FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ヤフオクのレストアベースエンジンの検証

2016年 01月17日 22:18 (日)

今日は前回の続きで、ジャイロの試走をしてきました。
う~ん、まだ全体的にガスが濃いようです。
MJを110番まで落としました。

160115_154114.jpg

オイル交換もしましたよ。
前回から5000kmほど走っていますが、あまり汚れてませんでした。
ノーマルタイヤなので負担が少ないんですね。
これなら次は1万kmで大丈夫そうですが、オイルの劣化を考えると良いとこ2年ですね。

15kmはど試走してみると気持ち、まだ濃いような感じです。
アクセル全開より少し戻した方が高回転まで回ります。

今回のマロッシは1mm厚のアルミガスケットをベースに入れてあります。
純正のベースガスケットは厚さ約0.8mmですが、紙製ですのでヘッドボルトを締めることで
0.5mmまで潰れます。
ですので、通常よりも0.5mmポートを上げたことに成りますね。
たかが0.5mmですが、500~600回転は排圧マフラーでも上げることが出来るので
最高速を狙うには良いかも知れません。

デメリットはトルクが気持ち落ちますね。
発進加速重視ならベースは上げない方が良いでしょう。
今回は圧縮も9kg/㎠と高めのセッティングなので、それほど影響は無いですけどね。

逆にベースガスケットを薄くしてもっとトルクを太らす方向でのセッティングも面白いですね。
デカタイヤやハイギアには効果が有るかも知れません。
マロッシは高回転シリンダーですので、ベースを薄くしても高回転が犠牲に成るのが
僅かなら問題無いですよね。
丁度、0.1mm厚のべースガスケットを持っていますから次回にでも試してみましょう。

今日はMJを105番にして試乗する予定でしたが、松山は雨なので明日に持越しです。

それでは本題です。
前記事の「ケースを割らずにクランクの振れを確認する」で触れたように
ヤフオク出品のAF35ZXのエンジンを入手しました。
実は井上ボーリングさんに二本のクランク修正を依頼してありますが、その一本が
AF35ZXの前期クランクなのでそれを使ってレストアしようと思ったからです。
ちなみにもう一本はAF28ZXのクランクです。

それではエンジンを詳しく観ていきましょう。

160114_141917.jpg

エンジン本体は凄く綺麗なエンジンですね。

160114_141725.jpg160114_141748.jpg

エンジン番号は33ですので、ギアカバーを変えていない限り前期エンジンは間違いないですね。
ケースはワイヤブラシで掃除した跡がありました。
そして、液体ガスケットの具合から、以前バイク屋さんがクランクを割ったと思われます。

160114_141622.jpg

ブレーキはかなり古いですね~
減りも当然ですが、今は摩耗してもこんな色に成らないんです。
木製の古いテーブルがこんな色ですよね。
アスベストが入った古いタイプのブレーキシューです。
なので、新車時からブレーキは変えていないと判断できるんです。
減り具合から考えてメーター2~3周ぐらいかな?
前回の商品説明から考えて、18000kmもしくは、28000km走っているエンジンと
考えて良いですね。

こんなところから、走行距離も推測できるんです。
そして、ギアボックスは一度もオーバーホールされていませんね。
仮に、オーバーホールしていたら、ブレーキシューも
ノンアスベストに変えているはずですよね。
ということは、このエンジンのギアボックスはオーバーホール必至です。

ちなみに、写真奥に見えているファイナルシャフトベアリングの色は青です。
現在は茶色のベアリングが純正で採用されています。
これは種類の違うベアリングで、茶色の方が防水性が優れている反面、回転性が
青よりも若干劣ります。
性能重視なら、同サイズの青のベアリング、耐久性重視なら茶色のベアリングに
するなんてことも出来ますよね。
ジャイロも同じですよ。

それでは早速、駆動系を開けてみます。

160114_143120.jpg

どうやら、前オーナーは未改造で乗っていたようですね。
ベルトやセカンダリーは純正です。
ドライブフェイスも純正ですが、プーリーは違うかも???

とりあえず、外して観てみようと思ったら、前後のボルトが緩みません。
取付けにインパクトレンチを使っていますね。
私の持っているインパクトは最大320N.nのトルクがあるのですが、
前後とも数回試してやっと緩みました。

前記事でクランクの振れを取り上げましたが、シャフトをプーリーホルダーで
固定しないでインパクトで締めた可能性が高いですね。
駆動系が見た目純正であることから、オーナーさんが駆動系を弄って
インパクトで締めたということは考えにくいですから、バイク屋さんが締めたと
考えるのが私の見解です。

160114_150041.jpg160114_143938.jpg

プーリーの大きさや純正のWRを使っていることを考えると、補修用のプーリーを
バイク屋さんが入れたと思われます。

160114_144002.jpg160114_144258.jpg

セカンダリーは純正ですが、センタースプリングが錆びていますよね。
センタースプリングって、定期的に乗っていれば、ほとんど錆びないんです。
そして、ベルトもほとんど減っていません。

160114_144403.jpg

写真はベルトのひび割れを撮ったのですが、ピントがエンジンに合ってしまいました。
雰囲気だけで勘弁してくださいね。
ベルトの谷部分にひび割れがあったことから、半年~1年は
不動状態(乗っていなかった)だったと思われます。


次はシリンダーです。

160114_142417.jpg

ファンカバーを外すと、かなり錆びたシリンダーが見えました。

160115_135004.jpg160115_135024.jpg

ヘッドを外してみると、シリンダーヘッドもシリンダーも圧縮漏れの跡が見えますよね。

160115_134818.jpg

プラグはほぼ新品状態ですね。
シリンダーを外してみましょう。

160115_135303.jpg160115_142956.jpg

シリンダー内は傷も無く綺麗です。
ポートにもカーボンの蓄積が少ないですね。
ところがですよ~

160115_135328.jpg

シリンダーの刻印はA-6です。
ライブディオ系の純正シリンダーはA-1~A-5まで見たことがありますが、
A-6は初めてです。
たぶん、古いほど数字が小さいと思うんですが、どうでしょう?
知ってる人はコメント欄で教えてくださいね。
前期エンジンでは1~3までしか見たことが無かったのことと、シリンダーの状態を
考えるとシリンダーを交換してあると推測できます。

新品のシリンダーを、ヘッドボルトを強く締めすぎると歪んで排気漏れが起きるんですね。
緩い方が不思議に漏れないんですよ。

次にインマニを外してオイルポンプを確認します。

160115_135803.jpg160115_135718.jpg

やっぱり、一度ケースを割ってますね。
液体ガスケットの塗り方で判断しました。
そして、変なのがオイルポンプです。

クランクがあれだけ振れていれば、通常ならオイルポンプのギアが変摩耗してしまいます。
これは交換されていますね。
オイルポンプ交換から数百km走れば、あのクランクの振れなら
ギアはかなり減っているはずです。
オイルポンプ本体は汚れていたので、交換はかなり前だと思いますから
前のオーナーはほとんど乗ってないですね。

それでは、ケースを割ってみます。
いつものようにケースをバーナーで温めてクランクにベアリングが残るようにして
割っていきます。

160115_142225.jpg160115_142825.jpg

ピストンは排気側がうっすら排気漏れがありますが、あれだけクランクの振れが大きいと当然ですね。
ケースは綺麗なもんでしょ。
割った直後ですから、これだけ綺麗ならオーバーホールしてから、いくらも走ってないですね。
ベアリングもほとんど傷んでいないんですよ。

160117_214932.jpg

ベアリング装着部のクリアランスを計ったら両側共0.05mmのシックネスゲージも入らない。
つまり、インナーが引けるクランクインストーラーで引ききってインストールしてあるってことです。
市販のインストラーは、そのままではアウターしか引けないので、クリアランスがゼロに成らないんです。
つまり、バイク屋さんが腰下インストールしたってことですね。
クランクのインストールについては、そのうち記事で詳しく書きますね。

これまでの状態を考えると、焼付いて下取りで入庫したZXをバイク屋さんが
腰下オーバーホール、腰上交換、駆動系交換、オイルポンプ交換の修理をして中古で販売した。
これだけのパーツを交換すると、おそらく12万円以上の車両価格に成るでしょうね。
クランクが振れていたら廃車にしたでしょうからクランクは交換していないと思います。
ところが、駆動系を組む時にユニバーサルホルダーを使わずにインパクトを使ったため
クランクが曲がってしまった。
それを知らずに購入した前オーナーは45km/hも出ない車両に嫌気が刺してしまった。
そこで、ほとんど乗らずに1年ほど放置して廃車にしたって感じですね。

前オーナーは、30代か40代の男性ですね。
若い人なら、速度の出ない車両を放置せずに次の車両に乗り換えるか、
自分でプーリーを変えたり何とか軽快に走るようにするはずです。
女性なら、バイク屋に文句タラタラな、はずですからね。

でも、こんな状態のエンジンでも実働!異音も無く好調!って書いてヤフオクで売るんですよ。
他の人が買ったら泣きが入ったところですね。
素人はヤフオクのエンジンに手を出さないのが無難です。

どうですか?
エンジンを各部を診ながら検証していくとある程度、そのバイクの歴史が判るんです。
初代オーナーまでのことは判りませんが、どんな状態で購入して、どんな乗り方をしたか?
年齢は?性別は?
面白いでしょ~

このエンジンを治して売ったバイク屋さんは2stスクーターは得意では無いですね。
バイク屋さんって、医者と同じです。
医者も外科、内科、精神科から整形外科まで様々です。
それぞれ得意分野があり、それ以外は苦手なんてことが多いんですよ。
バイク屋も同じで、取りあえず直せるけど・・・・・って感じなんです。

オーナーさんが、そのことを理解して付き合うバイク屋さんを決めることが大事ですよ。

そして今回は、クランクが曲がってから幾らも乗っていないので、ケースの歪みも無く
良いエンジンが入手出来て私的にはラッキーです。

井上ボーリングさんからクランクが戻ったら、またレストア記事を書きますね。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

中古バイク

2016年01月18日 06:10

やんちゃ親父さん、おはようございます。
休みでしたが、子供の行事の為作業は進んでません(子供優先で嫁さんの機嫌をそこねるとバイクに乗れなくなる)。
ライブdioのシリンダーは予測ですが、メーカーから新品を取り寄せるとそれになるのではないですか?
当方の初期ライブdiozxはスケジュール的に3月からになりそうですが、やんちゃ親父さんのレストアを参考にさせていただきます。😄

Re: 中古バイク

2016年01月18日 22:27

Redbom3223さん、こんばんは

家族サービスは大事ですよ~
今回の前期ZXのレストアは2月に成りそうです。
参考にするなら上級者向けにブログ加工かな~

こんばんわ(^-^)/

2016年01月19日 19:14

雪です…寒くってバイクにゃ乗れないです

ドレンボルトいいですよね♪
自分のライブディオにも細工して付けたいなぁ(笑)

さて、チョイ気になる案件が…
暫く前にZXのノーマルキャブからオートチョーク(オートバイスタータ?)撤去してるんですが、始動性がすこぶる会長なんです!(爆)
まず、キーON前にキック3発
その後キーONしてキック1発でブロロロ〜♪ってな具合です。
最近の極寒(夜9時とか)でも同様なんですが、この現状って夏場おかしくなるパターンでしょうか?•́ω•̀)?

ちなみに、キーON→そのままキックではカブったみたいになってなかなかかかりません…(30発位でやっとこ)
リードバルブ辺りが怪しいかなって予想ですが,,,
( ̄▽ ̄;)

Re: こんばんわ(^-^)/

2016年01月19日 20:39

杏さん、こんばんは~
マジ寒いっすね~

オートチョークは、気温が低い時にガスを濃くする機能ですので、
現在のセッティングで始動時のガスが若干濃くなっている可能性がありますね。
たとえば、SJの横穴が小さく成っていたり、エアクリが汚れていても濃く成ります。
よく直キャブで始動時に吸い口を手で塞ぐと掛かり易いって聞きますよね。
エアを絞ることでガスと空気の割合を濃くしているんです。
夏場は濃くても大丈夫だと思いますよ。
薄いより全然いいと思います。

リーダバルブの不調は純正なら、ほとんど無いですね。

2016年01月19日 21:29

なるほど♪
SJは先日気になったので、パーツクリーナで開通の確認だけはしてたんですよ…
鍋で煮込むんでしたよね?(笑)

でも、夏場も「ぉK」ならそのままでも良いかもって思ってしまったりして…

あ、因みに今装着してるのは亀のビックリードバルブです
(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
少しでも1次圧縮上がれば♪っておもって、リードバルブに付いてる反った鉄の板(?)を2枚重ねて組んでますが効果は…
プラシーボですかね?(笑)