02月 « 2018年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

チューニング車両に適したクーリングファンはどれだ?!

2018年 03月14日 23:42 (水)

あれだけ寒かったのがウソのように暖かく成ってきました。
クーリングファンのテストの為に城山公園に行ったのですが、
お堀の周りの梅が満開で綺麗でした。

P_20180313_130944.jpg

これなら桜の開花も早いんじゃない?と思って公園内を探してみました。

P_20180313_124429.jpg

数百本の「そめいよしの」の中でたった一輪だけ開いたつぼみがありました。
暖かく成ってきたのでお客様からの依頼も増えてきました。

P_20180313_150605.jpg

これは2stディオ用のハイギアです。
国内メーカーのハイギアはすでに廃盤で、現在手に入るのは台湾製が殆どです。
精密な作りが要求される一次ギアは無く、二次側のギアがヤフオクにも出ていますね。

ライブディオのハイギアですが、15×42と16×42の2種類が購入可能です。
ブログでもギア比を取り上げてきましたが、無難なのは15×42。
16×42は、よっぽどパワーが無いと使うのは難しいです。

18mmベルト仕様の車種は当店のプーリーを使うことで、駆動系をローギアから
発進させることが出来ますのでハイギアを楽に使うことが出来ますが、
15mmベルト仕様の車両は15×42でも発進は遅くなってしまいます。
これはそのうちブロマガでやりましょう。

このハイギアですが、ギアの組み換えは10t以上の高圧プレスが必要です。
自作工具程度では歯が起ちません。
出来ればオーバーホール時に組み替えるのが良いのですが、
純正のファイナルシャフトと一緒に送って頂ければ、当店で組み換え可能です。

台湾製ギアは精度の関係で組み換え後は当たりが付くまでギアオイルが汚れます。
3000kmぐらいまでは500kmごとにオイル交換することをお勧めします。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク