FC2ブログ

01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

ジャイロのマロッシ熱対策について

2018年 02月17日 00:25 (土)

今日はジャイロで少し走ってきました。
昨日、入れた強化ワイドベアリングの状態をテストするためです。
ところが、プラグがカブってしまって全然走らない。

原因はプラグを間違えて着けたためです。
私は普段、ハイブリッドプラグの6番を着けているのですが間違えて純正のBR8HSAを
入れてしまいました。

マロッシシリンダーを組む場合、一番の問題は熱対策です。
特にピストンの冷却。
これがしっかりできていないと、ピストンが熱膨張ですぐに焼き付いてしまいます。
2stのピストンは吸気される混合気でしか冷却できません。

では純正と比べてどのくらい熱を持つのか?
純正と同じように二次圧縮を8.5kg/㎠で組んだ場合は約1.5倍です。
二次圧縮を下げればこれより低く成り、上げれば高く成ります。
今回は10~11kg/㎠ぐらいで仕上げる予定なので、
純正の約2倍の熱を持つと思われます。

2倍の熱が発生する状況で焼き付きを防止するには、より濃い混合気を大量に
ピストンの裏側から吹き付けて冷やして上げなければいけません。
でも、濃い混合気が燃焼室に入るとプラグが失火してカブってしまいます。
そこで、よりカブリの出ないプラグが必要に成るわけです。

純正では8番プラグが使われていますが、これを6番プラグにする。
すると、8番ではカブる状態でもカブらずに走行出来ます。
今回は6番プラグで少しカブる状態にセッティングして、これよりも燃焼力が強い
6番のハイブリッドプラグを入れることで高圧縮で高温に成っても濃い混合気で
冷却できるようにしています。

通常、マロッシを組む時に10kg/㎠までなら、8番で少しカブるセッティングにして
6番プラグに変えると丁度良い冷却に成ると思います。
心配なら私と同じようにすれば良いのですが、高回転が回りづらく成るかも知れません。

そうそう!イリジウムプラグですが、これはカブりに弱いプラグです。
混合気を濃く出来ないので私は使いません。

そして、シリンダーやヘッドも熱対策が必要です。
純正と同等の二次圧縮でも強化クーリングファンは必要ですね。

ブログの読者さんで「ヘッドガスケットに液体ガスケットを塗っている」と言われました。
これは絶対にやってはいけません。

P_20180216_230910.jpg

燃焼室内で一番高温に成る部分はこの排気ポート上部です。
この部分だけ集中して冷やせれば良いのですが、構造上不可能です。
そうなると熱伝導で他の部分に熱を逃がしながら冷却してあげる必要があるんです。
純正でもヘッドガスケットはアルミ製です。
これはシリンダーの熱を熱伝導でヘッドに逃がしてあげる役割があります。

ちなみに私はヘッドガスケットに銅しか使いません。
熱の伝導率は材質により異なります。

後半に続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク