FC2ブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

KH250の腰上修復

2017年 08月18日 23:24 (金)

コメントを頂いた「何故、私がカーボンリードバルブに拘るのか?」ですが、
その前にカーボンという材質について説明しますね。

カーボンは強くて軽いということで、テニスラケットやゴルフクラブを始め、
多くの商品に使われています。
モータースポーツでもF1などは、ボディからサスペンションまでカーボン素材で作られています。

カーボン素材の整形はドライカーボンとウエットカーボンが一般に知られていますね。
製法や違いは、こちらのページを参考にして頂ければと思います。

リードバルブに使用されるカーボンですが、old_kpさんのブログで検証した通り、
ドライカーボンはすぐにササくれてしまって使えません。
そしてウエットカーボンですが、ドライカーボンよりはマシ。
マロッシのカーボンリードバルブも、このウエットカーボンで使えるのは短期使用。
ササくれたり、ガソリンが染み込んで反ってきてしまいます。

じゃ~カーボンリードバルブは使えないの?ってことですが、
調べてみるとホンダとカワサキが純正部品で出していました。
どちらも競技仕様のモトクロス車両用で価格も高価です。
ブログでも紹介しましたが、私はホンダCR250の純正カーボンリードバルブを
入手して検証しました。

ドライともウエットとも異なる製法で、カーボン繊維を耐油性のフィルムで
挟み込んだ物でした。
これなら反ることも、ささくれることもありません。
もし、割れても柔軟性のあるフィルムで、クランクケースへの欠落を防げます。
ところが、CR250はモトクロスですからアクセルレスポンス重視のため
リードバルブが硬いんです。

そこで、今のリードバルブに行きついた訳ですが、
フィルムでのサンドイッチ製法のカーボンでも欠点が有ります。
これも前に説明しましたね。読んで思い出してください。
エンジンの仕組みから考えるチューニング 4

純正に使われているリードバルブは金属リードバルブ、または樹脂リードバルブです。
金属リードバルブは追従性が良いのでレスポンスが良いのがメリットですが、
硬いので大きく開かない。
つまり、高回転が苦手なんです。
樹脂製リードバルブは金属リードバルブの逆でレスポンスはイマイチですが、
大きく開くので高回転が良い。
つまり、最高速が伸びるんです。そして、樹脂ですから熱に弱い。

ジャイロの純正リードバルブは確か、前・中期が樹脂で後期が金属でしたね。
何故、後期が金属に変更されたか?
ジャイロの後期車両は排ガス規制をクリアするため、マフラー内で残った
不燃焼ガスを再燃焼させる仕組みに成っています。
つまり、強制的にバックファイヤーを起こしているので熱に強い
金属リードバルブに変わったんです。

じゃ~何でカーボンリードバルブに拘るのか?
樹脂リードバルブと具体的に何が変わるのか?
長く成ったので次回書きますね。
それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク