FC2ブログ

11月 « 2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

排圧マフラー用マロッシチューニングシリンダー

2017年 12月08日 17:28 (金)

先日、こんな問い合わせの電話を頂きました。
「2stジャイロキャノピーの後期型ですが、純正シリンダーが焼付いたので
KN補修用に変えました。遅いし、パワー感が無いんですけど何故でしょうか?」
これ!意外と多い質問なんです。

そもそも純正シリンダーが焼付いたのが一番の問題です。
純正シリンダーって、普通に乗っていれば多少無理をしても焼付きません。
私は純正シリンダーの燃調薄目で松山から徳島まで一般道を使い
往復400kmをほぼ休憩なしで10時間走りました。
信号では止まりますが、60km/hでの巡航ですから、かなりの負担が掛かっています。
でも焼けることはありませんでした。

純正シリンダーが焼けるには原因があります。
結論から言えばノーマルエンジンの場合、殆どはクランクシャフト左右のオイルシールからの
一次圧縮漏れです。

純正シリンダーが焼ける原因はいくつかあります。
キャブセッティングミスや2stオイル切れ、二次エアーなどです。
マフラーは変えなければキャブセッティングは不要ですし、
2stオイルは警告灯が点きます。
純正のインマニは弄らない限り、二次エアは無い。

考えられるのはクランク両サイドのベアリングが減り、シャフトの振れが大きく成る。
するとオイルシールとシャフトに隙間が出来るので一次圧縮が漏れます。
一次圧縮が漏れると燃焼室に行く混合気が少なく成るのでパワーダウンや
焼き付きが起こるわけです。
(上記の場合、駆動系側はプーリーのランププレートに2stオイルが着きます。
駆動系をメンテナンスする時に要チェックです。ちなみにフライホイール側は
漏れた2stオイルに冷却ファンから吸い込んだ埃が付着します。)

この場合、腰上を何に変えても同じ結果に成ります。
腰下オーバーホールしか効果は無いですよ。
当店でオーバーホールを希望される場合、車種別でエンジンの降ろし方を教えています。
ジャイロの場合、左右のタイヤを外せる工具と力があれば大丈夫です。
ジャイロはタイヤのセンターナットが一番硬いですからね~
後は一般的な工具で楽勝なんです。

そしてKN補修用シリンダーですが、箱出しで取り付けて速く成った方はいませんw
昔のタイプは排気ポート内が大きくて純正と同等のパワーが出たのですが、現在は
仕様が変わってパワーは純正の3割減ってところです。
私が今着けている補修用KNシリンダーはパワーが出るように全てを見直して
チューニングしてあるから速いんです。

これは余談ですが、うちの商品で純正ドライコーティングシリンダーが有りますよね。
(現在は売り切れです)
実は今着けているKN補修用よりも速い!
マロッシシリンダーの排気ポート加工した物と同等のパワーが出てしまいます。
基本的な性能がKNシリンダーよりも高いので当然ですよね。
純正のシリンダーをフルポート加工するとビックリするようなパワーが出るんです。
傷だらけですが、中古のジャイロシリンダーが1つあるので、補修・チューニングして
そのうち装着してレポートしますね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク