FC2ブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

ジャイロの仕様変更(part2)

2017年 08月15日 23:39 (火)

せっかくお盆休みなのに全国的に天気が悪いようです。
それでも、読者の方の一部は愛車を弄っているようで質問も多く成っています。
私もジャイロをリチューンしては試乗を繰り返しています。
私の車両については後半にして、お客様からの質問が多い駆動系について
前半は書きたいと思います。

チューニングする人が、まず最初に変えるパーツはプーリーが一番多いと思います。
このプーリーも、高回転エンジンに向くプーリーと、トルク型エンジンに向くプーリーがあります。

チャンバータイプのマフラーのように高回転を回すエンジンなら高回転に向くプーリーの方が
合います。
純正マフラーのように排圧タイプのマフラーなら高回転は回らないし、
ハイギア導入などでトルクを出していくチューニングに合わせるならば
トルク型向きのプーリーが合っています。

その見分け方ですが、WRのガイド形状が違います。
WRのガイドはプーリー内側から外側に向かって
カーブを描きながら上向きにせり上がっています。
このせり上がり形状が、後半に掛けてきつくカーブしている物はトルク型プーリー、
全体的になだらかなのが高回転型プーリーです。

P_20170815_205330.jpg
P_20170815_205401.jpg

この上下の写真は、上がシンコーメタルのステージⅤプーリー、
下が当店のチューニングプーリーのWRガイドです。
最近は良く比較されることが多いのですが、大きな違いはWRガイドの立ち上がりです。
(ステージⅤは補修中で汚くて済みません)

「チャンバーを装着したらWRを半分程度の重さに軽くする」って良く言われますよね。
これはパワーバンドが今までよりも高回転に変わるので、変速を遅らせて高回転で
変速するようにするためですが、WRガイドの立ち上がりが後半きつく成ると
軽いWRだと変速出来ずにプーリーが外側まで使えないんです。

WRが重い場合、遠心力が加わると2乗倍に重く成りますから
後半、立ち上がりがきつく成ってもスムーズに変速出来る訳です。

当店のプーリーはWRガイドのカーブが緩やかですから、軽いWRでは変速が丁度良く
外側まで使うことが出来るのですが、重いWRだと変速が早く進み過ぎて回転下がりを
起こしてしまうんです。

まとめると、ステージⅤは重めのWRを使うのに適しているトルク型プーリー
当店のプーリーは軽めのWRを使うのに適している高回転型プーリーってところです。
大口径プーリーを使いたい人は、どんなエンジンに仕上げたいか?考えて
プーリーを選べば良いでしょう。

ちなみに私のジャイロはハイパーリバイブにハイギアが入っていますが、
ツーリング仕様では7g×6ぐらいの重めのWRを使うのでステージⅤを使っていて
高速走行で最高速を狙う時は5.5~6g×6の軽めのWRを使うので自社プーリーで
セッティングを出すというふうに使い分けています。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ジャイロの仕様変更

2017年 08月10日 23:30 (木)

暑い中、皆さんどうお過ごしですか?
早い方は、もうお盆休みに入っている方もいると思います。
そろそろブログ記事の整理を始めますので、拍手の少ない記事は観られなくなります。
ご了承宜しくお願いします。

最近はBIG2stの腰上レストアの記事が多くなってきてます。
今日は昔のBIG2stの歴史や技術について少し書きますね。

BIG2stの開発、市販化は1960年代から本格的に始まりました。
当時、2stは「理論上、4ストロークの半分の排気量で同等のパワーが出せる」
と言われていました。
だったら、もっと大きな排気量で作れば速いバイクが出来るという考えで
開発が進められたのが、ロードスポーツ車のBIG2stです。

ところが排気量を上げれば、熱、冷却、燃費などの問題が壁と成って、
実際に市販化されて成功というレベルで売れた空冷2stのBIGバイクは
世界中で日本のメーカーだけだったんです。

そのメーカーは、スズキ、カワサキ、ヤマハです。
実はホンダは空冷BIG2stは発売していないんです。
「出せるものはすべて出せ。出ていないものもすべて出せ」と激を飛ばした本田誠一郎率いる
世界のホンダでさえ市販マシーンでの空冷BIG2stは難しかったわけです。

私のブログで記事にしているBIG2stの腰上レストアは、並列3気筒ですが
実はこれが、凄く私の2stスクーターのチューニングに似ているんです。
シリンダーが横に3つ並んでいると、真ん中のシリンダーの冷却が厳しく成ります。
風が当たりづらく、冷却フィンも左右のシリンダーより小さいですからね。
しかも、排気量は原付の10倍の500ccまで市販化されていた訳ですからね~
発熱量は原付の比では無いはずです。

この技術を理解し習得できれば、「強制空冷の50ccをボアアップしようが、
二次圧縮を上げようが、焼付かないで運用できるはず」
これが私の2st原付スクーターのエンジンチューニングの考え方です。

私のジャイロは50ccから75ccに1.5倍の排気量に成り、圧縮は13~14kg/㎠で組み
1時間の高速道路全開走行から、長距離ツーリングまでこなしました。
燃費はツーリング時には30km/ℓを楽に超えます。
そして排気音は社外排圧マフラーよりも静かです。

でも、チューニングって終わりが無いんですよ~
今は少しづつ仕様を変更して更なるチューニングの可能性を探っています。
後半はMYジャイロのチューニングについてです。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

2stの腰上をドライコーティングで補修する。

2017年 08月09日 02:25 (水)

父の49日と納骨で東京に行ってきました。
6日の日曜日の法事でしたので土曜の夕方に松山を出発して池袋に2泊して
月曜の夕方に松山に戻ってきました。

久しぶりに夏に東京に行ったのですが、やっぱり松山より涼しいですね~
松山は連日35~36度の猛暑日が続いていましたが、東京は2度ほど低いようです。
それに、やっぱり池袋は落ち着きます。
実は松山に来る以前は池袋に住んでいたんですよ~

今回は法事ですので飛行機で行ったのですが、帰りの日が台風5号の影響で
飛行機が飛ぶかどうか?心配でした。
乗る予定の飛行機は運良く欠航せずに無事に帰ってくることが出来ました。

話しは変わってお盆の営業ですが、バイク屋さんでホンダの休みを聞いたところ、
8月11日(金曜日)~8月20日(日曜日)までだそうです。
流石、一流企業は大連休ですね~

パーツ部門は13日~16日以外は営業するようですから、純正部品は12日~16日まで
注文が出来なくなります。
社外パーツもお盆中は入手出来ませんので私も12日~16日ぐらいまで休みますね。
ご了承宜しくお願いします。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

マッハⅡ 350ssのピストンリング

2017年 08月01日 21:07 (火)

毎日暑いですね~
熱中症で倒れる人も多いようです。
私も外での作業が多いので、短めの休憩を入れながら水分を取るようにしています。

スマホのGPS機能を使ったスピード計測についてコメントがあったので
少し取り上げたいと思います。
スマホには便利なアプリが沢山有り、とても便利ですよね。
私も高速走行でスピードを計るためにダウンロードして使ってみたのですが、
エラーで計れませんでした。
その後、徳島まで走る機会があり、その時も試したのですが
どうも数値が変でした。

スマホでのスピード計測は、GPSで位置情報を確認して移動した経路と時間を元に
時速を割り出す方法です。
ところが機種によって、このGPS機能の性能が大きく異なることが分かったんです。
参考URLを張っておきますね。
http://kakuyasu-sim.jp/gps

ちなみに、私のスマホは「ZenFone 2 Laser」という機種ですのでGPSの補足数も少なく
精度は最悪だそうです。
つまり、GPS精度が良いスマホは

精度が良いスマホ

こんなふうに、かなり正確な速度の計測が可能ですが、精度が悪かったら

悪いスマホ

補足するGPSが少なく精度も低い、そしてピックアップポイントも少なく成るので
こんなことに成ってしまう。
挙句の果てにはピックアップが少なすぎてエラーが出て計れないということに成る。
私のスマホは見通しも良く、ほぼ直線の高速道路でもエラーが出たぐらいですからね。

もちろん、ほぼ正確に測れる機種もあるようですが、使ってるスマホによって
速度が違うようなら、まだスピードメーターの方が信頼性は高いのかも知れませんね。

本題に入る前に、前回書いた75マロのポート修正後の画像を紹介しますね。

P_20170731_113240.jpg

高さを揃えてフルポートに近い加工をしました。
実は、6000rpmからパワーバンドに入る7000rpmまでの回転数でキャブへの
噴き戻しが多かったんです。
丁度、リードバルブが開きっぱなしに成ってから、掃気ポートの開くタイミングが
燃焼室の負圧タイミングに合うまでの間です。
第三ポートが低いからなのかな~?なんて思っての加工でしたが、やり過ぎかなw

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク