FC2ブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

ジャイロの仕様変更(part2)

2017年 08月15日 23:39 (火)

せっかくお盆休みなのに全国的に天気が悪いようです。
それでも、読者の方の一部は愛車を弄っているようで質問も多く成っています。
私もジャイロをリチューンしては試乗を繰り返しています。
私の車両については後半にして、お客様からの質問が多い駆動系について
前半は書きたいと思います。

チューニングする人が、まず最初に変えるパーツはプーリーが一番多いと思います。
このプーリーも、高回転エンジンに向くプーリーと、トルク型エンジンに向くプーリーがあります。

チャンバータイプのマフラーのように高回転を回すエンジンなら高回転に向くプーリーの方が
合います。
純正マフラーのように排圧タイプのマフラーなら高回転は回らないし、
ハイギア導入などでトルクを出していくチューニングに合わせるならば
トルク型向きのプーリーが合っています。

その見分け方ですが、WRのガイド形状が違います。
WRのガイドはプーリー内側から外側に向かって
カーブを描きながら上向きにせり上がっています。
このせり上がり形状が、後半に掛けてきつくカーブしている物はトルク型プーリー、
全体的になだらかなのが高回転型プーリーです。

P_20170815_205330.jpg
P_20170815_205401.jpg

この上下の写真は、上がシンコーメタルのステージⅤプーリー、
下が当店のチューニングプーリーのWRガイドです。
最近は良く比較されることが多いのですが、大きな違いはWRガイドの立ち上がりです。
(ステージⅤは補修中で汚くて済みません)

「チャンバーを装着したらWRを半分程度の重さに軽くする」って良く言われますよね。
これはパワーバンドが今までよりも高回転に変わるので、変速を遅らせて高回転で
変速するようにするためですが、WRガイドの立ち上がりが後半きつく成ると
軽いWRだと変速出来ずにプーリーが外側まで使えないんです。

WRが重い場合、遠心力が加わると2乗倍に重く成りますから
後半、立ち上がりがきつく成ってもスムーズに変速出来る訳です。

当店のプーリーはWRガイドのカーブが緩やかですから、軽いWRでは変速が丁度良く
外側まで使うことが出来るのですが、重いWRだと変速が早く進み過ぎて回転下がりを
起こしてしまうんです。

まとめると、ステージⅤは重めのWRを使うのに適しているトルク型プーリー
当店のプーリーは軽めのWRを使うのに適している高回転型プーリーってところです。
大口径プーリーを使いたい人は、どんなエンジンに仕上げたいか?考えて
プーリーを選べば良いでしょう。

ちなみに私のジャイロはハイパーリバイブにハイギアが入っていますが、
ツーリング仕様では7g×6ぐらいの重めのWRを使うのでステージⅤを使っていて
高速走行で最高速を狙う時は5.5~6g×6の軽めのWRを使うので自社プーリーで
セッティングを出すというふうに使い分けています。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク