09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

中期キャノピーエンジンの代替後期エンジン(トラブル2)

2016年 12月02日 02:49 (金)

う~ん、あんまり書くことが無いので購入予定の社外部品でも紹介しますね。
まずはクーリングファン。

フライプレートを入れると純正ファンではファンカバーに干渉する場合、
ファンカーバーを外側に逃がすか、ファン自体を薄い物にするかの選択に成ります。
選択肢は4つ

アルバファンKOSOファン
デイトナファンUPSファン

左上からアルバ・KOSO・デイトナ・UPSです。
アルバは数年で割れてくるなんて話しもありますね。
KOSOは現在使用中で良く冷えますが、ボルト2ヵ所留めなんです。
デイトナは冷えないという話ですが、良く見るとファンの羽の向きが逆なんですね。
そしてUPSは、フライプレ-トが付け易そうですね。
今度使ってみたいと思います。
KOSOのように中央部が無いのでどのぐらい冷却に影響するのでしょうか?
ただ、メンテナンス性は良くなりますね。
フライホイールを外す時にプレートとファンを着けたままで外せそうですからね。

そしてもう一つ。

10mmニードルベアリング

ワイドタイプの強化10mmスモールエンドベアリングです。
75マロの補修用に使えるので買っておこうかな~なんて考えてます。
まあ、一般の方は不要ですよね。

それでは本題です。
え~ジャイロキャノピーの載せ替え後期エンジンですが・・・・

P_20161202_012203.jpg

完成しました。
って、ちょっと省略し過ぎですかね?
じゃー少し戻りましょうw

急遽、右のケースだけ今までお客様が使用していた物を使うことに成った訳ですが
左右のケースが違うと組んだ時のクランク精度が極端に悪くなる可能性があります。
車両によってケースの歪み方が違うからです。
3輪のジャイロは路肩の縁石にリアタイヤをヒットさせたりしますからね~
アルミのエンジンは衝撃で少しづつ歪んでくるんですよ。

そして今回組んだ台湾クランクは良い精度でしたのでケースを修正しながら組み付けました。
組み付け後の精度はこんな感じです。
[広告] VPS
[広告] VPS
良い精度でしょう~(何か右側だけ画像変換が上手くいってないようですね)
左右共に1/100mm以下ですが、特に駆動系側は優秀ですね。
後は各部を組み上げていくだけなのですが・・・・
またもや問題発生。

P_20161201_005804.jpg

キャブレターのオイルニップルが無い。
当然、使用不可ですので直すか、他のキャブを使うしかない。
ディオキャブが同梱されていたのでそれを使うことにしました。
でも、このディオキャブは後期キャブですね。

P_20161201_010151.jpgP_20161201_010850.jpg

MJは全ネジ大の78番、SJは太軸38番です。
セッティング用に同梱されていたMJは丸小なので使えません。

ディオキャブはキャップがアルミ製の前期キャブが良いのですが、
経年劣化で使えるキャブが少ないんですよ。
フロート弁を取り替えてもベースが減っていて油面が高く成ってしまう。
次に良いのが中期です。
でも、後期との見分けがつかない人も多いので、見分け方を教えますね。

P_20161202_023053.jpg

ちょっと見づらいのですが、後期キャブは赤丸部分にエアクリまでの
ホースが繋がるニップルが着いています。
ニップルが無ければ中期ってことですね。

とりあえず、キャノピーのキャブのオートチョークを移植して取り付けましたが、
MJが無いのでアマゾンで注文しました。

このエンジンは私のXに載せ替えてセッティングまで行うのでMJが来るまでお預けです。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年12月03日 01:44

やんちゃ親父さま、こんばんは!

私は2台ともKOSOです。
2か所留めですが
フライプレートを挟んで、ワッシャーかまして、
ボルトの長さに注意して
しっかり取り付ければ問題ないと思います。
コレを選んだ決めては、
まずパッケージのネーミング、
そして真ん中の突起がある事でした。
これらのパーツは軽量ファンと謳われているので
他の物は、真ん中を肉抜きして軽くした物と推測しました。
今は、重いパーツセッティングが主流なのにねw

Re: No title

2016年12月03日 02:45

GUCCIさん、こんばんは~

KOSOのファンは良いですよね。
本来2本留めですが、私は3本や4本で留めることもあります。(解かるかな?)
また、3本目にワッシャーを噛ませることで微妙な重さ調整も出来るんですよw
フライプレートの穴を広げるだけで無く、ボルトやワッシャーもウエイトとして使えるわけです。
詰めれば純正同様に振動を無くせますよ。
ですので、微妙なバランス調整ならKOSOです。
そして簡易性とメンテナンス性でUPSを使ってみたいですね。

No title

2016年12月03日 12:37

勉強になりました!<m(__)m>

ワイドなニードルベアリング

2016年12月03日 20:46

そのワイドなニードルベアリングは
ワイドなのは棒の受けになる本体であって
棒自体がワイドでないと
75麿では耐えられない可能性が高いので
ご注意下さいね!(^_^)

やっぱり振動は少ない方が…

2016年12月03日 21:15

クーリングファンの紹介、図鑑のようで…(笑)
今度UPSのファンを試すときフライプレートの使い方を画像付きで
教科書のように紹介してもらえると嬉しいです。
振動対策に自分、興味あります!

ほんと、こちらのブログは為になる事が多く
新着記事を読むのが楽しみです。ありがとうございます。

こんばんは~

2016年12月04日 23:20

GUCCIさん

UPSのファンですが、私の車両には使えないですね~
詳細はブログで


ぇっちんさん

画像が無いので他の物を拝借しました。
実物はチョット違うんです。
これについても詳細はブログで


hirobeeさん

フライプレートの使い方は詳しく書くまでも無く、フライホイールと
ファンの間に装着するだけです。
振動については少し記事に書く予定です。
楽しみにしていてください。