FC2ブログ

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

社外補修用パーツ

2016年 10月29日 02:08 (土)

今年の秋は去年までと様子が違います。
気候のことじゃないですよ。
腰下オーバーホールについてです。
入ってくるエンジンがほとんど廃車寸前、ほぼ終わっているエンジンなんです。

お客様は「そろそろ腰下オーバーホールかな?」って感じで問い合わせてくるのですが、
入庫したエンジンを調べるとほとんどのエンジンのクランクはすでに終わっている。
クランクベアリングは、まだ大丈夫なのにクランク大腿部のベアリングが傷んでいたり、
シャフトのベアリング装着部が痩せていたりするエンジンが多いんです。

通常はクランクベアリングが先に傷むのでしょうが、一度腰下OHをされたエンジンだったり、
無理な鼓動系チューニングをされたりして他の部分から傷みだします。

2stは本当にパワーが有りますから、腰下が傷んでいても60km/hぐらい出ちゃうんです。
だから、まだ大丈夫と思ってチューニングしてダメージを大きくしてしまうんですね。
ライブディオ系は腰下やミッションがしっかりしていれば200mもあれば60km/hは出ます。
それが400~500m掛かるなら、各部の見直しが必要なんです。

ジャイロ系は車体の重さと3輪と言うこともあり、200mで60km/hは難しいですが、
それでも50km/h前後は出ますよ。

先月、来ていただいた「きゃのあさん」のジャイロキャノピーも、終了したクランクで
400kmの道のりをノートラブルで松山まで自走してきました。
普通に60km/h前後出ていたので、まさかクランクが終わっているとは思わなかったでしょう。
そのぐらい2stは丈夫ですから、オーナーさんは気が付かないんですね。

でも実際はダメージは深刻でOHの他に新品のクランクを入れる出費に成ってしまいました。
今はブログコメントを頂いたように駆動系のチューニングだけで80km/hオーバー。
エンジンはフルノーマルです。

おじいさんに高いスニーカーを履かしても速くは走れません。
でも10代の若い子に高いスニーカーを履かせれば、明らかにタイムは良く成ります。
チューニングするなら各部を良い状態で行ってほしいものです。

それでは本題です。
現在、OHで入庫しているエンジンが2機あるのですが、
どちらも社外パーツを使うことに成り届くのを待っています。
純正部品は年々価格が上がっていきますので、OHするにも海外の
安い社外パーツを使って安く済ませたいオーナーさんが多いんですね。

今日は入庫中のライブディオZX中期エンジンのオーバーホールエンジンに使う
社外ピストンを紹介します。

シリンダーはダメージの少ない腰上でしたが、ピストンはこんな状態。

P_20161024_210825.jpg

ピストンにこれだけのダメージがあれば、ピストンリングは割れているはずなのに・・・・
オーナーさんは安く車両を手に入れたようですから、ピストンを入れ替えられた可能性が
高いですね~

純正のピストンを入れるとなると・・・・
ピストン 約4000円、リング 約2250円、Cクリップ・ベースガスケット 約500円
ピストンピンとニードルベアリング・ヘッドガスケットを再利用しても7000円弱掛かります。

そこで今回は社外の補修用を使うことにしました。

161027_200922.jpg

Amazonの「AF34 AF35 ピストン ガスケット セット」です。
何と!2250円で5000円近く節約できます。
早速、開けてみると・・・・・・

161027_201157.jpg161027_201239.jpg

このベースガスケットはAmazonの画像と違うじゃん!
これは縦ディオ系のガスケットですね~
ヘッドガスケットも大きいですね。
計ったら44Φありました。

問題はピストンですね。
ピストンハイトはOKでした。
ピストンハイトとは、ピストンピンからトップまでの長さです。
これが違うとポートタイミングが変わってしまいます。

そして、ピストンクリアランスですが、シリンダーに合わせてみると
純正よりクリアランスが狭いです。特にスカート部ですね。
どういうことかと言うと、純正のピストンより大きいってことです。
大体、25/1000mmぐらいでは?って感じですね。
写真は撮ってませんよ。写真で分かるレベルではありません。

手元にジャイロ純正のピストンをドライコーティングした物があるのですが、
それよりも大きいんです。
そこで、シリンダーをホーニングして対処しました。
ポートより上部を1~2/100mm、ポートより下部を3~4/100mm大きくしました。

そしてもう一つ注意することは、ピストンリングです。

まずは、シリンダーに合わせてみます。

161028_124817.jpg

う~ん、危ないですね。
皆さんも昔、学校で習ったでしょ。
電車の線路が夏場熱くなって伸びるから、線路の継ぎ目は隙間を空けて設置してるって。
ピストンリングも同じでリングが熱で膨張した時にために隙間が必要なんです。

ライブディオはノーマルでも二次圧縮が10kg/㎠オーバーで他の車種よりも
燃焼室が高温に成ります。
純正のピストンリングの隙間でギリギリなんですよ。
ですので、社外CDIを入れて高回転を回したり、パワーフィルターを入れたりすると、
メーカーが想定した温度をすぐに超えてこう成ります。

160317_221300.jpg

ピストンリングの合口の下に傷が出来ます。
これは焼き付きでは無いんですよ。
リングが高温に成って伸びる。
そうすると、リングの端っこが欠けてシリンダーとピストンの間に噛んで傷が付くんです。

だから私は、社外CDIを入れたり、エンジンチューニングを行う時には
リングの端を削ったり、面取りしたりしてリング欠けを防ぎます。
今回のピストンリングも純正と同様の隙間が出来るようにリングの端を
削ってから組み付けました。

リングやピストンによって膨張率は異なりますので、適切なクリアランスは異なります。
今回は補修用ピストンですが、ボアアップキットでも注意点は同じですよ。

このピストンはノーマルエンジン向けですね。
ピストンもそうですが、このエンジンはギア部もだいぶくたびれていましたので、
社外CDIは入れない方向でのチューニングをしないと寿命が極端に短くなりそうです。

ついでに、OHで入庫している中期ジャイロXの腰上も紹介しましょう。
このエンジンは前に紹介したように腰上が焼付いていました。
そこで、マロッシシリンダーを入れることに成りました。

中期のジャイロのリードバルブは樹脂製の物が付いています。
後期の金属製より大きく開くので高回転が回る車両が多いんですね。
そのメリットを生かす為、ケース加工をチョコっと行いました。

161026_100206.jpg

写真は加工前ですが、この部分の拡大で吸える混合気の量が変わるので
拡大しました。

161026_142240.jpg

良いですね~ 新品のマロッシ!
パワーが出て、それでも焼付かないように工夫して組んでおきます。
このマロッシシリンダーは組む人によってパワーも耐久性も変わってくるんですよ。

161026_154046.jpg

組み上げると、何かシリンダーヘッドが品祖です。
X中期のシリンダーヘッドって小さくて冷却が弱そうです。
後期のヘッドが2つほど余っていたので付けることにしたのですが、
中期のファンカバー着くのかなぁ~?加工しなきゃダメかな?
ぇっちんさん~教えてください~。

この中期の頼んでいたパーツもやっと揃ったので、今週末からピッチを上げて
仕上げようと思います。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ぇ???(笑)

2016年10月29日 21:50

エックス中期と初期は
わっかりませ〜ん‼︎ ( ̄∇ ̄) w

こんばんは~

2016年10月30日 23:47

ぇっちんさん

それは失礼しましたw
まあ、組み付けてみれば判りますね。