FC2ブログ

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

クラッチのセッティング

2017年 06月03日 23:34 (土)

私の父親が去年の4月に入院してから1年余り経ちました。
入院当初、65kgほどあった体重も今では35kgまで落ちてしまいました。
ここ数カ月はブログを書く時間を割いて父親の見舞いに使っていたので
ブログの更新頻度が落ちたり、遅れたりして読者の皆さんには
ご迷惑おかけしております。
一生に一度のことですので私も出来る限り、側で見守ってあげたいと思っています。

お待たせしていたチューニングプーリーですが、時間を作って
何とか3つほど完成させました。
すでにショッピングサイトの方にUPしてあります。
次回は落ち着いてからに成ると思いますので、お待たせしていた方は早めに
注文頂ければと思います。

その大口径のプーリーについて質問が多く成ってきていますので少し書きますね。
「どうセッティングしても大口径プーリーを使い切れない」との質問ですが、
大口径プーリーは減速比の幅を広げるプーリーです。
簡単に言えば、純正のプーリーは2速発進で4速までしか変速が出来ない
2、3、4速の3段ギアです。

社外メーカー製のハイスピードプーリーは4~5段ギア程度ですが、
当店のチューニングプーリーやシンコーメタルのステージⅤは
1速から6速まで変速出来る6段ギアのプーリーなんです。
つまりハイギアを入れたのと同じと考えてください。

まず変速幅が大きいので後ろのセカンダリー側も6速まで変速できるように
してあげる必要があります。
セカンダリー変速幅の拡大加工が必要ってことです。

そして、最大まで変速させるためには有る程度のエンジンパワーが必要です。
特にステージⅤは最低でも新車時と同じぐらいのトルクが無いと変速出来ません。
マロッシシリンダーを入れている車両でも変速出来ないとの声も聞かれますが、
私は純正の50ccでもステージⅤを使い切っていましたので、
しっかりパワーが出ていれば問題無いはずです。

マロッシで使い切れない人は、一次圧縮漏れを疑った方が良いかも知れません。
クランク左右のオイルシールが一番怪しいのですが、腰下オーバーホールが確実ですね。
一次圧縮が漏れているなら焼き付きなども発生しやすく成ります。
特にジャイロはベアリング等が破損していても平気で走行出来てしまいますし、
2stオイルがしっかり回っていれば異音もしないんです。

当店のチューニングプーリーはステージⅤより低パワーでも変速し易く成っていますが、
純正の2stオイルを使用している場合、腰下の寿命は15000km程度ですので
中古で購入して走行距離が多い場合はチューニングを始める前に腰下、オイルポンプ、
ギアボックスのオーバーホールをしたほうが良いと思います。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク