。

え~、風防ですが取付け部の型取りをして下部を10cm強ほどカットしました。

P_20170227_152324.jpg

風防は今までに何度もペッコリ折れて内部に曇りが出来ているのでスクリーンとして
前を見通すことは難しいので、前方視界を確保しつつ風よけに成る長さがベストです。
もう少し長くても良かったのですが、面積が大きいとまた折れますからね。

風防のカットですが、ダイヤモンドカッターを使いました。
サンダーを使うと熱で溶かしていくため、切り口を綺麗にするには不向きです。
熱を発生させずに切ることで仕上がりが綺麗に成りました。

後は腰上の冷却を強化する予定でしたが、今回は止めました。
本当は「エンジンの仕組みから考えるチューニング」で書く予定でしたが、
今書いてしまいますね。

2stスクーターの冷却はフライホイール外側に着いている冷却ファンで行っています。
シリンダー右側下部から空気が入り、シリンダー上部左後方に空気が抜ける仕組みです。

でも、よ~く考えてみてください。
2st空冷エンジンで一番熱くなるのは、シリンダーヘッド前方やシリンダー上部前方です。
当然、一番先に冷やしたい部分に冷たい空気を当てて、
熱の少ない部分から抜く方が効率が良くなりますよね。
(図を描いた方が解かり易かったかな?)

純正のファンは熱の少ないシリンダー下部から冷やしてますから、
焼き付きの多くは冷却が不足する排気側の前方左側に成ります。
これを改善すれば高圧縮チューニングにも対応出来るはずです。


そこで、シリンダー上部前方に吸気ダクトを増設して電動ファンで空気を送るシステムを
作ろうと思っていたんです。
ダクトの太さやファンの大きさ・風量など考えなければいけないので
実現は少し先になりそうですね。

ついでに、シリンダーヘッドガスケットについてやりましょう。
ヘッドガスケットの役割りは他のガスケットとは役割が少し違います。
通常ガスケットは気密性を保つために使われますが、ヘッドガスケットだけは
気密性に加えてヘッドの熱をシリンダー下部方向に逃がす役割りがあります。

つまり、熱伝導でヘッドの温度を下げる訳です。
当然材質は熱伝導率が良い物ほど良いですし、熱伝導率を落とす液体ガスケットは
使用すべきではありません。
一番熱伝導率が良いのは銅製ですが、気密性では柔らかいアルミ製が優れています。

私は慣らし中はヘッドボルトを締めないのでアルミ製を使っていますが、
高圧縮で組むなら、慣らしが終われば面出しをしてから銅製に切り替えます。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

銅板ヘッドガスケット

2017年03月04日 11:54

ロンクラ75マロでも作りましたが
(BW'sは純正クランクなので必要なかったですが)
エックスニコイチはロンクラで必要となるので
タフピッチ銅板3mmでヘッドガスケットを
ヘッドと同じ大きさにしておいて
周りをディスクグラインダーで
切るように削ってやって
凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹
フィンのように作ってあります

液体ガスケットは使用してませんが
CPUのファンをつけるのに使う
熱伝導グリースを使ったらどうだろう?と
考えたことはありますが、やってません(^^;;

追記

2017年03月04日 18:48

前にクランクの動的バランスってありましたが
どう考えたら、いいですか?
細かくは重さと力のかかる方向の
ベクトルを…だとは思うのですが
ご伝授ください!

No title

2017年03月05日 01:53

やんちゃ親父さま、こんばんは。

お父様、大変みたいですが
親孝行してあげてください。

シュラウドの風量ですが、
私はKNファンに
シュラウドのキャブ側の穴を開けています。
old_kp氏のブログにもありましたが
たくさんの風量が欲しいのであれば
たくさん抜く。
それを実行していますが、
焼き付きと隣り合わせの
薄目セッティングが好きな私には
気休めみたいなものでしょうか…(笑)

こんにちは~

2017年03月05日 10:38

ぇっちんさん

タフピッチ銅板3mmですか~!
私は銀板で作ろうかなw

CPUのファンのグリスですが、硬化しないことと
ガソリンで溶けてしまう気がしますね。
μ単位の凹を埋める目的なら有りかも知れません。

クランクのバランスですが、考え方的にはピストンに外的力が掛かるのは
爆発力でピストンを押している間です。
つまり上死点から排気ポートが開く間です。
でも、外品クランクのバランスは0度にバランスされてますから、それを
45度付近のバランスに変えてやることで回転バランスが良くなります。
重量バランスまで考えるとクランクの作り直しが必要なので
回転バランスを適切な位置に直して、フライプレートで重量バランスを
補うって考え方が良いと思います。


GUCCIさん

冷却風の出口はシリンダーヘッドの冷却フィンの向きも関係していますからね~
old_kpさんの銅ヘッドはフィンの向きが純正と違いますよね。
凄くよく考えて作られてます。
あれ欲しい~

ありがとうございます!!

2017年03月05日 11:33


ただ、ますます、ちんぷんかんぷんに(笑)

0度は上死点? 45度は上死点前?後?
回転バランスを取る方法?

ライブディオの台湾?クランクの
あの位置の穴は…と考えてみたんですが
わからなくて

んん…もっと勉強します(^^;;


あの銅ヘッド、材料費だけでもw
さらに柔らかな銅の加工なので
加工賃がwww

何方も考えることは同じなようで・・・

2017年03月05日 13:31

店主様、お世話になります。

私も、改装Xに電力の余裕があるので、電動ファンの
追設は妄想していました。
エンジン回転数に反比例する様な回路を組んだ上で、
既設ファンとの合計風量を増してやれないものか、と。
アイドルでは最大に回して、自分にとって許容する
エンジン最大回転数の時には風量が必要最小値に
なるようなロジックを入れてやるのです。

市販のデジタコのようにエンジン回転数をピックして
来て演算するので、ロジックの組み方次第では
中間回転数で最大風量になるよう回すことも
出来るはずです。

もっとも、理論先行で私自身にはそれを組める
スキルはありませんが (--;

エンジンカバー派としては設置にかなり苦労するでしょうが、カバー前面の金属グリル部分に半ば「埋め込む」形で
設置できないものかな、と。

この場合、既設ファンをそのまま残すので、シリンダーを
覆うダクトの中では両方のファンの風向が相対してしまいますから、そうならない又はなりにくい工夫を内部で構築する必要があるでしょうね。

追記
私の父は私が17の時に仕事中に急病で急逝しました。
ご家族皆様とのお時間を大切になさってくださいませ。

Re: ありがとうございます!!

2017年03月05日 21:40

ぇっちんさん、こんばんは。

え~参考に成るか分からないけどURL貼っときます。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~re00111/contents/43_NoteOfWeightBalance.pdf
数式は見ると訳が分からないと思いますので、考え方だけ読んでみてください。

私も銀ガスケットを作ろうと思いましたが、1mm厚の板でさえ3万円しますw
流石にガスケットに3万は痛いので止めておきますよ。


かわばたさん、こんばんは。

いろいろ考えるのは楽しいですね。
ファンシュラウドを作り直して風邪を当てる場所を強制的に変えてしまい、
リード90のファンで風量をUPさせるなんてのも有りだと思います。

お心遣い感謝いたします。

2017年03月05日 23:33

僕のお父さんは、顔も名前も知りません(^_^;)
お父様・・・お大事になさって下さいm(_ _)m

大口径プーリーをご注文させて頂きたいのですが、ショップからのご注文で宜しいでしょうか?

親父さんのご意見通り(o^^o)、新品シリンダー外して、抱きつきのシリンダーを修正しましたm(_ _)m
ピストンは、前に外してストックしていたもの(オートボーイ製)リングは再利用してますが、新品を入れようと思ってます。

今のところ、今までで一番調子良いです(o^^o)

感謝

2017年03月05日 23:46

ありがとうございます!!

物理は苦手ですが頑張ってみます

こんばんは~

2017年03月07日 00:14

きゃのあさん

親孝行したくても出来ない人も多いですからね。
私は恵まれてますから出来るだけのことをしたいと思ってます。

プーリー早くしないと締め切りますよw

焼き付きの原因を改善してからでないと、また焼きますので注意してくださいね。


ぇっちんさん

実際は二次圧縮によって爆発力も変わりますから理論通りにはいきませんが
参考にはなるかと思いますよ。