FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

GT50 ミニトレシリンダーのポート加工

2019年 12月19日 17:07 (木)

前記事でコンプレッサーが故障して作業がストップしていると書きましたが
無事に解決しました。

新しいコンプレッサーを購入して2回目の作業を開始したら10分ほどで液晶が消えて
うんともすんとも言わなくなってしまいました。
壊れたのはあいにく日曜日。
メーカーが休みの為、電話をいただけるようメールを送っておきました。

連絡が来たのは翌月曜日の18時過ぎ。
状況を説明すると「明日、新品を送ります」とのこと。
火曜日発送の届いたのが水曜日の夕方です。
木曜日(本日)から作業開始しています。
日・月・火・水の4日間作業が出来なかったわけです。

ハイガー産業ですが、初期不良は使用に関わらず7日間と成っています。
今回は故障発生が10日ほどでしたが、初期不良と同等の扱いで
新品交換していただけました。
これは好感が持てますが、初期不良期間は15日なら良いと思いました。
なぜならエアコンプレッサーは単品では使用できません。
エアホースやエアツールを別途購入しなければいけない。
そして、DIYで使うなら次の仕事休みの日ですよね。
家の中で使うものでは無いので、雨が降ったら次の休みに使用する。
ってことは、2週間ぐらいみてもらわないと初期不良が判断できない。
ですので、購入してすぐに使用出来ない商品は2週間ぐらいの初期不良期間なら
より良心的だと感じました。

そして、もう一つ感じたことはサポートの対応のスピードです。
電話が翌午前中に来れば早い対応、午後ならサポートが込み合ってる?
それ以降なら遅い対応と考えていました。
午前中に対応していただければ、その日の発送に間に合いますから
1日早く作業に入れます。
混んでいるってことは、初期不良や故障が多いと思われてしまいますから
メーカーのイメージは良くならないと思います。
それ以上に対応が遅れるならサポートの人員を増やすべきですね。
大企業で無いから、なかなか難しいとは思いますが、これから伸びる中小企業と
伸びない企業の差はこんなところに出るのでは?

以上、今回の「ハイガー産業」の商品についてでした。
それでは本題です。

私の所に補修やポート加工で入ってくる原付のシリンダーは殆どが空冷です。
空冷のシリンダーには放熱フィンが着いているのですが、8割以上錆びています。
この冷却フィンが錆びると極端に放熱効果が弱く成ります。
恐らく錆の熱伝導率が低いからでしょう。

そこで、今まではリューターを使って錆を軽く落としていました。

P_20191214_151541.jpg

これは後半に紹介するミニトレシリンダーですが、こんな感じですね。
カバーが着いている強制空冷なら良いのですが、自然空冷のシリンダーは
見た目が悪く成ってしまいます。

そこで、ブラストを試してみよう!とシンコーメタル代理店では考えているんです。
私の所では簡易ブラストガンを購入して100円ショップの重曹で試してみました。
結果は体中が重曹の煙だらけに成って、シリンダーも全然綺麗に成らない。
大失敗でした。

失敗の原因は重曹の粒子が細かすぎること。
小麦粉や片栗粉レベルの細かさですから、シリンダーは綺麗に成らないわ、
吹いた重曹が巻き上げられてしまうわ大変でした。
そこで。今回購入したのがこれ!

荒い重曹

見た目はグラニュー糖って感じで研磨効果がありそうです。
そこそこの値段なので、使い捨てには勿体ない。
そこでレジャーシートを敷いて使い、8割ぐらいメディアとして再利用出来ないかな?
って考えています。
取れた錆は磁石を使って出来るだけ排除すれば良いし、レジャーシート外に出た
重曹は雨で流れてしまうので問題無いかな?

そして放熱塗料での塗装も実験予定。
購入予定の放熱塗料はこれ!
GUN-KOTO」です。

gunkoto.jpg

塗膜が強靭で放熱性はアルミよりも高いとのこと。
ブラストと、このガンコートで空冷シリンダーでも今まで以上のハイチューニングに
対応する冷却を実現できます。

これをミニトレシリンダーに試してみたいと思っているのですが、
コンプレッサーの故障で作業が遅れているんですよね。
待って頂けるでしょうか?

後半へ続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク