FC2ブログ

03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

バッテリーに負担が掛からないHIDを装着する 2

2015年 07月03日 09:20 (金)

昨日の続きです。

付きました!点きました!
いや~思ったよりも大変でした。
配線自体は難しくないんです。
問題は大きなバラストと切り替えのリレーを、どうカウルの中に収めるかです。
安いHIDはバラストもリレーも小さいので楽なんですが、すぐに壊れます。
1灯なら、それほど難しくないんですが、2灯だと配置を考えないといけません。

何とかカウルに収めたのですが、次の難問が・・・・
それはCDIです。
CDIば後期のデジタルのバッテリー式に変えないといけません。
中期のCDIは、アナログのコイル式で、電線配置はこうでした。

キャノピー中期CDI.JPG
まず、この線を色ごとに何の役割りがあるかを考えます。
  • 赤黒  これはジェネレーターコイルに繋がっていましたので電源ですね。
  • 緑    これは簡単、アースですね。
  • 黄青  これはピックアップコイルから来ていますので点火タイミングですね。
  • 黄黒  イグニションに行っていますので、点火タイミング出力ですね。
  • 白黒  この線はアナログ特有の線で、バッテリー点火であればキーをOFFにすればエンジンが止まりますが、コイル点火の場合はOFFにしても電気が流れ続けるのでエンジンが止まらないんです。そこで、キーをOFFにすると、点火信号をグランドに流すことで強制的にエンジンを止めるラインがあるんです。それがこの線です。
ということは、後期CDIに変える時に白黒は不要な線ですね。
そして、バッテリー点火に成るので、赤黒にアクセサリー(ACC)電電を持って来ないといけないんです。

ここまでは、予習していました。
白黒を抜いて、赤黒にACCを入れてセルを回す。
セルは回るが、どうも火が飛んでいない。
そう、意地悪なホンダさんは、ピンの位置を変えていたんです。

6Pカプラーのピンは5本、差し込む線は4本、組み合わせは全部で何通り???
線の組み換えで3時間掛かりました。
正解はこれです!

キャノピー後期CDI

少し違うならまだしも、全然違うでしょ~。
ちなみに、ライブディオとZXの初期も同様、中期以降のCDIにしないといけません。
ジャイロの後期CDIとライブの中期CDIのピン配列は一緒なので、
自分でHIDを取り付ける時には参考になりますよ。

これで、やっとHIDの装着が完了してエンジンに火が入りました。
でも、写メはまだです。だって、オーナーさんに見せていないのに公開したらマズいっしょ!


記事が中途半端なので、エンジンの始動方法についてチョコっと話しますね。
原付2stスクーターの始動方式は2種類あります。
キックスタート方式とキック&セルスタート方式です。

問題はキック&セルスタート方式で、セルで掛からずキックばかり使用している人です。
キック&セルスタート方式の場合、キックはあくまでも予備装置と考えてください。
キックスタート方式の物より作りが弱く出来ています。
セルでエンジンが掛からない時は、バッテリーが弱っているか、
エンジンに問題があるか、点火系に問題があるかのどれかです。

セルでエンジンの掛かりが悪くなった時には、不調の予告だと思って
しっかり原因を突き止めて整備しましょう。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント