FC2ブログ

02月 « 2018年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

次のクーリングテストの前に

2018年 03月16日 14:47 (金)

まずはお知らせです。
マロッシのデジタルメーターとピストンリングをショッピングサイトに追加しました。

昨年末にクリスマス企画で1つだけ販売したマロッシのデジタルメーターですが、
お客様の要望で取り扱うことにしました。
駆動系のセッティングには欠かせないタコメーターですが、私のブログの影響からか?
ヘッド温度計を着ける方が増えてきました。
エンジンチューニングを行うと一番怖いのがエンジンの焼き付きです。
ヘッド温度計を取り付けることで、水冷のように温度を管理することで
焼き付きのリスクを大幅に減らすことが出来ます。

ところが、温度計とタコメーターが一緒に成ったデジタルメーターは
今まで販売されていませんでした。
私も別々に取り付けています。
それが昨年、マロッシから発売に成りました。
2つ別々に購入するなら、取付けスペースもコストも抑えられますからお得です。

そして、マロッシのピストンリングですが、マロッシのシリンダーは元々はレース用です。
ピストンリングの素材は柔らかく出来ています。
その為、減りが早いのが難点です。
特に当たりが付いていない新品時には減りが早く、慣らしが終わる頃には
美味しい時期が過ぎてしまうんです。

新品のマロッシを入れた頃は「パワーあるな!」と感じても慣らしが終わる頃には
「パワーに慣れてしまったかな?」って感じに成るんです。
新品シリンダーを組んだ時の美味しい時期は体感では200~300kmぐらいです。
もちろん、シリンダーに当たりが付けば減りは遅くなりますよ。
そこで、当店でマロッシを組んだお客様には慣らしが終わったらリングだけ
新品に変えてもらうようアドバイスしています。
高い部品では無いので、パワーダウンを感じたら変えてみてはどうでしょうか?

そして、前にブログで考案した初心者用のマロッシセットですが、
ご存じのようにクーリングテストで手間取っています。
シリンダー本体は届いているのですが、ファンもセットに付属する予定だったんです。
どうせなら良い物を販売したいので、もうしばらく待っていてくださいね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

チューニング車両に適したクーリングファンはどれだ?!part2

2018年 03月15日 19:15 (木)

前回の続きです。
クーリングファンについては、「このファンはこれぐらいの冷却能力が有りますぅ~」
ぐらいの感じでまとめてブロマガにしようと思っていたのですが、
そうは言ってられなくなったので一般記事で書くことにしました。

今までも他の方のブログでクーリングファンの風量テストは行われていました。
風量が多いファン=冷却能力が高いファン
という解釈が一般的と言うか常識だったんです。

当然、私もそう思っていました。
同じような内容じゃ~面白くないし、私の車両にはヘッド温度計が着いています。
それなら、温度を計って具体的な数字で各社外ファンの冷却能力を比べてみようと
思いテストすることにしました。

テストは出来るだけ条件が同じに成るようにしました。
キャブレターのアイドルスクリューを目一杯締めて車両が動き出す直前の回転数で
ヘッド温度が50℃から100℃までの時間計測をすることにしました。
1つのファンのテストが終わったらヘッド温度が40℃に成るまで待ってから
次のファンのテストを行いました。

テスト当日の気温は15℃、気温変化の少ない午後1時から3時までの2時間、
計測場所は同じにして、日陰で風の無い場所を選びました。

P_20180313_131604.jpg

アイドルスクリューを締めこんだ時のエンジン回転数は3500~3600rpmと安定。

テストに使ったファンは4つ。
KOSOファン、KNファン、UPSファン、ジャイロの純正ファンです。

P_20180315_174015.jpg

KNファンは車両に取り付けてあるので写真が無くて済みません。
前記事のold_kpさんが取り付けている物と同じです。

それではテストをしてみましょう。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

チューニング車両に適したクーリングファンはどれだ?!

2018年 03月14日 23:42 (水)

あれだけ寒かったのがウソのように暖かく成ってきました。
クーリングファンのテストの為に城山公園に行ったのですが、
お堀の周りの梅が満開で綺麗でした。

P_20180313_130944.jpg

これなら桜の開花も早いんじゃない?と思って公園内を探してみました。

P_20180313_124429.jpg

数百本の「そめいよしの」の中でたった一輪だけ開いたつぼみがありました。
暖かく成ってきたのでお客様からの依頼も増えてきました。

P_20180313_150605.jpg

これは2stディオ用のハイギアです。
国内メーカーのハイギアはすでに廃盤で、現在手に入るのは台湾製が殆どです。
精密な作りが要求される一次ギアは無く、二次側のギアがヤフオクにも出ていますね。

ライブディオのハイギアですが、15×42と16×42の2種類が購入可能です。
ブログでもギア比を取り上げてきましたが、無難なのは15×42。
16×42は、よっぽどパワーが無いと使うのは難しいです。

18mmベルト仕様の車種は当店のプーリーを使うことで、駆動系をローギアから
発進させることが出来ますのでハイギアを楽に使うことが出来ますが、
15mmベルト仕様の車両は15×42でも発進は遅くなってしまいます。
これはそのうちブロマガでやりましょう。

このハイギアですが、ギアの組み換えは10t以上の高圧プレスが必要です。
自作工具程度では歯が起ちません。
出来ればオーバーホール時に組み替えるのが良いのですが、
純正のファイナルシャフトと一緒に送って頂ければ、当店で組み換え可能です。

台湾製ギアは精度の関係で組み換え後は当たりが付くまでギアオイルが汚れます。
3000kmぐらいまでは500kmごとにオイル交換することをお勧めします。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

車両メンテナンスとオーバーホール時期

2018年 03月12日 01:15 (月)

え~実は風邪を引いて少し寝込んでいました。
その間、作業が出来ないのでブロマガを始める準備をしていたのですが、
ブログのヘルプを見ながら設定や何やしています。
読みづらく成っていますが、頑張って整理しますので少しお待ちくださいね。

私の子供の頃は風邪を引くと体温計で熱を測ったものですが、
今はデジタル体温計に変わっています。
前は水銀がガラス棒に入った体温計でしたよね。
どうやらガラスは割れると危険、水銀は毒性があるとのことで
使用を中止したようです。

そんなこと昔から解かっていただろうに、突然「危ない!」って言うのが日本人です。
測定精度は水銀体温計の方が上、デジタルは個体差があるようです。
そして水銀は液体金属の時は殆ど無害、気化した時に毒性に成るんです。
2stエンジンと同じ、いくら良い物でも突然「害がある」「危ない」って
言われて無く成ってしまうんですね。

さて、前回セカンダリーの2つワッシャーを抜きました。
すると、吹け切るのがかなり早く成ってしまったので
今度はクラッチオフセットワッシャーだけ装着しました。
う~ん、これなら良さそう。
しばらくはこれで様子を見る予定です。

問題の答えですが、上級者が解かっているようなので書かなくて良いですね。
初・中級者には必要ありませんから。

そして新品に取り替えたプライマリーフェイスの当たりが着いてきました。
変速回転数が変わってきました。
WRを6.5g×6から6.5g×3+7g×3に重くしたのですが、
今度は回転下がりが出てきました。
見直しが必要かも知れません。

キャブセッティングもだいぶ詰めてきています。
SJエアブリード付き52、MJ132、PJ40、カッタウェイ5番、ニードル下から2.5番目です。
あと、迷っているのはMJだけですね。130と132のどちらで行くか?

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

クーリングファン

2018年 03月05日 02:35 (月)

スリーターミーティング2018の日程が決まりました。
5月3日です。
早速、ホテルを予約することにしたのですが、どうしても5月3日以降が取れない。
まぁ東京オリンピックも控えていますから仕方ないですね。

私の方は4月26日から殆どシンコーメタルさんにいます。
私用で居ない時もありますから前日にでも電話してから来てくださいね。
去年はシンコーメタルさんの方にも電話が行ってしまいました。
私と違って本業がありますから、私の携帯に連絡して頂ければ助かります。

日程が決まったので、ジャイロのセッティングを煮詰めて行くことにしました。
今回は駆動系の変更です。
冬の間、50ccにして走行していたので、クラッチを少し滑らせる
セッティングにしていたのですが、そのおかげでクラッチシューが良い具合に
アタリが着きました。

すると、75cc仕様にしたら以前よりもクラッチインのタイミングが早く成って
3200rpmぐらいでインしてしまう。
そこで、タイミングを遅らせるためにクラッチスプリングを白 ⇒ 赤に変更しました。

P_20180304_142912.jpg

バネの引っ張り強度は長い目盛り4つ目ぐらいです。
すると、インのタイミングは丁度4000rpmに成りました。

そして今回はクラッチオフセットワッシャーとアウターオフセットワッシャーを抜きます。

P_20180304_142924.jpg

さて、何のために抜くのでしょうか?
分かった人は駆動系の基本が解かっていますね。

そういえば前回のクイズの正解者とLine交換をしたいのですが、
どうすれば良いのでしょう?
私もいい歳なので新しい物に詳しくないんです。
メールでLineを交換する方法はあるのかなぁ?

後半へ続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク