09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ジャイロ低圧縮でのセッティング2

2017年 10月14日 04:47 (土)

本題に入る前にお知らせです。
整備やチューニングに関する質問が増えています。
私も出来るだけ多くの方に2stスクーターを楽しんで頂くために
判る範囲で答えていきたいと考えていますが、ブログのコメント欄に書くのでは無く
質問ののために用意してある、掲示板を使用して頂きたいと思います。
掲示板はリンク集の中にある「2st原付スクーター掲示板」です。

久しぶりに時間が取れたのでジャイロの慣らしで120kmほど走ってきました。
一般道を120km走るには、4時間前後は走らないといけないので
少し着込んで家を出ましたが、そんな心配は無用でした。
逆に暑いぐらいでしたよ。

今回のエンジンは新しい68マロのテストの為に仕様ですが、考えていた物と
違う物に成る可能性が出てきてしまいました。
というのも、予想していたよりもパワーがあるんです。
今まで着けていた75マロは駆動系の構成こそ違いますが、二次圧縮8kg/㎠で組んだ時には
こんなに走らなかったんです。
つまり、今まで着いていた75マロよりパワーが有るかも知れない・・・・・

というのも、慣らしが中盤に掛かってきたので、一度だけフルスロットルで
パワーバンドに入れてみたんです。そしたら・・・・

P_20171010_220807.jpg

カーボンリードバルブが、ぶっ飛びました。
以前、高速を1時間走行した時のリードバルブなので傷んでいた可能性はありますが、
こんなぶっ飛び方は初めてです。
今は樹脂製に戻して様子を見ていますが、折を見て新品のカーボンリードに変えて
再度テストする予定です。

念のため腰下もチェックしてみましたが問題無し。
以前、動画で観ていただいたように燃えてしまったと思われます。

慣らしが終わり二次圧縮8kg/㎠のセッティングを煮詰めた後は
中上級者向けの10kg/㎠まで上げてエンジンを仕上げる予定でしたが、
このパワーだとスモールエンドベアリングが持たない可能性が出てきました。

ジャイロ純正のスモールエンドベアリングの限界って実は試したことがありません。
昔から行ってきたディオ系のスモールエンドベアリングは12mmピン用ですし、
高圧縮チューニングが出来るように成ったのはここ2~3年ですからね。

一応、二次圧縮10kg/㎠まで試してみますが、エンドベアリングが持たなかったら
シリンダーをデチューンするか、強化ベアリングを入れるかのどちらかに成ります。
デチューンするのは簡単ですが、皆さんが嫌がるかな?
強化ベアリングを使うならベアリングを別途に発注して、ピストンも加工する必要があります。

P_20171010_215404.jpg

今まで使っていた75マロの強化ワイドベアリングと68マロのピストンを合わせてみました。
ベアリングの幅が広いので無加工では入らないことが判りますよね。
もし、強化ベアリングを入れるならベアリング装着部を広げる加工が必要に成ります。
う~ん、考えてしまいますね。

そして車両の方ですが、峠を走った時に怖かったです。
やはり取付けたモンキーサスが硬いんですね。
路面が荒れているとフロントタイヤが跳ねます。
それがコーナーリング中だったら外側に持って行かれます。
ハイグリップタイヤなので転倒することはありませんが、運転中に冷汗は掻きたく無いので
片方のスプリングを抜くことにしました。

P_20171012_134506.jpg

これでも、まだ純正よりも硬いですね。
リアサスはドライバーの体重+車体の重さも加わりますからフロントに使うなら
スプリングは片方抜かないと駄目ですね。
手頃な柔バネがあれば交換するのですが・・・・・

後半に続く

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク