FC2ブログ

03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ヤフオク出品のZXエンジンの検証

2015年 07月22日 12:58 (水)

相変わらず松山は晴れ時々雨って感じの変な天気が続いています。
今日は朝から釣りに行くも、釣れず、テンション下がりまくりです。

まあ、田舎はのんびりしていて良いですけど、たまに東京が恋しくなりますね。
友達はみんな東京に居るから仕方ないんですけど・・・・
東京オリンピックは楽しみなので、2020年には一度戻りたいですね。

東京オリンピックと言えば国立競技場問題。
国が主催する建設計画って、本当にザルですね。
だいたい、お金の管理が出来ていないのが問題だと思うんです。

たとえば、東日本大震災の復興ですが、復旧・復興に必要なお金は、十分な寄付が集まりました。
でもね、9割ぐらいが何処かに消えてしまっているんです。
世界中からの好意が消えているって、とんでもないことですよ。

福島第一原発での作業員には、国から一日一人あたり10万円の予算が現在も出ています。
でも、作業員は一日8000円の日当で働いているんです。
10万円のうち、9割が誰かのポケットに入っています。

国立競技場も同じです。
予算の9割が消えてるんだから、何時までたっても出来る訳が無い。
最終的な負担は、税金となって私達が払うんですから腹が立ちますよね。


さて、天気が不安定なので、久しぶりにZXエンジンのレストアでもやりたいと思います。
今回は、趣向を変えてみんな一度は失敗しているヤフオクのの中古品を検証しながら
レストアしたいと思っています。
前に記事で書いたZX中期エンジンを落札して夕方届きました。
結局、送料が思っていたより高く、総額6500円のエンジンです。

ヤフオク中期ZXエンジン


このエンジン、ブログでは「素人の手には負えないエンジンなので、買ってはいけない」と
釘を刺しましたよね。
それが、事実なのかオークションのコメントを確認しながら説明しますね。

「ディオZX(AF35)純正のエンジンです。部品入庫のため始動未確認です。
クランキングしますが、少々固い感じです。その他詳細不明です。
ジャンク、部品取りにいかがでしょうか?
ご活用いただける方よろしくお願いいたします。
古いものになりますのでノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルでお願いいたします。
詳細確認、現物確認など大歓迎です。」
という原文でした。

業者出しのエンジンですので、これだけの情報で私には十分なんです。
業者出しと言うことは彼らはプロなんです。
観て使えると感じれば、始動確認はするはずですよね。
見ただけで始動確認をする価値が無いということですね。

「クランキングしますが、少々固い感じです」これは、駆動系、
又は腰下にダメージがありますよって意味です。
それでは、さっそく観てみましょう。

業者だし中期ZXエンジン

泥汚れがありますね。
エンジンは錆や油で汚れているケースが多いんですが、
泥は今までの経験上、最悪のパターンなんです。
スクーターはオフロード車じゃないので、基本的に通常使用だと泥は
ほとんど付かないんですよ。

下回りはこんな感じ

業者だしエンジン下回り1

ね!泥が凄いでしょ。
ギアケースの下はオイルの塊でしょうか?

業者だしエンジン下回り2

これじゃ~ファイナルギアも結構なダメージが有りそうです。
続いて、シリンダーの確認をしてみましょう。

業者だしエンジンシリンダー確認

画像では分かりにくいのですが、これはオイルじゃ無く泥です。
これで分かりました!このエンジンは水没ですね!
そして、ピストンのトップリングに違和感があります。
リングが食い込んでますよね。シリンダーが無事なら奇跡ですね。

さて、駆動ケースから開けて見ましょう。

駆動ケースふき取り跡

分かるでしょうか?
ケース外側だけ油汚れが綺麗に拭いてあります。
写真で写る部分は、拭き取ってから写真を撮っているんです。
少しでも良く見せようとする業者の知恵ですね。

オークションでは「写真で判断してください」って書いてありますよね。
それなのに、写真が少ないのは・・・・・解りますよね。
売り手の意図を読んで買い物出来ない人はオークションでの購入は
止めた方が良いかも知れません。

駆動系は意外に綺麗でした。
でも、ナットがきつくて緩みません。
そんな時の対処法を教えますね。

ボルト緩め方法

バーナーで炙るんです。そして、CRCで急速に冷やす。
これを2回ほど繰り返すと固着が無くなります。
間違っても引火性のパーツクリーナーなどで代用しちゃいけませんよ。
火事になりますからね。

ここで、外が暗くなってきたので作業終了です。
バラしてしまうことは、出来るんですが暗いと画像が撮れませんからね。
水没エンジンの中がどうなっているか観たいでしょ。
滅多に見れませんから、明日明るい時に写真を撮りながら説明しますね。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

エンジンについて

2015年07月22日 13:57

お疲れ様さまです。
当方も過去にもらったエンジンでクランクウェーブ、クランクベアリング錆による固着の経験があります。恐らく同じかと!

Re: エンジンについて

2015年07月22日 15:43

今日、開けてクランクの状態を確認したのですが、
案の定、水が入り込んでいました。
しかし、オイルポンプ不調のおかげで2stオイルも入っていて、
思ったより錆びていなかったですね。
クランクが曲がっていなければ復活できるかも知れません。
ベアリングは破損していますね。