09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

I'll be back

2016年 12月27日 23:54 (火)

今年も残すところ僅かになりました。
インフルエンザも流行の兆しがあるようですので身体に気をつけて
新しい年を迎えてくださいね。

私もサンタさんからプレゼントが届きました!

161225_103715.jpg

早速、開けてみましたが・・・・

P_20161225_210315.jpg

ニードルの長さは同じ、本数は2本多いので75マロ用のベアリングより強度は有りそうでした。
ところが、外径が僅かに違ってホンダ10mmピンには使えませんでした。

10mmピンのニードルベアリングが見つからないと、68マロで高圧縮は不可能。
12mmピン仕様のロンクラと合わせて、ディオ用のニードルベアリングで組む以外
選択肢は無くなる訳です。
この仕様なら13kg/㎠までなら持つと思いますが、正確にはデーターが不十分です。

まあ、ニードルベアリングが見つかったとしても、ピストンもワイドベアリングが入るように
加工しないといけないんですけどね。

さて、話は変わりますがジャイロにマロッシシリンダーを組みたいという相談が増えてます。
マロッシシリンダーはジャイロ後期エンジンにはポン付け出来ません。
理由は後期エンジンのエキパイとマフラーは排ガス規制対策のため、
二次燃焼システムが備わっていて、中期までのマフラーと作りが異なるからです。

ですので、そのままマロッシシリンダーを組み着けると、まず焼付いてしまいます。
そこで、マフラ又はマフラーとエキパイを交換する必要がある訳ですが
問題はエンジンカバーを外すか、外さないかここで決める必要が出てくることです。

2stのパワーの殆どはマフラーの性能で決まってしまいます。
ハイパワーのマフラーや容量が大きいマフラーはエンジンカバーに収まらない物が
殆どですので、良く考えてからマフラーを選んで欲しいと思います。

そして排圧マフラーを選んだ場合、エキパイも別途必要に成ります。
止めた方が良いのはステンレス製のエキパイです。
高温や振動で割れやすく、熱で歪んだ際にも修正が大変です。

鉄製はヤフオクなどで太さもいろいろ出ています。
太すぎると燃費が悪く、細すぎると抜けが悪い。
値段もピンきりですが、一番良いと感じたのは24mmパイプのモトリペア製ですね。
作りや精度はもちろん、性能的にも使った中で一番良い。
ただ価格が高いのと、今は数種類出ているようなので違いは
直接聞いてみる方が良いと思います。

それでは本題です。
今年1月に販売したライブディオZXのスペシャルエンジンが返ってきました。

P_20161225_133333.jpg

理由は不注意でピストンに穴を開けてしまったとのこと。
オイルポンプのメクラ栓が緩んで二次エアを吸ってしまったらしい。

P_20161225_133347.jpg

なるほど~、このボルトがエンジンの振動で緩んだのですね。
これは、ナットを1~2個入れないとまた緩みます。
ホームセンターで1個4円ですのでケチらず入れましょうね。

このビッグマニはショートタイプ。
短い分、レスポンスは良いのですが、キャブが真っ直ぐ着かないのが欠点です。
そして、もう一つはここ。

161227_225946.jpg

ビックリードの開口部に対してインマニ側が小さい。
これを修正しないと吸気のボトルネックに成ってしまいます。

まあ、加工は後にしてエンジンのダメージを先に確認します。

P_20161225_134246.jpgP_20161225_134228.jpg

ど真ん中に穴が空いてますね。ヘッドにも所々にアルミ粕が着いてます。
この後、ピストンを外すとコンロッドの天辺の色が変わるほどアルミが着いていたので
腰下もオーバーホールすることにしました。

そして今回は48mmピストンのボアアップキットを組むのでケース内も加工することにしました。
何処を加工するのかというと第三ポートに繋がる部分です。

161227_142017.jpg161227_142051.jpg

解かり易いようにシリンダーを合わせて写真を撮ってみました。
くびれているのが判りますか?
50ccなら支障無い程度ですが、ボアアップするとここで第三ポートへの吸気が制限され、
シリンダーヘッドへの冷却が弱くなるんです。
近くにボルト穴が有るので、強度に支障が出ないよう最小限に広げる必要があります。

161227_144231.jpg

違いが判りますかね?
チョットの加工ですが、これだけでパワーや焼き付きリスクが変わってきます。

今回のボアアップキットですが、詳細は次回のブログで書く予定です。
スペック的には低めですので、110km/hを少し超えるぐらいでは?って思います。

今回はハイギアも組むのですが、ライブディオ用のハイギアが無くなってきています。
KN企画は二次側が終了、一次側は使えるギア比の物は在庫無し(たぶん終了)
キタコは前期エンジン用は在庫が有りますが、中後期用は終了。
かろうじてNRマジックの在庫が有ったので注文できましたが、
入手できるのは年末です。
台湾製も安い物が出ていますが、エンジンが終わっても良いならありかな?
個人的には安く作れるパーツでは無いので安いのは敬遠した方が良いと思いますね。

ボアアップキットとハイギアの記事は来年ですね。
それでは皆さん、良いお年を

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年12月28日 00:14

やんちゃ親父さま、こんばんは!

やはりマロッシベアリングでしたか!
某オークションで
卑弥呼の里の有名なお方が
2mmロンクラとセットで販売していたような…
71.616ccになるみたいですね。
この仕様だと12kオーバーの高圧縮も可能みたいです。
私はロンクラは後回しにして、
先に75マロ仕様の手順でいこうと思います。

今年も色々なアドバイス
仲間へのパーツの提供ありがとうございました。
よいお年を!

2016年12月28日 23:35

G松山様、ケース加工ですか、良いですね。
私はボルト穴ギリギリまで削ってます。ベアリング保持部分も結構削りました。
本来4ストの人なので、2スト加工は初めてなのですが、
私のポート加工したトゥディはキタコ94で100㌔超えました。
AF48は、
クランクベアリング到着待ちなので、組んでみたらまたレポート致します。

こんばんは~

2016年12月30日 01:08

GUCCIさん

2mmロンクラなら12mmピンのディオ用が使えるんですけどね。
ピストンを別に用意しなければならないので高くついてしまいますから
出来ればエンドベアリング交換で済ませたいですよね。

合わせるマフラーにもよりますが、ジャイロの純正エンドベアリングでは
11kgぐらいが限界じゃないかと思います。

よいお年を~


AF48さん

楽しみですね~
レポート待ってますね。