FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

プーリーのメンテナンスと遅れた焼き付きテスト

2018年 09月27日 23:53 (木)

やっと気温も下がってきて快適に成ってきましたね。
オイルとガソリンの進歩で混合ガソリンが以前よりも簡単に出来るように成ったので
混合仕様の記事を書くことも多くなってきました。

もちろん、デメリットもありますよ。
オイルポンプのワイヤーを戻す力が加わらないのでアクセルの戻りが悪く成ってしまう。
新たにアクセルワイヤーを製作すれば問題ありませんが、他に方法が無いのか?
見つけました。

P_20180920_151457.jpg

左がキャブレターのスプリング、右はジャイロのリアブレーキのスプリングです。
長さは少し短いのですが、径はほぼ一緒なので使えるはずです。
テストしていないので耐久性は未知数ですが、新品を買っても数百円です。
純正部品はバイク屋さんで購入出来ますから試してみてください。

相変わらず質問メールが多いのですが、専用に用意した掲示板は書き込みが少ないので
近々廃止しようと考えています。
皆さんの質問内容ですが、殆どが過去にブログで対処法などを書いています。
ブログに限らず、文字では100のことを100伝えることは出来ません。
せいぜい10~30ぐらいかな?
後は皆さんの読解力です。

小学校の国語の教科書を思い出してみてください。
読むだけなら半日あれば読み終わります。
それを学校では1年掛けて、漢字を覚え、文面から隠れた筆者が伝えたいことを
読み取っていく訳です。

私はブログで出来るだけ細かく書くようにしていますが、それでもしっかり読まないと
理解出来ないのが文章です。
たとえば、oldkpさんの最新のブログで「ディオキャブは燃料通路が狭い」と書いています。
私のブログでは対処法を書きましたね。

8月30日の記事です。
記事の前半では動画を2つも用意し、写真を2枚も使って燃料通路の確保方法を書きました。
長年の使用でキャブレターにはガソリンの不純物が層を作ります。
100分の数ミリ程度ですが、供給される燃料はかなり減ってしまいます。
各ジェット類も同様です。
実はライブディオの焼き付き原因の8割がこのガソリンの不純物と
オイルポンプオイルシールの劣化によるものなんです。

これに気づかず、ジャイロにディオキャブを取り付けて焼き付きを起こす人も物凄く多い。
何度キャブセッティングをしても焼付いてしまう人は大体ディオキャブが着いているんです。
ここまで書けば中学生でも理解出来ると思いますが、いったいこのブログを読んで
何人の人が実行するでしょうか?
まず、やらないです。

以前、プーリーの最大変速比を計る記事を書きました。
しっかり自分でもやってみれば、販売している大口径チューニングプーリーの
変速比と今回のやんちゃプーリーの変速比が異なることも、すぐに気が付くはずです。
でも、気が付いて疑問を持ったのはコメントしてくれた人、1人でした。

メールは一人の方とやり取りですが、ブログは一度で多くの人に伝えられます。
ですが、せっかく何時間も掛けて記事を書いても週刊マガジンのように読まれては
伝わるのは雰囲気だけに成ってしまいます。
そこで最近はブログの更新頻度を1/3程度に減らしています。
ご理解頂ければと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク