FC2ブログ

02月 « 2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

最高の技術でクランクを組むためにケースの歪みを修正する

2015年 08月26日 12:49 (水)

松山は台風の影響は無かったのですが、今日は一日中、風が強かったです。
他の地域では、雨が凄いようですね。
2輪で通勤・通学している方は注意してくださいね。

昨日、紹介したマロッシのクランクを組むエンジンですが、
実働で、なかなか調子の良いエンジンだと聞いていました。
そこで、外したクランクを動画で撮ってみました。
[広告] VPS
卓上Vブロックで、ベアリングも着いていますから、高精度の計測ではありませんが、
ジュネ側は良好、駆動側は20/100ぐらい針が振れています、
たぶん、街中で走っている標準的なAF35ZXは、このぐらいの曲がりがあるのでは?

パワーの有るZXはクランクがこのぐらい曲がっていても、50km/hは出ますし、
長い直線で条件が良ければ何とか60km/h出ちゃうんです。

でもね、ZXってこんなもんじゃないんです。
次の信号までの、ちょっとの距離でも60km/hまでは、アッと言う間!
これが、本当のZXなんですよ~

でも、ほとんどの人が、本当のZXの性能を知らないまま駆動系をチューニングしたり、
ボアアップしたりしています。

私の所で腰下をオーバーホールしたZXエンジンは、駆動系だけで80km/h、
点火系で90km/hオーバー、エンジンまで手を入れれば軽く3ケタを超えます。

今日は、そんな私のクランクオーバーホールの秘密についてです。
エンジンはクランクシャフトが、ブレ無く軽く回るほど、高回転で回すことが可能になります。
普通の街乗り用のエンジンであれば、メーカーが定めた精度のクランクで、
バイク屋さんの技術でクランクを組めば、全く問題の無いレベルで走行できます。

バイク屋さんの使用しているクランクインストール工具は市販の物より性能が良く、
それを使用してクランクをインストールすれば、ベアリングのセンターが出るように成っています。
ベアリングのセンターが出れば、クランクが軽く回り、停止時にはクランクウエイトが
下に来たところで止まります。

よくYouTubeでも動画でありますよね。あの状態です。
バイク屋さんにベアリングやクランク交換を頼めば、その状態まではしてもらえるんです。
ところが、15~20年も経った、くたびれて、歪んだクランクケースでは、上記の技術では、
新車時の性能を取り戻すことが出来ないんです。

私のクランクインストールは、本来はレース車両向けの技術なのですが、
経年劣化のケースで新車時の性能を取り戻すには、これしか無いのが現状です。

どんなに、精度の良いクランクを使用しても、クランクケースが歪んでいれば、
回転抵抗になります。
そして、ケースが歪んだり、ずれたりしていれば、
1/100mm精度のクランクベアリングのセンター出しも出来ません。

ケースの歪みは、人間で例えると腰の位置が並行で無い状態です。
女性などで、腰の位置がズレているのが原因で腰痛になる方もいますよね。
エンジンでも同じことが言えるんです。

常に1/100mm精度でセンター出しを行うには、クランクケースの歪みを修正する必要があります。
クランクケースの歪みは、1台1台に癖があり、エンジンによって修正方法も異なります。
今日は、その一つを紹介しますね。

クランクケースやギアケースには、位置決めの為にノックピンという小さい筒が入っています。
これを入れることによって、左右の位置がズレるのを防止する訳ですが、
歪みがあるケースにそのまま入れると、歪んだ状態のまま組まれてしまいます。

ノックピン修正前

ダウエルピンとも言うんだっけ?少し錆ていますよね。
ケースが歪んで、外部から水分が入ると、金属ですから錆が出ます。
錆びれば膨張して、当然位置がズレてきますよね。
この錆を落として、外径を3/100~5/100mmほど細くしてあげるんです。

ノックピン修正後

この修正を行えば、削った分と、錆を落とした分で7/100mm程度は自由度ができますよね。
軽い歪みの場合は、この調整だけで組む時に、微調整するとセンターが出せます。
もちろん、ピン穴も綺麗にして、クリアランスを確保しないといけませんよ。

まあ、その微調整や他の歪みを取る方法は、秘密にしておきたい部分でもありますので、
ご了承くださいね。

実際にクランクを組む作業は15分もあれば完了しますが、
その前の歪みに対する調整や段取りなどで、半日以上は掛ってしまうんですよ。
そこまでしないと毎回、1/100mmの精度でセンター出しをすることが出来ないんです。

他で組んだら高回転が回らない台湾クランクでも、
私が組めば新車同様に回ってしまう秘密は、ここにあります。

私が組んだクランクは、本当のマニアの方に使って頂きたいですね。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント