FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ジャイロX中期エンジン

2015年 06月26日 15:59 (金)

風邪薬は飲んでいるのですが、薬が切れると熱が上がる。
どうやら、風邪では無くて雑菌が入ったようです。リンパが腫れて触ると痛い。
抗生物質を飲めば一発で治るのは分かっていますが、
身体に残るのであんまり飲みたくないんです。
でも飲まないと、ディオのシェイクダウンも出来ないので飲むかな~

さて、昨夜1時間も掛けてジャイロXの中期エンジンを運んできていただきました。
焼き付きのため、腰上と腰下のオーバーホールと、出来れば少し早くしたい
とのことなので駆動系も考えないといけません。

まず、大事なのは何故、焼き付きを起こしたのか?原因が判らないと
直しても同じことを繰り返してしまいます。
手掛かりに成るのは、プラグ、シリンダーヘッド、シリンダー、ピストン、クランクあたりです。
ところが、今回はプラグは清掃済み、シリンダーヘッドは綺麗にサンドブラストまでしてありました。

シリンダは全体的に傷があるので、オイル切れ、もしくはオーバーヒートによる焼き付きです。
ピストンは傷だらけで使えそうにもありませんね。
気になったのがコンロッドのスモールエンドベアリングが入る部分。

コンロッドの摩耗

擦れて減っていますね。圧力が掛かると、ここにしわ寄せがくるんです。
ボアアップ車両でよく見られるのですが、純正シリンダーでは初めてです。
取りあえず明日、よく考えようと寝たのですが、次の日に気が付きました。
シリンダーヘッドがジャイロの物ではありません。

何のシリンダーヘッド?

左が、今回の車両に付いていたヘッド、右がジャイロの純正です。
小さくてフィンが短いので冷却効果も悪そうです。
きっと圧縮も高かったのでしょう。
だから、スモールエンドベアリング装着部に負担が掛かったんですね。

これで焼き付いた原因が分かりました。
違う車種のシリンダーヘッドを付けていて、圧縮が高くなり、燃焼温度が上昇して
オーバーヒートによる焼き付きです。
幸い、手元にライブディオのシリンダーヘッドがあるので、取りあえず付けておくことにします。
そのうち、ジャイロ用に変えてくださいね。

そして、ケースを割る前に簡易計測でクランクの振れをチェックしたところ、
左右とも1/100mm以下なので問題無し、
気がかりだったのはベアリング装着部が、どのくらい摩耗しているか?でした。
こちらも、日中確認したところ再利用可能でしたので、腰下はベアリングとオイルシール
交換だけで済みます。

問題は駆動系。
あんなヘッドを付けるぐらいだから、ろくなバイク屋じゃない!
覚悟してチェックしました。
ベルトは変えたばかり?と思えるほどしなやかで綺麗でした。(品番がちょっと違うけど)
でも計ってみると・・・・

中期Xのベルト

文字も綺麗に見えるくらい新しいのに1mmも摩耗しています。
ノーマルだと普通5000kmぐらい走らないと1mm減りません。
どう見ても変えて数か月の感じですよねぇ~

次にプーリー

中期X純正プーリー

外側が使われていません。
初期、中期Xは駆動系の効率が悪いので、これが普通なんです。

中期X仮想最大変速1中期X仮想最大変速2

仮想で最大変速させてみても、WRが一杯に移動しても最大変速にはなりませんね。

そして、ビックリしたのはこれ!

中期XのWR

1個10gのWRが入っていました。

ドリブンを開けてみると~

中期Xのセンタースプリング

見慣れたライブディオのセンタースプリングです。
非力な中期Xに引っ張りきれるバネじゃありません。
ドライブとドリブンで綱引き状態ですね。これじゃ~ベルトも、すぐに痩せて切れます。
最高速も40~45km/hってところです。

本来なら、WRを軽くして柔バネ、ベルト交換といったところですが、
オーナーさんからの要望でミニカー登録なので少し速くしたいとのこと。
駆動系を考えました。

ベルトは15mmでドリブンは小さく、先日のライブディオと同じくらい。
プーリーボスは33mmでした。

中期Xのプーリーボス

んん~?これってライブディオと一緒ジャン!
X後期はZXと一緒、X中期はライブディオと一緒なら、プーリーはライブディオ用でOKってことです。

そこで、探してみるとライブディオなら、各メーカーからプーリーが出ています。
ここで気を付けなければいけないのが、ライブディオとZX両方に使えるプーリーは駄目ってこと。
ボスの長さも、ベルトの厚さも違うのに同じ変速レンジに成る訳がないからです。
兼用だと、ライブディオは最大変速しないことになってしまいますから。

ZXとライブディオ用のプーリーが分かれているメーカーを探すと出てきたのがデイトナでした。

デイトナプーリー

本体ローラー溝部にはフッ素コーティングしてあって非力なジャイロにも合いそうだし、
今回は車両持ち込みでは無いので最終的なセッティングはオーナーさんに任せますから、
セッティングの出しやすいデイトナはピッタリです。
あとは、プーリーが最大変速出来るように微調整するだけです。

これで、レストアメニューが決まりました。
本当ならデフのオーバーホールもしたいところですが、すでにオーナーさんは
オイルまで交換してあるので、デフは不具合が見つかったら改めて
オーバーホールした方がお財布にも優しいと判断しました。

後は部品が届くのを待つのみですね。
明日はライブディオのシェイクダウン出来るかな?

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

質問させて下さい。

2019年06月14日 15:26

はじめまして。

ネットで色々と調べていて、2stガレージさんのブログを拝見させて頂きました。

当方、中期ジャイロXに乗っているのですが、ハイスピードプーリーを入れたいと思い、ネットを見ていました。
こちらのブログに記載されています、デイトナのプーリーに興味があり見ていたのですか、種類が多くわかりませんでした。
お忙しいと思いますがお手数で無ければ、調べるにあたり詳しい品番、ライブディオの適合年式などご教示頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Re: 質問させて下さい。

2019年06月17日 18:05

ELVISさん

仕様やチューニング度合いなどによってもお勧めは異なりますが、
ブログで紹介しているプーリーはデイトナの品番31392のプーリーです。

ライブディオ系は年式に関わらずZXは18mmベルト、それ以外は15mmベルトですので
ZX以外のプーリーなら大丈夫です。

ありがとうございます。

2019年06月17日 19:52

ご回答、ありがとうございます。

最近、車両を手に入れ、ド素人なのですが知人とカスタムするため、色々とネットで調べています。旧い車両なので情報を聞く事が出来ず困っていました。
やんちゃ親父さんのブログに辿り着いた時には、思わず叫んでいました。笑い
少しずつですが、カスタムしていきたいと思いますので、ご迷惑でなければご教示頂けますますと幸いです。
これからも、ブログ楽しみにしています。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございます。

2019年06月24日 07:36

ELVISさん

私に解ることであればお答えしますよ。
カスタム頑張ってくださいね。