FC2ブログ

03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

不動ジャイロキャノピーの入庫

2015年 07月20日 15:16 (月)

ほとんど毎日ブログを書いているので、記事が、かなり増えてしまいました。
少し整理しようと思いますので、過去記事を読みたい人は今のうちに読んでおいてくださいね。

今日は午前中は、入庫してきたキャノピーの点検、午後はジャイロで海岸線を流して水着ギャル探しです。
(ウソです。ジャイロの慣らし運転です)

私のXですが、ボコボコ言ってるので、もう少しMJ薄くしても良いかな?と思い
SJ42、MJ100、PJ45と、純正シリンダーと同じ仕様で、少し走ってきました。

あいにく、くもり空でしたが、今日から夏休みということで、浜には思ったより人も多く出ていましたよ。

松山近郊の海水浴場1松山近郊の海水浴場2

ジャイロで10分も走れば、こんな景色が広がります。
東京じゃ考えられないですね。

そうそう、東京といえば葛西臨海公園で、海水浴場がオープンしましたね。
私が東京湾では、幼稚園の頃に船橋で海水浴した記憶が最後ですね。
45年ぶりぐらいではないでしょうか?

ジャイロの話しに戻りますと、MJを下げたのはイマイチでした。
中間が薄い気がする。SJを下げるべきでしたね。
セッティングって、とにかく変えて違いを把握することです。
2回や3回でセッティングなんか出ませんよ。
もちろん、走るようには成りますが、ベストを探すのがセッティングですからね。

次はSJ40、MJ105、PJ48で走ってみます。
えっ、変えなかったのかって?
夕立が降りそうなので止めです。暑いし(笑)
やっと50km超えましたよ~
とりあえず、100km走ったら、開けて見せますね。

さて、次は入庫したキャノピーです。
オークションで手に入れたという、ルイ・ヴィトン仕様のジャイロキャノピーでした。
車体は初期型、エンジンは後期に載せ替えてあるので、整備自体は楽そうです。
話しを聞いてみると、最初はアイドリングも調子よく、問題無く走ったそうですが、
しばらくすると、走ってはエンジンが止まりを繰り返したそうです。
聞いた感じだと焼き付いている可能性が高い。
しかも、オイルポンプが怪しいと感じながらも、預かりました。

まずは、点火系からチェック!
バッテリーは大丈夫でしたが、プラグの減りと点火を確認したら、どうも火花が弱い。
はい!1つ不良個所発見です。

プラグキャップとコード

プラグキャップとコードのつなぎ目がガバガバでした。
ジャイロでは多いトラブルですので要チェックですよ。

次に燃料系です。
キャブレターのドレンボルトを緩めると綺麗なガソリンが出てきたので、
ここまでは異常無く燃料が来ていますね。
スロットルワイヤーが繋がっているキャブレターキャップを外します。
そしたら・・・・・・

スロットルピストン

サラッサラーのサラサーティーです。
前に書きましたね。
オイルポンプからのオイルはピストンバルブに注油されるんです。
普通はオイルでベトベトです。

これで、2stオイルが来ていなくて焼き付いたことに、まず間違いないですね。
オイルラインのチェックをしてみると、

オイルホース

矢印の所から色の濃さが変わっているのが分かりますか?
オイルが滲んでいます。ホースも劣化していますね。
本来なら次はオイルポンプのチェックですが、エキパイを外さないと診られませんから、
エキパイを外して、先にシリンダーとピストンを確認します。
シリンダーヘッドを外すと案の定でした。

キャノピーのヘッドを外したところ

もちろん、ピストンもこんな状態

キャノピー焼付きピストン1キャノピー焼付きピストン2

全体的に傷がありますよね。
ピストンは終了。シリンダーも使わない方が良いですね。
ホーニングして使っても重いキャノピーを走らせるには力不足だと思います。

最初は軽い抱きつきでも、何度もエンジンを掛けたり、走ったらこうなるんです。
しかも、オイル無しでの焼き付きですから、クランクベアリングもオイル無しで使っていたことは
明らかです。
下手をするとクランクが歪んでいても、おかしくありません。

あとはオイルポンプが、何故動いていないか?ですね。
エアー抜きをしていなかった、もしくは、ギアが減ってポンプが動いていないかですね。

ここからの作業は、オーナーさんに見積もりを出してからの方が良いと判断して、
連絡したところ、修理を諦めるとのことなので、ここで点検を終了しました。

腰上はマロッシを組むとして、オイルポンプ交換や、最悪クランクまで交換です。
こんな状態だと、当然ギアボックス内や駆動系も怪しいですから、すると10万円コースですからね。
オイルポンプとクランクが再利用可能でも8万は見ないといけませんから、オーナーさんの選択は仕方ないですね。

昨日のブログで書いたように、オークションの商品には注意して購入しないといけませんよ。
特に、キャノピーは原付界のフェラーリーですからね。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

焼き付きついて

2015年07月20日 16:28

焼き付きについては、オーナさんの判断に委ねるところが大きいですね。修理代も馬鹿になりませんし。
当方も以前、アプリオノーマルエンジンを電磁オイルポンプの故障により焼き付かせた事があります。その事から自分のバイクは混合仕様にしてます。

雰囲気変わりましたね

2015年07月20日 19:42

いや、いつもの通りチェックしてみたら、なんかとても雰囲気が変わっていて、でも読みやすくて良いですね。
メールで送ってしまいましたが、エンジンの載せ替え終わりました。とっても疲れました・・・

Re: 焼き付きついて

2015年07月20日 21:57

2stはオイルを切らしたら終わりですからね~

焼き付きだけなら、ラッキーですけどね。

Re: 雰囲気変わりましたね

2015年07月20日 21:59

エンジン載せ替えお疲れ様でした。

この方が見やすいですか?
もう少し横幅があった方が良いかな?なんて考えています。