FC2ブログ

01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

春のロングツーリング仕様 part2

2018年 02月09日 00:23 (金)

全国的に冬型の気圧配置と強い寒気で寒いようですが、
比較的温暖な松山も連日、最高気温が1~2℃と寒かったです。
この1~2℃は例年なら最低気温の数字です。
それが最高気温ですからね~ あきれます。

釣りに行く時は天気や気温もチェックしますが、注意報や警報が一番大事です。
私は海釣りなので特に注意するのが波浪注意報や警報です。
これは高波やうねりに対しての注意なのですが、意外に知らないのが
波とうねりの違いです。

波には種類が3種類あるんです。
波・うねり・津波です。
何が違うのか?というと波自体の厚みで、波長と言われる物です。
波の厚みは数m、うねりは数百m、津波は数kmです。

普通の波は風によって作られますが、うねりと津波は違う要因で作られるんです。
津波は地震で海底のプレートがズレて隆起し、海面が持ち上げられて出来ることは
TVで観て知っている人は多いですよね。
ところが、うねりを知っている人は意外と少ない。

うねりは気圧差で出来るんです。
台風は低気圧が発達したものです。
台風や大型の低気圧は周りより気圧が低く、海面が他の所より盛り上がって
高いんです。
それが風によって沿岸に押し寄せるのがうねりです。
台風や低気圧が海の上に無ければうねりは来ないんですよ。
つまり、台風が海上を通過したらうねりは残り、上陸して通過するとうねりは残らない。

ついでにもう一つ。
高潮注意報なんてのもあります。
これはうねりが出来るのと同じで、台風が上陸する時は気圧差で海面が盛り上がっています。
それが、満潮時と重なると通常よりも潮位が上がって高潮に成ります。
これも、台風が上陸して海洋上の気圧が上がれば無くなります。

海のレジャーをする人は知っていて損は無い知識ですよ。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク