FC2ブログ

04月 « 2018年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

高知からジャイロキャノピー入庫

2018年 05月21日 03:32 (月)

今回はリンクサスとブレーキキャリパーのオーバーホールを書く予定でしたが、
old_kpさんが過去に日記で詳しく書いていました。
行った作業は全く同じでしたのでそちらを参考にしてください。

リンクサスのOH
ブレーキマスター・キャリパーのOH
ホイールベアリングのOH

今回のリード足装着で苦労したのはハンドル周りでした。
どう考えても純正のハンドルにリード90のブレーキマスターを取り付けるには
無理があります。
そこでアドレスV125のブレーキマスターを使うことにしました。
ヤフオクで入手したブレーキマスターをハンドルに合わせてみるとこんな感じ。

P_20180514_133231.jpg

マスターシリンダーがカウルステーにぶつかるまで入れて、武川のスロットルホルダーを
取付けた状態です。
その時にハンドルの余りを計ってみると9cm弱です。

P_20180514_133326.jpg

ジャイロのスロットルコーンの長さは11cm。
あと2cmは内側に入れたいですね。
そこで、ハンドルのカウルステーをサンダーで削って取り付けました。

P_20180518_115946.jpg

マスターシリンダーから出ているホースガイドも干渉したので下部も少し削ってあります。
ミラー取付けですが、ジャイロのミラーは8mmの正ネジです。
アドレスV125は10mmの正ネジで、そのままでは取付けできません。
10mm⇒8mm変換アダプタを購入して取り付けました。
上の写真はすでにアダプタが着いています。

そしてミラーの取り付け位置ですが、1.5cmほど純正より手前に成りました。
ミラーをオフセットしてズラすステーも販売されていますが、移動幅は3~4.5cmです。
今回は使わずに取り付け角などを工夫して違和感が無いようにしました。

V125のブレーキのストップランプ配線は2極カプラー式です。
ジャイロの配線を加工して平型端子で取り付けました。

P_20180518_120024.jpg

次に純正カウルの加工です。
カウルが浮かないように干渉する部分を少しづつリューター等で削りました。
実はこれが一番時間が掛かったw

P_20180518_153621.jpg

ミラーの取付け穴を拡大してズラしたのですが、テンプメーターで隠れて見えませんね。
それにしても汚いですね~  掃除しなきゃw

それでは本題です。-

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク