FC2ブログ

02月 « 2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

ジャイロの駆動系 2

2015年 09月28日 23:09 (月)

今日は、空いた時間にジャイロのセッティングを詰めていこうと思いプラグを確認、

150928_121536.jpg

このプラグを見て皆さんは、どう思いますか?

正解は、下はOK、真ん中が少し濃くて、上がかなり薄いんです。
体感で分かっていましたが、確認の為に外してみました。
端子の色が白っぽいか、茶色っぽければ分かり易いんですが、教科書通りに
成らないのがチューニングマシーンです。

SJ40そのまま、MJ110そのまま、PJ42 ⇒ 48に変更で様子を見ます。
MJも小さくしたかったのですが、同時に変えると変化が分かりずらいので
そのままです。

そして、後期のディオポンプをヤフオクで探していたのですが、結構高いんです。
なら、新品を買うか~ってことで、中華ポンプを買ってみました。

150928_151328.jpg

これをジャイロで使う場合は、そのまま使ってはいけません。
下の赤いキャップが負圧を取るニップルですが、下向きで使用すると
まれに燃料が流れ込んで負圧を邪魔してポンプが作動しなくなってしまうことがあるんです。

一度、蓋の部分だけ外して組み直せばOKですが・・・・

150928_151343.jpg

弄り防止の特殊ネジが使われています。
専用のドライバーを持っていない人はバイク屋に持っていけば、緩めてくれます。(たぶん)

150928_151629.jpg150928_152421.jpg

外して、上下反対に組み替えればOKですね。
これで、負正圧を取ればジャイロに使えます。

では本題です。
前記事で書いたように、ジャイロは各部のパワーロスが2輪スクーターよりも大きい。
2輪の2stスクーターと同じように駆動系をチューニングしていくと全然速くならないんです。

それまでのスクーターの駆動系チューニングの定番メニューは
ハイスピードプーリー、強化ベルト、強化センタースプリング、軽量クラッチ、
強化クラッチスプリングでした。
スクーターレース車両のチューニングパーツを、そのまま使用する形ですね。

ハイスピードプーリーで変速域を増やして、強化ベルトでレスポンスを上げる、
強化センタースプリングで変速を遅らせてパワーバンドに入り易くして、
軽量クラッチと強化クラッチスプリングでクラッチミートタイミングを高回転よりにする。

これって、すごくパワーを食われるので、熱ダレが早く、最高速は落ちます。
それをカバーするために、エンジンチューニングをするようになるのですが、
ジャイロでこのチューニングをするとメリットが全然目立たずにデメリットばかりに
成ってしまうんですね。

たとえば、ハイスピードプーリーを入れても強化センタースプリングを入れると
ベルトを外側まで押し上げるパワーが足りない。
強化ベルトを入れると、レスポンスは気持ち良くなるものの、元々パワーが小さいので
レスポンスの向上よりも、熱ダレの方が気になる。
高回転でクラッチをミートしても、フラットなエンジン特性を持つジャイロはメリットは少なく
駆動系の負担を助長するだけになってしまう。

じゃ~どうすれば良いの?ってことで考えられたのが、駆動系の負担を最小限にして、
プーリーを外側まで使えるようにして、最高速を伸ばす。
ってチューニングメニューが考えられたんです。

プーリーを出来るだけ大きくして変速域を増やして、センタースプリングはベルトが
滑らないギリギリの硬さにして、WRでバランスを取る。
ベルトは追従性を重視して、滑らせずに駆動系の発熱を最小限にするって言う
チューニングです。

これで、以前はボアアップしても65km/hがやっとのジャイロが80km/hまでは
簡単に出せるようになったわけです。

これは、2輪スクーターにも有効で、純正より駆動系やエンジンの負担が低減され、
私の検証ではZXではリミッターカット無しで85km/hまでは車速を伸ばすことが出来ました。

ところが、今までとは正反対のチューニングですので、パーツが出ていないんですよ。
社外のプーリーを加工してもらうのにも、国内で頼むとプーリーの価格の4~5倍は
掛ってしまいます。
センタースプリングも一から作ってもらうと目が飛び出るほど高いんですよ。

そこで、今後は、2stよりもパワーが低い4st用のパーツを加工・流用していくのが
今後のチューニングの方向性だと思います。

最後にプーリーについてですが、ジャイロの場合はシンコーメタル製のステージⅤが
一番ですね。
ジャイロの小さいトルクを上手に使って変速させていくこのプーリーは完成形だと思います。
でも、高回転のパワーで変速させていくスポーツタイプのスクータには
変速特性が合っていません。
今後、ZX用のプーリーは私の方で煮詰めていく予定ですが、少し時間が掛かりそうです。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

2015年09月29日 00:01

毎日楽しみに拝見させて頂いてます♪
ZXのプーリー期待します(^-^)/