FC2ブログ

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

ジャイロ後期エンジンのレストア

2017年 05月20日 03:08 (土)

ゴールデンウイークでブログのネタも沢山仕入れてきたので
ジャンジャン、ブログ更新していこうと思っていたのですが、
半月休んだ反動か?毎日のようにシリンダーやエンジンが送られてきます。

よって深夜まで作業をしている状態ですので、ブログを書く時間が無いんです。
今日は久しぶりに早い時間に作業を終えたので頑張って更新しますね。

今回のロングツーリーング用のエンジンですが、もしもホンダが2stの100ccジャイロを
発売したら?って感じに仕上げたんです。
フラットなエンジン特性で誰にでも乗り易く、燃費が良くて、静か、しかも速い!
文字で書くのは簡単ですが、この仕様に仕上げられるチューナーは少ないのでは?

チューニングが進めば燃費は悪く成りますし、純正マフラーを外した時点で音は大きく成ります。
パワーバンドが高回転に移行すればエンジン特性はピーキーに成るのが普通ですよね。
これってエンジンチューニングでは常識でした。

常識を変えるには、今までのチューニングとは逆のことを行えば良いんです。
私の75マロの排気ポートは素マロより小さいんです。
ボーリングすればポートは小さく成り、タイミングも変わりますからね。
そして、ベースガスケットを薄くすることでポートを下げています。

今までポート加工と言えば排気ポート上に上げて排気のタイミングを早くし、
広げて少しでも抜けを良くしました。
この際のメリットは高回転が回るように成ります。
デメリットはトルクが減って、音が大きく成ります。

ボアアップの最大のメリットはトルクが増えることです。
デメリットはピストンが重く成る分、高回転が回りづらく成ります。

私の車両のマフラーはハイパーリバイブです。
パワーバンドは7500rpmから8500rpmぐらい。
これにポートを下げた75マロを組み合わせてパワーバンドを300rpmほど落とします。
よってパワーバンドは7200~8200rpmに成ります。
駆動系を調節して7300rpmで変速するようにして上は8200rpmまできっちり回ります。
でも、それ以上は回らないんです。
高圧縮でパワーバンドを下げてありますから余計ですね。
それでも、大口径プーリーと2.5丁ハイギアの組み合わせで90km/h弱出る計算です。

普通、ボアアップすると爆発力が大きく成るのでマフラーからの排気音は大きく成ります。
マフラーからの音は爆発音ですからね。
音を小さくするには、早く爆発させて出来るだけ遅く排気するんです。
そこで高圧縮にして早く爆発させ、遅いタイミングと抜けを悪くすることで音を小さくしています。

パワーバンドを下げることでよりフラットなエンジン特性に成り、
抜けを悪くすることで燃費が悪いといわれるPE24のキャブレターで
30km/ℓオーバーの高燃費を実現している訳です。

チューニングには必ずメリットとデメリットがありますから、それをしっかり理解出来ていれば
自分の理想のエンジンに仕上がり、今までの常識を覆すチューニングも可能です。
今回は、そんな常識外れのチューニングで読者の方々やスリミに来ている方々に
認めてもらえるのか?正直不安がありました。

でも、心配は無用でしたね。
試乗していただいた方々には静かさと速さに驚き、チューナーの方には大絶賛でした。
実際、同じリバイブ装着車両の中では一番静かで速かったですね。

それでは本題です。

続きを読む

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク