FC2ブログ

03月 « 2020年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

AF35 ライブディオZXの大口径プーリー使用時の極秘ファイル

2015年 09月12日 00:25 (土)

今日の記事はパスワードの掛った限定記事です。
私はメモを取るのが苦手なので、私の開発メモだと思ってくださいね。

今は入庫車両も無いので空いた時間にZXの駆動系の開発を進めているのですが、
そこで、現在発売しているプーリーの現状と、デメリットを書いていきたいと思います。

ZXの最高速を上げるためには、限られたパワーの中でギア比を上げることですが、
50ccのパワーでギアボックス内のギア比を上げると、どうしても発進時が犠牲になります。

そこで、固定ギアはそのままで、無段階変速のプーリーを大きくして、
発進時を犠牲にすることなく、最大変速時のギア比を上げることで
最高速を20km/h上げることを目標に開発しているのが当店の大口径プーリーです。

大手社外メーカーのキ○コさんの4st用の95mmプーリーを最大変速出来るように
加工している訳ですが、ZX用のプーリーではありませんので
不具合があった時の対応はキ○コさんで出来ませんので、
品番等は伏せさせていただいています。

ZX純正プーリ実測
ZX純正プーリー実変則域

純正のプーリーの直径は88mm、実変速は80mm強です。
ZX用の社外プーリーは国内外でかなり出ていますが、実変速は90mm以下です。

これは、プーリーを大きくしても、セカンダーリーの変速域が決まっているため、
プーリーの大きさイコール実変速域に成らないからです。

そこで、より大きなプーリーを使い、セカンダリーの変速域を加工して増やすことで、
実変速域をプーリーの大きさ一杯まで変速するようにしたのが当店のプーリーです。

最大変速時には、純正CDIでリミッターが効く8000回転で80km/hオーバー
社外CDIで9000回転まで回る車両は、90km/hオーバーが駆動系だけで達成できる訳です。

社外ベース大口径プーリー外径

このプーリーは加工して、最大限に変速させると現状ここまで変速します。

大口径プーリー現状変則

これでも、外側1.5mmほど使えていない領域があります。

AF35 ライブディオZXの大口径プーリー使用時の極秘ファイルの続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

AF27スーパーディオとライブディオのプーリーは口径は変わりませんか?

2020年03月07日 15:54

AF27スーパーディオ用のプーリーよりライブディオのハイスピードプーリーの方が口径が大きいとは本当ですか❓

Re: AF27スーパーディオとライブディオのプーリーは口径は変わりませんか?

2020年03月09日 20:25

タカユキさん

プーリーの大きさはあまり重要ではないので気にしない方が良いと思います。
大事なのは変速幅です。

スーパーディオとライブディオはベルト幅15mmで駆動系はほぼ同じ設計です。
スーパーディオZXとライブディオZXはベルト幅18mmです。
ディオとZXの違いは上記の他にプーリーボス長やセカンダリーの変則幅が違います。