01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

ジャイロにマロッシを装着する前に

2018年 02月20日 02:50 (火)

「コジコジさん」のコメント欄への質問からでしょうか?
ここ数日、ジャイロに社外CDIを装着する質問が増えています。

ジャイロ用の社外CDIは発売されていません。
ですので、ディオ用の物を流用するのが一般的ですが、デメリットも多いんです。
まず、社外CDIは純正と比べて電圧が低いのでプラグの火花が弱く成ります。
その中でも比較的スパークが強いのはデイトナ製で、私の使っているZEROはかなり弱いです。

実際、ライブディオZXのエンジンを使っている二人にZEROのCDIを勧めたところ、
ウオタニ、プラグキャップ、コードの点火系を強化してある「福岡のAさん」は
「メチャクチャ効果がありました」と報告がありましたが、点火系がノーマルな
「松山のタクトZXさん」は効果無しということでデイトナのCDIに変えました。
もちろん、私のジャイロは点火系もチューニング済みです。

そして、最も注意しないといけないのが、ZXとはエンジン特性が違うということです。
ライブディオZXは回転でパワーを出していくタイプのエンジンです。
ですので、点火時期は上死点前14度が純正CDIの点火時期です。
これ、ホンダの2stスクーターの中では一番遅い点火タイミングです。
ちなみに、縦ディオの点火時期は上死点前17度です。

そしてジャイロの点火時期は上死点前18度(前期は20度?)です。
つまり、ライブディオ系と比べると4度早い点火時期です。
点火時期は純正の場合、遅いほど高回転型エンジン、
遅いほどトルク型エンジンに成っているってことです。

まあ、点火時期が早い車種のジャイロに、点火時期が一番遅いライブディオの
CDIを流用すること自体が無茶なんです。

ライブディオの社外CDIは基本的に純正より進角してあります。
たとえば、POSHのデジタルCDIはライブディオに取り付けると
マップ1は8度進角、マップ2は6度進角、マップ3は4度進角、マップ4は純正と同じ。
それぞれ22度、20度、18度、14度です。

これをジャイロに着けた場合、一番進角するマップ1は8度進角で26度に成ります。
二次圧縮7~8kg/㎠なら丁度良い点火時期ですが、高圧縮12kg/㎠なら
一つ間違えるとデトネーションを起こしてエンジンが終わってしまいます。

ちなみに私の今の二次圧縮9kg/㎠で点火時期は31度。
お客様には絶対に勧めることが出来ない危ない点火時期です。
普通のチューニングショップならテストもしないような点火時期。
エンジンを壊す覚悟が要ります。
でも、今回はSPシリンダーのテストですからね。
こんな点火時期だと高回転は一切回りません。

ちなみに去年のスリミは二次圧縮13kg/㎠で点火時期は23度でした。
これでもかなりデンジャラスです。
点火時期が早すぎるとデトネーション=異常燃焼が発生します。
イメージとしては手榴弾をシリンダー内で爆発させた感じ。
当然、焼き付きどころか、ケースにも穴が空いてエンジン終了です。

じゃ~ジャイロに最適な点火時期は?
以前、kpさんがブログに書いていましたね。
http://oldkp.jugem.jp/?day=20100206
これは排圧マフラーでの最適な点火時期です。
ポッシュのCDIがあれば二次圧縮10kg/㎠まで最適な点火時期が選択出来そうですね。
(ウオタニなど点火系の強化は行った方が良いです)
チャンバータイプのマフラーではチャンバー効果の効く少し前から遅角していく
CDIが必要に成ります。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク